1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:18:33.905 ID:C9gdlKTX0.net
そうでなければ朝の寒さを火鉢だけで凌げるはずがない
 



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:24:37.586 ID:C9gdlKTX0.net
雪が降ったり霜が降りたりするほど寒いのに
平安時代の気密性のない部屋で火鉢で寒さを凌げるはずがない

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:27:05.281 ID:C9gdlKTX0.net
熱を発する妖怪を暖房代わりにしたり
陰陽道仕込みの式神召喚術でもふもふの尻尾を持つ狐娘を召喚し温まったに違いない

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:29:50.425 ID:C9gdlKTX0.net
あと紫式部はアンドロイドだったって説もある

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:31:09.489 ID:qMMnV9eM0.net
鵺が暴れたのも京の都を暖める為だったの?
SekienNue


鵺、?、恠鳥、奴延鳥(ぬえ)は、日本で伝承される妖怪あるいは物の怪である。
『平家物語』などに登場し、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビ。文献によっては胴体については何も書かれなかったり、胴が虎で描かれることもある。また、『源平盛衰記』では背が虎で足がタヌキ、尾はキツネになっており、さらに頭がネコで胴はニワトリと書かれた資料もある。
日本では、夜に鳴く鳥とされ、『古事記』『万葉集』に名が見られる。この鳴き声の主は、鳩大で黄赤色の鳥と考えられたが、現在では、トラツグミとするのが定説である。
平安時代末期、天皇(近衛天皇)の住む御所・清涼殿に、毎晩のように黒煙と共に不気味な鳴き声が響き渡り、二条天皇がこれに恐怖していた。遂に天皇は病の身となってしまい、薬や祈祷をもってしても効果はなかった。
側近たちはかつて源義家が弓を鳴らして怪事をやませた前例に倣って、弓の達人である源頼政に怪物退治を命じた。頼政はある夜、家来の猪早太(井早太との表記もある)を連れ、先祖の源頼光より受け継いだ弓を手にして怪物退治に出向いた。すると清涼殿を不気味な黒煙が覆い始めたので、頼政が山鳥の尾で作った尖り矢を射ると、悲鳴と共に鵺が二条城の北方あたりに落下し、すかさず猪早太が取り押さえてとどめを差した。その時宮廷の上空には、カッコウの鳴き声が二声三声聞こえ、静けさが戻ってきたという。これにより天皇の体調もたちまちにして回復し、頼政は天皇から褒美に獅子王という刀を貰賜した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鵺

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:36:37.189 ID:C9gdlKTX0.net
>>10
それはちょっと違う
八百万の神というが闇にも八百万の“なにか”が潜んでいる
その“なにか”がトラツグミの不吉な声に不安を感じた人々の恐怖を具現化させた
そのため単純に人々が恐怖するような振る舞いをした

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:45:13.926 ID:bEMaAzRV0.net
東方スレかな?

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:47:35.602 ID:C9gdlKTX0.net
>>13
違うよ
だってあれ平安時代の話じゃないでしょ

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:50:30.441 ID:C9gdlKTX0.net
江戸時代には妖怪たちは絶滅させられたんだけど
その妖怪を解体なんかしたりして培った技術を駆使して
人形をつかった今で言うドローンを作ったりしてた

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:55:14.447 ID:HyCKIoHf0.net
そもそも分かってないだけで実は現代より進んだ技術があったのかもしれない

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:56:53.116 ID:C9gdlKTX0.net
>>19
ようやく分かってくれる人がいたか!
そういうことなんだよ!

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:58:56.217 ID:C9gdlKTX0.net
今では妖怪(笑)って馬鹿にしてるけど実は電力よりも優れたエネルギーとかあったのかもしれない
そうじゃなきゃ陰陽師が出てきたりしなかったはず

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 20:59:15.030 ID:RgXtTuKYK.net
エイリアン出没するくらいだから宇宙由来のオーバーテクノロジーだろ
img729534fczikazj


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:01:36.227 ID:C9gdlKTX0.net
>>22
もしかしたら妖怪たちはエイリアンだったって説もあるね
平安時代の彼らは現代の我々よりも宇宙技術開発が進んでいたかもしれない

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:00:15.457 ID:C9gdlKTX0.net
あと仏教が日本に広まったのは妖怪や魑魅魍魎を退けるためだった
わざわざ大変な思いをして仏教を取り入れたということは
実際に妖怪や魑魅魍魎による甚大な被害を被っていたということ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:00:39.467 ID:V6INQD+P0.net
末摘花が毛皮着てたてあったやおへんか

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:01:37.932 ID:9lKDMrHd0.net
そういうたぐいがいないと安倍生命や小野小町が失業者になってしまうだろ

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:03:37.451 ID:C9gdlKTX0.net
>>25
安倍晴明とか小野小町は普通だと頭のおかしい人として片付けられてしまうけど
そうではなくて教科書にまで載るということはそれだけの功績(妖怪退治)があったってこと

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:04:50.487 ID:t8MkHm+Cd.net
最初は何言ってんだこいつと思ったけど
>>1が中二をこじらせた美少女だと考えたら萌えた

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:07:26.242 ID:1ocDkwJtp.net
遠野物語に出てくる座敷童やマヨヒガとかの近代の妖怪や民間伝承はどう考えてる?

