1: ルウ@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 07:52:38.47 O.net
ただの物語にしてもいろいろおかしいだろ
とくに玉手箱のくだりとか
浦島太郎
浦島太郎(うらしまたろう)は、日本各地にある龍宮伝説の一つ。また、日本の伽話(おとぎばなし)の一つで、その主人公の名前でもある。

現在一般的に敷衍しているストーリーはおおむね以下のようなものである。
漁師の浦島太郎は、子供達が亀をいじめているところに遭遇する。太郎が亀を助けると、亀は礼として太郎を海の中の竜宮城に招く。竜宮城では乙姫が太郎を歓待する。しばらくして太郎が帰る意思を伝えると、乙姫は「決して開けてはならない」としつつ玉手箱を渡す。太郎が亀に連れられ浜に帰ると、太郎が知っている人は誰もいない。太郎が玉手箱を開けると、中から煙が発生し、煙を浴びた太郎は老人の姿に変化する。浦島太郎が竜宮城で過ごした日々は数日だったが、地上では随分長い年月が経っていた。

助けられた亀の返礼は浦島太郎に対し短期的な快楽を与えるのと引き換えに生まれ育った家庭やコミュニティの人間関係を全て失わせ、且つ玉手箱の中身を見たいという知的好奇心を抑制できなかったことによる因果応報の形式をとりながら、人生経験を積むことなく瞬時の肉体的な老化を経験させられた上で完全な孤独状態で別世界に放り出されることをもたらす結果に終わっている。苛められている亀を救うという浦島太郎の善行は、結果的に自身が不幸に陥いることになり、お伽噺として不合理な教訓をもたらすことになっている。
なお、浦島太郎のその後については文献や地方によって諸説あり、定説と呼ぶべきものはない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/浦島太郎


2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 07:56:26.20 0.net
てことは事実だったと考えるのが自然

5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 07:59:30.33 0.net
乙姫はいったい何のつもりで玉手箱を渡したのか

12: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:08:00.42 0.net
おとぎ話の中でもこの話だけ異端だし、支離滅裂な感じがあるよな

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 07:57:25.24 0.net
働かないで怠けていると中身のない老人になる

玉手箱はいざという時に頼りになる物なんてないことを示している

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:05:31.79 0.net
>>3
純粋に厚意で亀を助けて乙姫の申し出でもてなしを受けたんだから「怠けてた」わけじゃないじゃん

4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 07:58:44.29 0.net
竜宮城は海の中ではなく海の向こうの国
王子的な人がその海の向こうの国に旅に出て
姫と結婚して戻ってきたらクーデター起きてて
王子の国にはもう王子の知り合いは誰もいなかった
仕方ないのでハラキリ

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:00:09.06 0.net
古事記に出てる逸話を混ぜ混ぜにした感じ

7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:01:03.12 0.net
ただの物語なんだろ
亀を助けた良い人が余儀無く人生を棒にふるとか
子供が良いことしなくなるだろ

8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:02:46.22 0.net
困っている人がいても余計なことに首突っ込まず見て見ぬフリするのが正解

9: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:05:04.46 0.net
キャバクラは楽しくてあっと言う間に時間が経ってしまう事を教えたいのでは

14: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:08:49.17 0.net
甘い言葉には裏があるということか
あんまり意味はなしてない気はするが

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:08:00.85 0.net
>玉手箱をあけるとあっという間に白髪に

マリーアントワネットは処刑されることを知って一夜で白髪にと言われてるし
そういう実在の人物がいたんだろう
持統天皇の息子の草壁とか

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:09:56.60 0.net
助けたからって調子に乗ってセクハラとかした描写が抜けてるんだろ

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:10:37.23 0.net
浦島太郎のことが好きな亀が龍宮城につれていったら
乙姫様に浦島太郎をもってかれて
恨んで乙姫の玉手箱を亀がすり替えた

18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:10:58.04 0.net
封印された時間を箱に入れて渡した

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:11:17.93 0.net
亀は悪者にされるような害獣でもなさそうだしな

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:12:51.17 0.net
亀は男性器の隠喩

20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:12:24.80 0.net
陸に戻ったら天涯孤独になるってわかってて長居させた乙姫酷え

22: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:13:23.38 0.net
この時差は他星にでも連れて行かれたかな
no title

