575: 1/2 2018/01/24(水) 15:53:36.63 ID:c7b2QMZ50
オカンから聞いた話

うちのオカンの方の先祖はその地域をまとめる豪農といわれる家で
また、その地域の治水に携わっていて、工事の際に人柱をたてたという話もある。
その呪いがあるため、オカンの家では後継ぎである男の子が育たなかった。
神社に相談にいったところ、男の子には女の名前をつけるように、
また裏庭に神様をまつるように、といわれてそれを守ったところ、無事男の子が育ったため
その後も男の子には女名をつける、ということになった。
ちなみに、現在、実家を取り仕切る伯父も「春美」という名前だけど立派な男。

少し遡るが、今から60年ほど前でまだオカンが学生だった頃の話。
その頃、オカンの父親は地元ではやりたい放題だったらしい。
蔵にある骨董品を売り払って金を持ったまま数ヶ月行方知れずになり
無一文で帰って来ることもあったらしい。

そんなある日、オカンが学校から帰って来ると家の中に若い妊婦がいた。
父親は機嫌損ねて書斎に篭もっていて、母親もカンカンに怒って話しにならないので
お手伝いに話を聞くと、どうも父親が東京にいっている間に付き合ってた女で
妊娠して、金がないからと追いかけてきたらしい。
親父は最初は否定していたが、仕舞いには認めて、結局彼女は家で面倒をみることになった。
彼女には狭い離れを改築してあてがわれた。



576: 2/2 2018/01/24(水) 15:54:11.25 ID:c7b2QMZ50
子供が生まれるまでの数ヶ月、離れからほとんど出ることもなかったが
時々顔を合わせて話をしてみると、その女性も妊娠してしまい仕事もできなくなり、生活に困って追いかけた、とか
独身だと聞いていたので家にきて家族がいてどうしていいのかわからなくなった、本当に申し訳ない、と涙ながらに語っていたらしい。
しばらくして、彼女は男の子を出産。
オカンはたちあっていなかったが、赤ちゃんが生まれたその日の夕食の席で
父親は自分の名前から一文字取り「武志」と名まえを発表した。
そして、ニヤニヤ笑いながら「どうだ、男らしい名前だろ」と言ったらしい。

その子は数日後に死亡。
死因は心臓の病気ということだった。
当時の乳幼児の死亡率はまだまだ高かったから呪いとは無関係かもしれないけど
そういうことを平気でする父親が怖くて、その後母は家を出て、親父と結婚した。
俺を生んだ時、本家ではないものの一応その血を継いでいるから、と心配して
俺も女のような名まえをつけられ、その名前がコンプレックスだった時期もあるけれど
この話を聞いて、この名まえはオカンの愛情でもあるんだな、と思った。

578: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 20:56:42.37 ID:pcKF/aApO
>>575
×仕舞いには
○終には
誤字が残念だが、いい話だったよ
かあちゃんの愛情がこめられた名前を恥じず
胸をはって生きていけよ

586: 本当にあった怖い名無し 2018/01/25(木) 00:45:56.80 ID:44SjrUDg0
愛人として付き合って8年になる職場の部下。
月イチくらいでデートや年に2~3回旅行するんだけど、行く先々で普通では有り得ない事件や事故が起こる。
もちろん俺らが関わってる訳じゃないし、遭遇もしないんだけど、俺らが行った当日か翌日に何かが起こる確率が高い気がしてる。

例えば。
・とある山に観光で登ったら、その日麓の町では竜巻が起きて大きな被害。
・とある大規模ショッピングモールに初めて行ったら、翌日その横を通る国道の中央分離帯の茂みから白骨遺体が発見される。
・観光ついでに立ち寄った地方のテレビ局、翌日に局のロビーで男が金属バットを振り回し怪我人が出る。
・とある有名観光地の温泉施設、訪れた当日の夜に火事。
…どれも、そうそうあることじゃない。

これ以外にも、小さな事件事故は枚挙にいとまがない。
帰宅して、または翌日ニュースを見てびっくり、俺ら互いに先に気づいた方が、メールで記事のリンクを送るってのがお決まりになってる。
またかよ、俺ら疫病神なのかな、ってw

588: 本当にあった怖い名無し 2018/01/25(木) 05:04:27.64 ID:44ncB6oa0
>>586
名探偵の素質あり

589: 本当にあった怖い名無し 2018/01/25(木) 05:42:08.59 ID:qdSqKUDTO
そういや引越す先々で大地震にあうって話があったけど今どこに住んでるんだろうな

601: 本当にあった怖い名無し 2018/01/26(金) 05:04:12.51 ID:NDJQjHolO
>>589
あの人、次は宮城だか仙台だか(地名出してたけど俺が忘れた)に出張だーってレスを最後に
現れなくなって、311でとうとう亡くなったんじゃ…?って噂だぞ