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:08:45.843 ID:C9gdlKTX0.net
>>29
近代の妖怪は無害なものが多かったり有害でも実態がなかったりするものが多い
それは陰陽師などによる妖怪退治から免れた妖怪の末裔だから

30: 屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y 2015/11/19(木) 21:07:32.040 ID:GCunB4FF0.net
まだ金持ちであろう貴族や中流階級者はわかるよ
時代劇で出てくるような薄い板の長屋に住んでて薄い布団かぶってるような平民は
なんで生きることができたの?

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:09:52.178 ID:C9gdlKTX0.net
>>30
寒さを凌げたって話?
妖怪たちに何故絶滅させられなかったって話?

33: 屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y 2015/11/19(木) 21:12:18.165 ID:GCunB4FF0.net
>>32
ん? あ・・・  いや、うん  こ、後者・・・  かな。(目を反らす)

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:16:37.599 ID:C9gdlKTX0.net
>>33
それはさっきも言ったように妖怪たちが陰陽師や特別な力を持った侍によって討伐されてきたから
 
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:14:46.116 ID:bEMaAzRV0.net
病気や理不尽な自然現象を妖怪っていうよくわからないものに押し付けてるんだろ
それをなくして安心させますよ、防げますよって言って安心させるのが陰陽師の仕事だとおもう

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:17:39.870 ID:C9gdlKTX0.net
>>34
いくら昔の人でもそんなインチキは見抜くはず

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:22:40.032 ID:z8DyNf5X0.net
ホームレス見てみろよ適応してるだろ

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:24:19.201 ID:C9gdlKTX0.net
>>41
彼らは現代に未だ尚潜む妖怪たちの息がかかっている

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:24:21.857 ID:FTzdchYP0.net
弥生時代に銅鐸ってあるだろ
あれって原型は家畜の牛の首に下げるベルなんだけどさ
だんだんと神聖な意味のあるものとして巨大化していったのよ
つまり巨大な魔獣の首に銅鐸を下げて使役したってことだな

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:25:39.903 ID:C9gdlKTX0.net
>>43
そういうことだと思う
遙か昔は魔獣すらも人間は使役していた

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:41:53.829 ID:1ocDkwJtp.net
>>44
弥生時代にそれ程の魔獣を使役していたってことは、ここでいう平安の陰陽五行説より優れた精霊崇拝的何かがあったって解釈でおk?

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:45:25.289 ID:C9gdlKTX0.net
>>52
昔過ぎて不明瞭な部分が圧倒的に多いが
そういう可能性もある

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:31:07.227 ID:wGls9Y3F0.net
十二単があるだろ
junihitoetop2


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:32:54.036 ID:C9gdlKTX0.net
>>45
あれが十分な保温性を持ってるとしたら今度は夏に死ぬことになる

48: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/11/19(木) 21:35:18.011 ID:9Ns/5DLsM.net
>>45
あれ普段着じゃなく、女官(メイドさんみたいなもの)の正装な

どっちかというと涼しさを確保する工夫のほうが多い
冬はほら、火鉢とかあったし

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:35:30.157 ID:FTzdchYP0.net
十二単はするりと脱げる
ということは表向き淑女で通ってる位の高い女が
暑いから全裸になり人が入ってくるかこないかのタイミングで
もぬけの殻になった十二単に戻るというスリリングな遊びをしてたかも知れん

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:33:47.911 ID:OuaD7cJB0.net
やっぱり国風文化あたりが一番凄い時代だよな

なんで戦国や幕末とかいうクソ時代が人気なのか理解に苦しむね

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:36:20.373 ID:C9gdlKTX0.net
>>47
戦国時代には妖怪と人間の種の存続を掛けた熾烈な争いが繰り広げられた

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:39:42.225 ID:bEMaAzRV0.net
>>50
犬夜叉かよ

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:44:01.093 ID:C9gdlKTX0.net
あと妖怪といえば江戸時代の妖怪絵巻を思い浮かべる人も多いと思う
あれは江戸時代の妖怪が平和的なものがほとんどだったからこそ描けた
それまでにいた凶悪な妖怪たちは後世に記録を遺すことすら憚れるような存在だった

56: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/11/19(木) 21:45:43.291 ID:9Ns/5DLsM.net
風土記って巨人族があっちこっちに出てくるけど、それも関係あるの?