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:29:46.51 0.net
亀は見た目UFOに似ているじゃん宇宙に連れていかれてメーテルとかいて楽しかったんだろ家に帰って人に話したらダメと約束したのを破ったから楽しかった記憶が煙のように消えてしまった物語で約束を破ったらいけない教訓じゃないの知らんけど

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:31:00.77 0.net
>>43
話しちゃいけなかったんだっけ?記憶が曖昧になってる

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:14:42.01 0.net
いくらでもこじつけはできるけどそんな分かりづらい童謡は意味ないよな

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:15:38.00 0.net
>>24
当時はみんなわかってたんだろうけどな

25: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:14:49.75 0.net
亀を見つけても触ってはイケない

28: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:15:53.07 0.net
昔の亀は凶暴だったのかもしれん

30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:20:57.51 0.net
外国にもリップ・ヴァン・ウィンクルという似た話がある
リップ・ヴァン・ウィンクル
『リップ・ヴァン・ウィンクル』(Rip van Winkle)は、アメリカの小説家ワシントン・アーヴィングによる短編小説、および主人公の名前。
1820年発表の短編集『スケッチ・ブック』中の一編として書き上げられたものである。アーヴィングがオランダ人移民の伝説を基にして書き上げたものであり、まさに「アメリカ版浦島太郎」と言うべきものである。「主人公にとってはいくらも経っていないのに、世間ではいつの間にか長い時が過ぎ去っていた」という基本的な筋の類似性から、「西洋浦島」とも呼ばれている。

アメリカ独立戦争から間もない時代。呑気者の木樵リップ・ヴァン・ウィンクルは口やかましい妻にいつもガミガミ怒鳴られながらも、周りのハドソン川とキャッツキル山地の自然を愛していた。ある日、愛犬と共に猟へと出て行くが、深い森の奥の方に入り込んでしまった。すると、リップの名を呼ぶ声が聞こえてきた。彼の名を呼んでいたのは、見知らぬ年老いた男であった。その男についていくと、山奥の広場のような場所にたどり着いた。そこでは、不思議な男たちが九柱戯(ボウリングの原型のような玉転がしの遊び)に興じていた。ウィンクルは彼らにまじって愉快に酒盛りするが、酔っ払ってぐっすり眠り込んでしまう。ウィンクルが目覚めると、町の様子はすっかり変っており、親友はみな年を取ってしまい、アメリカは独立していた。そして妻は既に死去しており、恐妻から解放されたことを知る。彼が一眠りしているうちに世間では20年もの年が過ぎ去ってしまった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/リップ・ヴァン・ウィンクル


42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:29:16.30 0.net
ノルウェーだかの民話にそっくりな話があったはず
船乗りが異国で楽しく過ごしてから帰国したら
地元が様変わりしてたってのは割とよくあった事なんじゃないかな
アイルランド神話に、美しい海の乙女と「常若の国」に行き楽しく過ごして3年ぶりに故郷に帰っきたら300年経っていたというストーリー『ティル・ナ・ノーグへ行ったオーシン(Tir na nog)』がある。

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:22:39.58 0.net
auのスマホを使いなさい

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:23:26.52 0.net
教訓なんてあてにするんじゃねえよって話

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:24:45.06 0.net
実話が元だとすれば
「いなくなった若者が数十年後に爺になって帰ってきた」
ってだけの話だな

38: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:26:21.53 0.net
浦島太郎は竜宮城で何十年も時をすごしてたんだろ
で現実世界に戻った時に知っている周りの人間は死に変わり果てた世界の中で
歳をとって死ぬということが浦島太郎が一番幸せになるってことじゃないかな
結局竜宮城での思い出に勝る現実の幸せは無いってことだよね

53: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:35:32.15 0.net
>>38
え?3日ぐらいだろ

61: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:39:38.63 0.net
>>53
いや何十年経ってたんだろ

64: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:41:26.07 0.net
>>61
知らん
日本昔話の感覚だと3日ぐらいに感じた

41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:28:10.71 0.net
楽しい時間はあっという間に終わってしまいいつの間にか歳をとる気づいた時には手遅れだ

44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:30:05.69 0.net
確かに亀を助けただけにしてはお返しが半端ないもんな
桃太郎なんて命を掛けて鬼と戦ってお宝を自分で運んできてるのに

48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:33:25.92 O.net
玉手箱は何て言われて渡されたんだっけ
困ったら開けろ的な?

