97: 底名無し沼さん 2017/10/08(日) 20:36:12.36 ID:naHeq9kl.net
こんな話もある。
場所は関西;時代は1980年代初め

天体写真が趣味の人はいるだろうか?
それには、いろいろ分野があるが星野、星景写真は比較的簡単に撮影できる。
オレもそれを趣味としていた。いまでもたまにデジカメでやる。
昔はフィルムだったので、トライXやネオパンSSSをもって、赤道儀(当時も比較的小型の物があった)やガイド望遠鏡を持って山に登っていた。途中までベンリー125で行ってそこから歩いて登る。

その日は、夕方近くから登ってセッティングして撮影を開始した。
月がなく好条件だった。しかし、撮影していたらだんだん雲が出てきてベタ曇りの状態になった。天気予報はずれだな!と思って、少し待ったが雲がきれる様子がないので撤収することにした。
山道を持ってきたラジオを聞きながら(短波JJYなどのために持つ)
おりはじめてすぐに、赤い灯りが。『おお!同好の士か!』と思い懐中電灯の灯りを下に向けて近づいていった。最初は良く見えなかったが、その人物は山道沿いに三脚を立てている。
『やっぱり天体写真だ』と思った。近づいて行って見るとちょっと違った。
男性がイーゼルにカンバスをのせて絵を描いていた。この暗闇の中で。
それがおかしいことに気がついたときにはかなり近くまで来てしまっていた。物音もたてて近づいていたので、しかたなく『こんばんわ、ごせいがでますね』とちょっとマヌケな挨拶をした。
その絵描きは、深くうなずいた。
立ち止まらず通り過ぎたが、その時カンバスを見たら、よく見えなかったのだが、昼間の風景が描かれていた。
その場から離れようと急ぎ足で山をおりた。
ベンリーに飛び乗って帰ったが、あのときのコーナリングはかっこよかったと思う。

帰ってフィルムを自分で現像してみたら、そこには無数のヒトダマがということはぜんぜんなかったな。
次から、その撮影場所に行くのが怖かった。友人を誘って二人でいったりしたが、その後、その夜の絵描きには出会わなかった。
101: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 00:45:06.07 ID:buNs+4bt.net
こんな話もある。
場所は関東;時代は1990年代なかごろ
(その「こと」に気づいた時点)

オレは日記をつけている。日記とメモと登山記録(ログ)を一緒に。
コクヨのレベルブックやスケッチブックを使っている。
大学に入って新生活!ということで始めたのだと記憶している。
1日分の書き込み量の長短はあるし、1週間分まとめて書いている部分もたくさんある。

ある日、家で、使わないものを入れている段ボール箱を整理していると昔使っていた
リュックが出てきた。上に登山用でない衣類が入っていたので気がつかなかったのだ。
学生のころ買った懐かしいリュックだった。
あるローカルの登山用具会社のオリジナルリュックだ。
こんなところにあったのか!捨てたと思っていたのに。

とりあげてみると中に一冊ノートが入っていた。日記用のスケッチブックだ。
最初の数ページを読んでみると1985年の日記の一つだった。丁度その時期のものが欠けていて、紛失してしまったのだと思っていた。
うれしくなってページをめくった。
表紙は濡れたらしくぼこぼこになっていてページは泥がついてまとまって
貼り付いてしまっていた。それを丁寧に剥がしながら読みすすめた。
懐かしさにひたりながら読んでいるとノートの中ごろのページに変な記述があった。
それは、関西のある山での登山記録だった。装備リストや日程表、交通プラン、詳しい時間記録、場所の記録、などが書き込んであった。それに国土地理院の昔の2万5千分の1の地形図の一部を切り取ったものもページに挟まって泥でこびりついていた。それにはルートの書き込みや時刻の書き込みもあった。
(つづく)

102: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 00:45:23.10 ID:buNs+4bt.net
>>101
(つづき)
そして、いきなり遺書が書いてあった。自分の。
自分の両親、兄、友人や恩師に当てた遺書がそのノートには鉛筆で書き込んであった。
「おかあさん、すみません・・・」
「兄貴、おやじをよろしくな。体調がわるいようだが・・・」
「XXさん、好きでした。山は気をつけてね・・・」
「ZZ(利発な友人の名前)、そちらにいくから・・・」
などなど。
そして、くどくどと泣き言が書いてあった。
「あの地点で道を外れた・・・」
「2回もコースを間違えてしまった・・・」
「あそこから引き返せばよかったのだ・・・」
「ここから戻ることが出来たら、もう登山はやめる・・・」
「寒い、ガスで周りがよく見渡せない・・・」
「無線機などもって来ることを考えなかったが、いまでは・・・」
(オレはアマチュア無線をやっていた)
などなど
そして、それよりあとのページは空白。ずっと空白。
遺書の部分のページには泥と植物の葉っぱの破片がこびりついていた。

こんな自分の遺書には、ぜんぜん覚えがない。書いたこともない。
その山に登った記憶もない。
とうぜん遭難したこともない。
しかし、文字は自分のものだ。その頃の字はちょっと角ばっているのですぐにわかった。同じ頃書いた文章と比べても自分の文字だった。

あれから二十年以上もたったが、オレは生きているんだろうな?
no title

109: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 12:39:34.52 ID:dJSRWUsT.net
>>102
このリュックなつかしいですね 若い人は知らないでしょうね
北海道でしょう?

104: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 01:10:36.33 ID:yOcNuwWp.net
死んでるんじゃね?

105: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 08:33:02.31 ID:zlMAnMM+.net
シックス・センス

106: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 10:17:32.57 ID:EpItRCnB.net
成仏しろよ
103: 底名無し沼さん 2017/10/11(水) 01:04:23.62 ID:fKGQ0jKA.net
いやーなんかミステリー
なかなか良かった


元スレ:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/out/1505479893/