1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:10:56 ID:SBK
知ってたら教えてクレメンス
ソロモン72柱
旧約聖書に登場する古代イスラエルの王、ソロモンの使役する72の悪魔の事。
ソロモン王が使役したとされる悪魔の数を72人とすることは、魔術書『レメゲトン』の第一部“「ゴエティア」に準拠している。 悪魔のうち68名はヨハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』から引用されたものである。 


https://dic.pixiv.net/a/ソロモン72柱
七つの大罪
七つの大罪は、キリスト教の西方教会、おもにカトリック教会における用語。
ラテン語や英語での意味は「七つの死に至る罪」だが、「罪」そのものというよりは、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情のことを指すもので、日本のカトリック教会では七つの罪源(ななつのざいげん)と訳している。
七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコス(英語: Evagrius Ponticus)の著作に八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。キリスト教の正典の聖書の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。八つの枢要罪は厳しさの順序によると「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。
6世紀後半には、グレゴリウス1世により、八つから七つに改正され、順序も現在の順序に仕上げられる。その後「虚飾」は「傲慢」へ、「憂鬱」は「怠惰」へとそれぞれ一つの大罪となり、「嫉妬」が追加された。そして七つの大罪は「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」となった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/七つの大罪




2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:12:40 ID:Fc6
オリンポスとか?
no title

オリュンポス十二神
オリュンポス十二神は、ギリシア神話において、オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々。主神ゼウスをはじめとする男女6柱ずつの神々である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オリュンポス十二神

3: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:17:05 ID:SBK
>>2
オリュンポス十二神もええな
こういうそれぞれ担当する職能や地位がある集団ってかっこええよな

4: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:18:06 ID:xiv
ピラー

8: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:20:52 ID:SBK
>>4
ググっても車しか出んけどなんやそれ?

18: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:29:44 ID:xiv
>>8
完全に間違えた
セフィロトの木や
no title

生命の樹
生命の樹(せいめいのき)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。
生命の樹の実を食べると、神に等しき永遠の命を得るとされる。セフィロトの樹は、神秘思想のカバラにおいてさまざまな解釈がなされ、近代以降の西洋魔術、特に黄金の夜明け団などでは生命の樹をタロットカードと結びつけての研究が行われていたことでも有名である。10個のセフィラと22個の小径(パス)を体系化した図も同じく「生命の樹」と呼ばれる。現代ではセフィロトの樹は「生命の樹」と同じと解釈される(カバラ由来の樹はセフィロトの樹が正しく生命の樹と混同すべきではない等)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/生命の樹

6: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:20:28 ID:stP
ナイツオブラウンドとか?
no title

円卓の騎士
円卓の騎士(えんたくのきし)とは、アーサー王物語においてアーサー王に仕えたとされる騎士。
円卓の騎士に関するもっとも古い記述はウァースの著作にみられる。その名はキャメロットの城にある円卓を囲んだことに由来する。上座下座のない円卓が用いられたのは、卓を囲む者すべてが対等であるとの考えからである。


https://ja.wikipedia.org/wiki/円卓の騎士

10: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:22:46 ID:WP8
三種の神器


14: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:24:56 ID:SBK
こういうのは大抵手垢つきまくってるけどウィキ見るだけでも楽しい

15: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:26:38 ID:xiv
近畿五芒星
英雄を退かせた山 美濃伊吹山
鬼が住む山 丹羽大江山
神の黄昏の幽宮 淡路伊奘諾神社
忘れ去られた古神が居た中洲 紀伊熊野本宮
漂泊の女神が定住したうまし土地 伊勢神宮

この5点を結ぶと逆五芒星ができ中心に平安京がある
ちとロマンある設定やろ
no title

17: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:29:35 ID:SBK
>>15
はえーこれは初めて見たわ
なんかハガレンの国家錬成陣思い出した
こういうのドストライクで好き

20: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:32:52 ID:Dkl
>>17
この系統やったら山手線中央線で太極作って点の部分の片方が皇居のやつとか好こ
no title

24: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:36:48 ID:xiv
>>17
伊勢神宮付近は朱の原料、不老不死の薬水銀がとれるんや
朱の赤を火に見立てると
向かいの伊奘諾神社は湧水がまぁ有名
横の熊野本宮は紀の国というだけあって材木が有名
伊吹山の土からは石灰がとれ
大江山は金属特に鉄がとれると
上手いこと五行にもマッチする

28: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:38:49 ID:SBK
>>24
なんやそれめっちゃかっこええやん
陰陽五行はこういう系統の中でもトップクラスやな

30: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:42:18 ID:xiv
>>28
近畿五芒星はなんぼでもこじつけできるで
一応元旦の太陽の軌道?やったかな富士山、伊勢、伊奘諾を真っ直ぐに貫くレイラインというのもある
あと大江山の麓の籠神社と伊勢神宮には共通して六芒星が掘ってある
色々こじつけると最後はユダヤが出てきた

43: 名無しさん@おーぷん 2017/12/24(日)00:12:42 ID:Mib
>>30
この手の話は高田崇史のQEDシリーズ思い出すわ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:36:07 ID:WP8
方角を指し示した奴
十二支とか四聖獣とかインドのやつとか
no title

27: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:38:21 ID:WP8
星座
聖闘士星矢とかバトスピで有名やね
no title

29: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:40:12 ID:MtM
タロットカードになぞらえたスタンド能力
エジプト九栄神になぞらえたスタンド能力
no title

32: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:45:43 ID:SBK
タロットカードもええな
胎界主のやつとかかっこいい

33: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:46:46 ID:nqi
玄武
朱雀
白虎
青龍
no title

34: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:49:16 ID:SBK
>>33
中国神話も結構オサレ度高いもの持ってる
四凶もいい

35: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:49:55 ID:TkQ
使徒(キリストの弟子12人)って地味に使われんよな
エヴァでくらいしか見たことないわ
no title

十二使徒
新約聖書内では、ルカ福音書と使徒言行録を除いては、使徒を12人に限定していないが、イエスの高弟である「十二人」については、幾つかの文書に記されている。彼らは、イエスから悪霊を払うための権能を授けられたという。12という数字は、イスラエルの12部族に対応するものと思われる。「十二人」のすべての名は、「マルコ福音書」に記されており、「マタイ」、「ルカ」、「使徒言行録」は、これを写したものである。「ヨハネによる福音書」には、「十二人」の存在は語られるが、内数人のみの名が挙げられている。他に、「第1コリント書」、「ヨハネの黙示録」など。使徒言行録によれば、イスカリオテのユダによる欠員をマティアで埋めたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/使徒

36: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:50:32 ID:HwZ
>>35
やっかみつけてくるやつがいてめんどくさいからな
エヴァですらめっちゃ避難殺到してたんやで

37: 名無しさん@おーぷん 2017/12/23(土)23:52:57 ID:rzI
モーセの十戒

40: 名無しさん@おーぷん 2017/12/24(日)00:03:11 ID:alW
no title

なんだかんだ4人くらいが一番バランスいい


元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514038256/