51: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:34:28.79 0.net
>>48
お土産に玉手箱をあげるけど決して開けるなって言われた

52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:34:33.86 0.net
>>48
確か大きいのと小さいの選ばされてこの箱は開けてはいけませんって言われたんじゃなかったけ

95: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:51:54.39 0.net
>>52
舌切り雀が混ざってるで

55: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:36:13.73 0.net
そもそも開けちゃいけないものを渡すのもどうかと思うし
それを簡単に開けるこいつもどうなの

56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:36:18.29 O.net
あげておいて開けるなとか拷問だな

62: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:40:12.24 0.net
玉手箱渡すのは竜宮城で経った年月分の煙?をあげるのがルールなんだろ
そこはしょうがないわ
だからわざわざ乙姫は開けるなと言ってくれた

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:41:58.99 0.net
玉手箱ってこの話でしか出てこない?
玉手箱って言葉ってどういう意味なん?

74: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:45:09.95 0.net
>>65
もともとは化粧道具を入れるためのもの。「玉櫛笥(たまくしげ)」が玉手箱となった
no title

83: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:48:34.81 0.net
>>74
へー!!ありがとう勉強なったわ

79: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:47:33.11 0.net
>>74
この前NHKで玉手箱展の紹介やってた

68: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:42:34.41 0.net
お前らは太郎がジジイになって終わったと思ってるかもしれんが
実際はそのあと鶴になってどこかに飛んでいく
亀で始まって鶴で終わるというめでたい話なんだぞ
浦島太郎「鶴亀」バージョン
室町以降の『御伽草子』系の一部に浦島説話の変形版があり、以下のように結末を結ぶ。

浦島は鶴になり、蓬莱の山にあひをなす。亀は甲に三せきのいわゐ(苔)をそなへ、万代を経しと也。(中略、両者は)夫婦の明神になり給ふ

一説に、ここから「亀は万年の齢を経、鶴は千代をや重ぬらん」と謡う能楽『鶴亀』などに受け継がれ、さらに、鶴亀を縁起物とする習俗がひろがったとする。


https://ja.wikipedia.org/wiki/浦島太郎

76: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:46:15.06 0.net
>>68
もはやカオス過ぎてよく分からんな

71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:44:33.25 0.net
亀は隠語
竜宮城も隠語
乙姫も隠語
タイやヒラメの舞い踊りももちろん隠語
玉手箱も隠語

あとはわかるな

84: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:48:57.52 0.net
宇宙船での時空旅行やろな
江戸時代の虚舟騒動も海辺だったし

no title

no title
虚舟
虚舟(うつろぶね)は、茨城県大洗町(北茨城市とも語られる)沖の太平洋に突如現れたとされる、江戸時代における伝説の舟である。
『兎園小説』(1825年刊行・江戸の文人や好事家の集まり「兎園会」「耽奇会」で語られた奇談・怪談を、会員の一人曲亭馬琴がまとめたもの)に『虚舟の蛮女』との題で図版とともに収録され今に知られているほか、兎園会会員だった国学者・屋代弘賢の『弘賢随筆』にも図版がある。その虚舟は海から流れて漂着したが人々に恐れられ、再び海に流されてしまったという。
空飛ぶ円盤の江戸時代的表現ではないかとされているが、虚舟が「動力を持っていた」、もしくは「空を飛んだ」等、読み取れる資料は存在しない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/虚舟

90: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:51:05.31 0.net
>>84
なんか天丼入ってそうなUFOだな

85: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:49:16.19 0.net
まず民話と寓話という概念を知らないと駄目

民話っていうのは不条理
いい人が殺されたりする

対して寓話は因果応報
「アリとキリギリス」が典型

浦島太郎は前半が寓話で後半は民話なんだよ

89: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:50:50.99 0.net
鶴の恩返しのラストの展開がウケたから二番煎じ狙いでパクったんだろ

96: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:52:00.66 0.net
人間って地球上の時間の流れが普通だと思ってるけど
地球って太陽の周りを高速で回ってるし太陽はものすごいスピードで銀河系をまわってるし
銀貨系はものすごいスピードで移動してるだろうしだからこの速度での時間の流れなのだから
ちがうとこなら全然違うのだと思う