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:52:09.160 ID:C9gdlKTX0.net
>>56
巨人族っていうのは初めて聞いたけど
もしかしたら現代でいう八尺様はその末裔なのかも
あとはダイダラボッチっていうのもいるし

63: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/11/19(木) 21:55:41.119 ID:9Ns/5DLsM.net
>>61
たとえばうちの県だと播磨国風土記があって、そこには「天を突くような大男がはじめてのびのび出来た
地をタカと呼んだ」(多可郡の由来)みたいな記述がある
ダイダラボッチとかはそれが伝承になったもんだろ

滋賀のひともっこ山とか、巨人伝承自体は古墳時代くらいから相当数採取できると思うから、ちょっと図書館漁ってみるといいよ

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:00:18.389 ID:C9gdlKTX0.net
>>63
ダイダラボッチについてはどこかの山がダイダラボッチの糞で出来たものとか
ダイダラボッチを祀ってる神社は神無月でも神在月って話は知っている

68: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/11/19(木) 22:04:46.496 ID:9Ns/5DLsM.net
>>66
ダイダラボッチは「ボッチ(法師)」ってついてる時点で相当時代を下ったあとに出来た言葉なんだよ
「山岳信仰をしているよその人」としての山伏のイメージがミックスされてるし、ぶっちゃけそこまでマイルドにされたものからは何も読み取れない
言うなればダイダラボッチは巨人伝承を又聞きした奴が作った御伽噺のキャラみたいなもんだ

今話してるのはそういう創作要素が追加されるよりもずっと前の段階のものな。

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:07:49.097 ID:C9gdlKTX0.net
>>68
ダイダラボッチは現代でいうと八尺様を萌えキャラ化したものと同じようなことかな?

73: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/11/19(木) 22:12:19.281 ID:9Ns/5DLsM.net
>>69
もっと酷い
ラノベに出てくる天才キャラと優秀な人間を同カテゴリーに入れてるようなもの

八尺さまも「坊さんが何故か禁断のアイテムの守り役になってるファンタジーワールド」の住人だろ
そもそも八尺さまはカテゴリー的にも巨人じゃなく、魅入られ系の連れ去りキャラやん

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:14:40.939 ID:C9gdlKTX0.net
>>73
巨人族というのがそもそも知らないからよくわからないな・・・・・・

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:46:32.528 ID:Ybenm32gd.net
平安時代とか夜になったら何してたの?ちょうちんの明かりだけじゃ暗すぎてなんも見えないだろ

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:52:09.160 ID:C9gdlKTX0.net
>>57
闇は深刻な問題だったと思う
その闇への恐怖が妖怪や魑魅魍魎を生み出す糧となっていた

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:47:05.088 ID:FTzdchYP0.net
妖怪は複数の人間がいると思った途端生まれるらしい
おまえらが面識もないのに
「チン毛ってへんなとこ落ちてるよな」
「妖怪チン毛ちらしだわ」
と共通認識として妖怪チン毛ちらしを語った途端
妖怪チン毛ちらしが産まれる

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:52:09.160 ID:C9gdlKTX0.net
>>58
人間の想いが具現化したものもいる

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:54:21.084 ID:C9gdlKTX0.net
もしかすると弥生時代に妖怪を使役していた集団が世界を支配していたが
陰陽道や仏教の力で立場が逆転した可能性もある

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:55:46.865 ID:4HDzI75x0.net
なんで現代に妖怪とか悪魔いないの?

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:00:18.389 ID:C9gdlKTX0.net
>>64
実はいるけど普通の人が気づかない形で存在している
目立つ振る舞いをしていた妖怪は尽く滅ぼされた

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:58:39.506 ID:0MbfCYCh0.net
淫魔について詳しく

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:04:02.792 ID:C9gdlKTX0.net
>>65
怪談でも人間の男を誘惑し行方不明といった形で消し去る話は聞いたことがあると思う

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:07:51.442 ID:0MbfCYCh0.net
>>67
サキュバス的な妖怪が日本にもいたのけ?
妄想が捗るな

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:11:57.705 ID:C9gdlKTX0.net
>>70
西洋の悪魔に酷似した存在は日本でも存在していることが多い
サキュバスのような存在は日本でも存在していたとしてもおかしくない
たとえば浦島伝説や羽衣伝説なんかはそのうちの1つだと思う

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:09:31.032 ID:C9gdlKTX0.net
八尺様の話が出てくる前から巨大な女の話というのは現代でもよくあったところをみると
巨女(八尺様)もまた討伐から逃れた妖怪のひとつなのかもしれない

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:17:50.715 ID:C9gdlKTX0.net
よく妖怪は障害者なのではないかと言われるけど
当時から障害者は特に珍しいものではないし
障害者に当てはめるには無理のある妖怪も多い

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:28:39.527 ID:mXEoA2GtK.net
壊死ニキがいるじゃん
あれは間違いなく現代の妖怪
d429440d


83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:30:26.960 ID:C9gdlKTX0.net
>>82
あれそのものは妖怪の息は掛かっているがまだ妖怪ではない
妖怪になるのも時間の問題だが・・・・・・

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:45:24.231 ID:kkpg/T7C0.net
現代にもいる

元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1447931913/