1: ここん ★ 2017/03/12(日) 08:00:23.04 ID:CAP_USER9.net
【リオデジャネイロAFP=時事】
ブラジルの有力週刊紙ベジャは11日、テメル大統領一家が「幽霊の気配」を訴えて大統領公邸から近くの副大統領公邸に引っ越したと報じた。

大きなプール、サッカー場、教会、医療施設などを備えた大統領公邸は、一般国民から見れば「夢の家」。
しかし、ベジャによると、テメル氏は「何か変なものを感じ、初日から眠れなかった。幽霊でもいるのではないかと疑い始めた」と述べ、マルセラ夫人も同様に感じていると説明。ただ、7歳の息子は公邸を気に入り、元気に走り回っていたという。
地元紙グロボも、夫人が司祭を呼んで悪霊払いを試みたが、効果はなかったと伝えた。
テメル氏は昨年大統領に就任し、現在、副大統領は空席。

時事ドットコムニュース(2017/03/12-07:28)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031200185&g=int
no title

2: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:01:35.86 ID:EfK7bJ4c0.net
息子は視えそうだね

59: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 10:57:02.60 ID:SbDS7nlI0.net
>>2
一緒に遊んでたんだろうな

3: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:04:17.85 ID:tJpmIvc20.net
日本の首相官邸でも幽霊が出るとかの話あったよな?
no title

11: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:14:18.01 ID:r2kBRwka0.net
>>3
226事件の銃声と軍靴の音だな。
犬飼首相はまだ出るのかな。

14: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:16:04.22 ID:mb6zdryo0.net
>>3
首相官邸は建て替えたから出ないだろ。
新築に幽霊が出るんじゃたまったもんじゃない。

17: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:31:02.88 ID:8HAwF+aQ0.net
>>14
地縛霊となってたら関係ない。

24: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 09:12:57.05 ID:MbNC2kKv0.net
>>3
「幽霊」は盗聴器の隠語

66: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 11:01:44.45 ID:qfNLWNKZ0.net
>>24
これだろうな
幽霊って言っておけば事情を知らない一般大衆に多少笑われても
敵味方様々な方面に対して角が立たない

27: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 09:28:17.59 ID:rb9SdyiU0.net
>>3
旧首相官邸
俺は幽霊を信じないが高橋是清邸にいったら確かに気持ち悪かった

7: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:10:06.30 ID:HIOm8YXT0.net
そんなスピリチュアルな人が大統領で、大丈夫なの?

91: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 17:31:11.35 ID:h8zhNTWXO.net
>>7
ブラジルはスピリチュアルの本場。
「アラン・カルデック」で検索されたし。
no title

アラン・カルデック
アラン・カルデック(Allan Kardec、1804年10月3日 - 1869年3月31日)は、フランスの教育学者・哲学者。スピリティズムの創始者でもある。アラン・カルデックは筆名で、本名はイポリット=レオン=ドゥニザール・リヴァイユ(Hippolyte-Leon-Denizard Rivail)である。
霊媒を介して、あるいはひとつのテーブルを取り囲むことで死者とのコミュニケーションをはかる交霊会は、1840年代にアメリカで出現し、1850年代になるとヨーロッパのブルジョワサロンを熱狂させていた。現象が本物ならば、宗教的・科学的に非常に大きな可能性を秘めていると考えたリヴァイユは、慎重に調査を開始した。
やがて親友の2人の娘が霊媒能力を発揮し、普段はごく普通の明るい娘たちが、打って変わって真剣な様子になり、「あなたには重要な宗教的使命がある」とリヴァイユに告げたという。興味を持った彼は毎週末その2人の協力で交霊会を開き、人生のさまざまな問題や宇宙観について質問し、テーブルターニングや自動書記によって答えを得ていったという。
2年ほどこうした実験を続けた後、リヴァイユは不可視の存在とその発言内容を認め、出版する決意を固める。彼はひとつの交霊会での霊言だけでなく、いろいろな言語の複数の交霊会で霊言を収集して、内容をしつこく確認したという。大量の霊言が集まると、それらを細かく比較・検討し、絞り込んで編纂した。カルデックはその著作『霊の書 (Le livre des Esprits) 』(1857年)においてこの交霊会に Seance という名を与え、そこに哲学的意味を見て取ることとなる。
このカルデックの思想、というより実践は、19世紀後半のフランス社会を語るうえで見逃せないひとつの潮流を形成し、とりわけカルデックの生まれ故郷リヨンでは、主に労働者が伝播の役割を果した。今日では、ブラジルに多くの支持者がいるという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アラン・カルデック
9: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:12:59.73 ID:66KANQUS0.net
幽霊じゃなくて監視されてんだろ

21: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 08:49:38.15 ID:JAhkOHNQ0.net
>>9
イギリスだと幽霊つき物件は高く売れるんだが

29: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 09:47:49.87 ID:blobVrZq0.net
こういうのが居たのかな

no title

108: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 21:41:24.58 ID:9Qjns8EB0.net
>>29
何これ!?

35: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 10:01:25.68 ID:zK32zYKt0.net
7歳の息子、というのがキーワードだな。
ポルターガイストは(特に思春期の)子供がいる家に多いらしい。

37: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 10:16:34.37 ID:eGPBoQRv0.net
イギリスの公邸 紳士の幽霊が出てくる
アメリカの公邸 ゾンビが出てくる
日本の公邸   髪の長い女性の幽霊が出てくる
ロシアの公邸  魔女と妖怪が出てくる
中国の公邸   キョンシーが出てくる
インドの公邸   誰も居ないのにカレーの匂いがする

ブラジルの公邸  ビキニ姿の幽霊が毎夜サンバを踊る

46: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 10:38:11.31 ID:4gz49P6o0.net
>>37
イギリスのそいつはバカ歩きしてたり上半身だけ背広ネクタイで下半身フルチンのような気がするw
さて、今からブラジル行ってくるか・・・

89: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 17:17:59.26 ID:dHITc1sx0.net
>>46
靴下(ロングホーズ)と男性用ガーターと革靴は身につけている

86: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 15:00:20.21 ID:BsPp9qT+0.net
>>37
日本には「ショートカットでボーイッシュな女の霊」って絶対いないよな

74: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 11:29:40.60 ID:Kx9jdcwd0.net
no title

この像かも

87: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 16:11:27.98 ID:OdRztzGT0.net
76歳で7歳の息子がいる事の方が驚き。
トランプ以上か。

30: 名無しさん@1周年 2017/03/12(日) 09:51:15.72 ID:nsdP09m90.net
事故物件だな新たな心霊スポットが増えた


元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489273223/