そこにいた人と地球上で時間もずれるだろうし
人間の感覚であっという間と感じるのが
実際すごい時間がたってて数日でじいさんっていうこともあるのかもしれない

104: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:56:01.42 0.net
>>96
そんなに大きいこと考えなくても
移動速度が光速に近くなればなるほど時間の流れが遅くなる
だから「ウラシマ効果」という言葉がある
ウラシマ効果
物理学者アインシュタインの相対性理論によれば、運動している物体の時間の経過は、静止している物体のそれに比べて相対的に遅くなる。この現象は日常的には判らないが、光速に近づくと顕著になり、理論的には、光速に達すると時間は止まってしまう。そのため、光速に近い速度の宇宙船に乗って宇宙旅行をして帰還すると、地上では宇宙船での何倍もの時間が経過しており、宇宙船の乗組員は、さながら浦島太郎の様相を呈することとなる。そのため、日本では、この効果のことを俗にカタカナで表記して「ウラシマ効果」と呼ぶが、物理学用語ではない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/浦島太郎


100: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:54:08.96 0.net
亀によく似た形のUFOでワープして行ったから
時空のゆがみが出来てしまった
ここは地球だったのか!ってなる猿の惑星と同じような事

103: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 08:55:58.71 0.net
かぐや姫
no title

118: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 09:05:42.11 0.net
今昔物語とかもエグいのあった
胎児を食うとうんぬんかんぬんで妊婦だまくらかして掻っ捌いてみたいな

122: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 09:07:29.89 0.net
シンデレラ 意地悪してた継母を焼けた鉄板で踊らせて殺害
かちかち山 燃やしていたぶってなぶり殺し
さるかに合戦 集団リンチで殺害
オデュッセイア 旅から戻って妻に言い寄ってた男達や放置してた侍女を皆殺し

昔話恐ろしすぎるだろ

147: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 09:21:14.31 0.net
昔の民話とかって面白いよね
民話じゃないけどこないだ奥多摩までドライブした時に歴史資料館があって
奥多摩に関する最古の文書が展示してあったんだけど
豊作だったある農家が村びとにその栽培方法を教えなかったら村人から袋叩きにあって
それを幕府に言ったら「いじめはやめなさい」って返答が来た書簡だった

167: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 09:37:19.68 0.net
>>147
魔女狩りの起源に似てる

189: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 10:16:07.33 0.net
でも乙姫が引き止めたくせに遊んだ浦島が悪いっていうのもなぁ
途中でぶぶ漬け食わせても居座ったならともかく
まぁ浦島も欲に負けて玉手箱を開けなきゃよかったんだよ
乙姫も浦島が自分だけ若くて誰も知ってるひといなくなって
絶望するであろうことを見越して老化の箱を渡したとかなら怖い

190: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 10:18:10.30 0.net
>>189
玉手箱開けたのも欲にかられてじゃなくて
いきなり月日が流れててどうしようもなくて開けてみたってだけだから
浦ちゃんはなんの落ち度もない

191: UltravioletZAPPA杏 ◆/Bgd55c3Rs @\(^o^)/ 2017/06/20(火) 10:36:22.40 0.net
北山修の論考がちょっと面白かった気がする
よく思い出せないが禁忌に関する事だったような

244: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 14:16:48.39 0.net
元々はアヘンでぼろ儲けしたとこのお嬢様を助けたって話しなんだよ
それで浦島が招待されてアヘン漬けになってヤバいと思って隙をみて逃げた
玉手箱(中身はアヘンとキセル)はお礼に既にもらってた
実家が跡形も無くなって親もとっくに亡くなっててその寂しさで
玉手箱のアヘン吸ってラリって海で溺れて終了っていうのが浦島の話

265: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 14:54:16.80 0.net
日本の神話や昔話は
禁を置かして見る罪よりも見られる事による恥の方に強調点が置かれる事が特徴
恥をかくくらいなら死を選ぶとか元々そういうお国柄なんでしょ

271: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 16:59:35.40 0.net
元ネタが海幸彦山幸彦の話で
それだと只の良血イケメンリア充の話だから
庶民様にアレンジしたのが拡がったんだろ
話の面白さが優先されて整合性とかは考慮されてない

186: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 10:08:41.57 0.net
ずっと竜宮城に居れば幸せだったのに


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1497912758/