603: 本当にあった怖い名無し 2018/01/26(金) 06:15:16.55 ID:BwY1XNzi0
実家に住んでいた頃の話
夜の9時?10時くらいに玄関のチャイムが鳴った
うちにはインターホンがなく、その代わりにドア越しに要件を訪ねて
返事がなかったら極力出ないようにしている

その時は父親が応対したんだが、
あまり常識的な時間の訪問ではないので、近くで見ていることにした
様子を伺っていると、ドアの向こうから陽気で若そうな声の男が
「道端で○○(東南アジアの国)の男の人に道を訊かれたんだけど、
彼が行きたいというXX(近所)という場所がどこかわからないから教えてください」と言う
ドア越しにやりとりをしているが要領を得ない感じだったので
せっかちな父親が鍵を開け直接説明しようとしたが、
怪しいので急いで小声で止め、鍵もすぐ締め直させた
すると鍵が開いたと思ってか、向こうからドアのノブを引くガチャッという音がした
何度かドアノブを引きながら、「あ、あれ?w」と驚きつつおどけたようなリアクションの男
ここで、「普通は家主が開けるのを待つのに、向こうから開けてくるのはおかしい」といよいよ思い
大雑把にXXへの道のりを伝えて帰ってもらった
相手はすんなり引き下がっていったし、それきり特に何も起こってはいない

犯罪でもなんでもなくただの酔っ払いだったのかもしれないが、当時はけっこう怖かった
周りは通りに面した住宅街で、声をかけやすい家はたくさんあるのに
奥まったところにある自分の家に来たところも(友人からは入りにくいと言われる)
道に迷ってる東南アジア人の連れも、本当だったのかもわからない
そしてこれを書きながら気づいたんだけど、とっくにスマホは普及してたから
道なんで調べようと思えばすぐわかるんだよな

604: 本当にあった怖い名無し 2018/01/26(金) 08:28:07.29 ID:3TenQwpW0
>>603
そういう時は道端で~のアヤシイはなしを聞いた時点で警察呼んだほうが良いよ
東南アジアの国の窃盗団に押し込まれて一家惨殺だったかも

550: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 01:52:23.48 ID:qxKr2cuE0
ほんのりっていうかは微妙なんだけど。

11月の末に祖父が亡くなった。
まあこの爺さんもともと暴走老人で、さらに認知症までやって、全身病気まみれだったのに何回も三途の川の手前で引き返してきて、家族はちょっと呆れ果ててた感じの爺さんだった。
そんな爺さんもついに亡くなって、アルツハイマーのおばあちゃんはストレスレスなのか介護認定下がるしなんとなーく家が平和になった。多分すっきり成仏して天国でたばこでもやってるかな、爺さんもそっちの方が幸せだよね。なんて親戚でも言い合ってた。

ところが。
年明けてから、わたしの夢枕に連日立つ。
受験生の孫娘が心配なんだか知らんがほんとうに連日立つ。家族誰も夢に見てないのに。
しかも夢の中の爺さんは若返ってるし、いやそんな顔見たことないよって感じの満面の笑み。それでいつも何かわたしに言ってるんだけど聞き取れない。
わたしは死んだはずの爺さんが生き返ってる!?っていつもパニクってるんだけど、家族は結構普通に生き返ってきちゃったね~ってスルーしてる。
で、毎朝めちゃくちゃ焦って目がさめる。

こんな感じなのがほぼ毎日なので正直寝るの辛い。明日は法要なんで、爺さんにはちゃんと成仏して欲しいですね。
551: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 01:54:28.48 ID:qxKr2cuE0
ちなみに今日は爺さんと火山の噴火を眺めてる夢で、何の暗示とかなんだろうと思っていたら本当に日本で火山が噴火してびっくりしました。

552: 本当にあった怖い名無し 2018/01/24(水) 02:08:18.21 ID:AzTUe7LZ0
>>551
よし、全力で釣られよう
明日起きたら即刻夢の内容頼んだ

608: 本当にあった怖い名無し 2018/01/26(金) 18:44:21.12 ID:UXdNHBwL0
数日前にカキコした、爺さんが夢枕に立つ受験生です。

爺さんが夢枕に立ってた理由っぽいのが判明した。

親戚のおばあさんに聞いたところ、爺さん高卒で、それがめちゃくちゃコンプレックスだったらしい。
わかった爺さん!一緒にJDライフ満喫しようぜ!!
と思ったら途端に夢に出てこなくなりました。

ちなみに昨日の夢は飽きるまで鯛のカルパッチョ一人で食べる夢でした。別にご飯は普通でした。火山はやっぱり偶然だったかも。


元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/