1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:15:27.360 ID:2PZ4C6HX0
サッカーする気かよ
雪女
お雪は大層よい嫁である事が分った。巳之吉の母が死ぬようになった時――五年ばかりの後――彼女の最後の言葉は、彼女の嫁に対する愛情と賞賛の言葉であった、――そしてお雪は巳之吉に男女十人の子供を生んだ、――皆綺麗な子供で色が非常に白かった。

参考URL:
青空文庫 -小泉八雲「雪女」




5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:20:23.084 ID:u1DmH1iAx
この話腑に落ちないよな
あれだけの子供置き去りにするんだぞ
あらすじ
この話は武蔵の国、西多摩郡調布村の百姓が私に語ってくれたものである。
武蔵の国のある村に、茂作と巳之吉という2人の樵が住んでいた。茂作はすでに老いていたが、巳之吉の方はまだ若く、見習いだった。
ある冬の日のこと、吹雪の中帰れなくなった二人は、近くの小屋で寒さをしのいで寝ることにする。その夜、顔に吹き付ける雪に巳之吉が目を覚ますと、恐ろしい目をした白ずくめ、長い黒髪の美女がいた。巳之吉の隣りに寝ていた茂作に女が白い息を吹きかけると、茂作は凍って死んでしまう。
女は巳之吉にも息を吹きかけようと巳之吉に覆いかぶさるが、しばらく巳之吉を見つめた後、笑みを浮かべてこう囁く。「お前もあの老人(=茂作)のように殺してやろうと思ったが、お前はまだ若く美しいから、助けてやることにした。だが、お前は今夜のことを誰にも言ってはいけない。誰かに言ったら命はないと思え」そう言い残すと、女は戸も閉めず、吹雪の中に去っていった。
それから数年後、巳之吉は「お雪」と名乗る、雪のように白くほっそりとした美女と出逢う。二人は恋に落ちて結婚し、二人の間には子供が十人も生まれた。しかし、不思議なことに、お雪は十人の子供の母親になっても全く老いる様子がなく、巳之吉と初めて出逢った時と同じように若く美しいままであった。
ある夜、子供達を寝かしつけたお雪に、巳之吉が言った。
「こうしてお前を見ていると、十八歳の頃にあった不思議な出来事を思い出す。あの日、お前にそっくりな美しい女に出逢ったんだ。恐ろしい出来事だったが、あれは夢だったのか、それとも雪女だったのか……」
巳之吉がそう言うと、お雪は突然立ち上り、叫んだ。「お前が見た雪女はこの私だ。あの時のことを誰かに言ったら殺すと、私はお前に言った。だが、ここで寝ている子供達のことを思えば、どうしてお前を殺すことができようか。この上は、せめて子供達を立派に育てておくれ。この先、お前が子供達を悲しませるようなことがあれば、その時こそ私はお前を殺しに来るから……」
そう言い終えると、お雪の体はみるみる溶けて白い霧になり、煙出しから消えていった。それきり、お雪の姿を見た者は無かった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/雪女

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:21:01.381 ID:2PZ4C6HX0
>>5
何でバレたらいけないのか
それも分らんしな

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:22:47.045 ID:SmxFIFc0K
雪女は女の部分と雪女の部分は別
二重人格とでも言えばわかるか?
主人公に惚れて子沢山になったのは女の部分でバレてはいけないのは雪女の部分

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:24:34.742 ID:SmxFIFc0K
雪女自身ではその二重人格の構造を直す事はできない
片側では惚れてるけど片側では必ず殺さないといけないという生来のルールに縛られてる
お前らが嫌でも動植物食べなきゃ生きられないのと同じ

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:26:07.270 ID:2PZ4C6HX0
ほえー

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:28:15.237 ID:SmxFIFc0K
雪女の女の部分は心で雪女の部分は掟とでもいえばまたわかるかな
まあ小泉八雲は日本文学史上の大天才で俺が一番買ってる文人だから
芥川や夏目なんかより断然凄い

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:31:35.328 ID:u1DmH1iAx
にしても男は十分すぎるほど信用に足る人間だよなあ
雪女だと白状しなきゃいいのにと思ってしまうが

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:32:46.649 ID:2PZ4C6HX0
>>12
だよなあ
妻くらいには明かして良いよな

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:34:33.180 ID:SmxFIFc0K
>>12
信用とかそういう基準じゃない
「誰にも言ってはいけない」というルールでそれは相手が雪女でもダメ
ルールを破った以上はもうダメで融通を利かせるような世界とレベルじゃない
お前が今こんなに元気だし一週間ぐらい飲み食いしなくても大丈夫やろと言ってるぐらいの事

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:40:47.750 ID:u1DmH1iAx
>>15
後の二行はよくわかんねえけど雪女の原理は納得したよ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:48:03.184 ID:SmxFIFc0K
>>19
お前がルールとして一週間飲み食いしなくてもまだ生きてられるって融通が利く世界じゃないでしょって話
雪女にとっては人間が一週間飲み食いしないのと同等のシビアな世界にいる
人間の飲み食いが雪女のルールの話に置き換わってる

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:52:36.678 ID:2PZ4C6HX0
お化けだしそんな観念的な問題なのかもな

空気の読めない突っ込みすると人間は飲まず食わずでも1週間は生きれるらしいぞ

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:38:36.902 ID:SmxFIFc0K
雪女自身にもそれはどうにもできないって所がポイントで悲しい所なんだよ

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:36:42.696 ID:2PZ4C6HX0
見るなのタブーか
見るなのタブー
見るなのタブーは、世界各地の神話や民話に見られるモチーフのひとつである。何かをしているところを「見てはいけない」とタブーが課せられていたにも拘らずそれを見てしまったために悲劇(多くは離別)が訪れる、あるいは、決して見てはいけないと言われた物を見てしまったために恐ろしい目に遭う、というパターンをもち、見るなの禁止ともいう。民話の類型としては禁室型(きんしつがた)ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/見るなのタブー

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:39:42.456 ID:2PZ4C6HX0
理不尽だなあ

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:44:51.909 ID:SmxFIFc0K
雪女の話に興味があるならハリウッド版で映画にもなってるよ
フロム・ザ・ダークサイド・ザ・ムービーという映画に入ってる
90%ストーリーが雪女だけど原作クレジット無しだから無許可だけどね
no title

フロム・ザ・ダークサイド 3つの闇の物語
タイトルは『フロム・ザ・ダークサイド 3つの闇の物語』(Tales from the Darkside: The Movie)。劇場版であり、ホラーの3話構成オムニバスである。1990年に公開された。
なお、運命249のはアーサー・コナン・ドイルの『競売ナンバーニ四九』、地獄から来た猫はスティーブン・キングの『魔性の猫』がそれぞれ原作となっており、「恋人たちの誓い」は雪女の伝説が基になっている。

「恋人たちの誓い」
売れない画家プレストン(演 - ジェームズ・レマー)は、ある日ガーゴイルような怪物に出くわしてしまったが、そのことを秘密にする代わりに見逃してもらう。そして、その後知り合った女性カローラ(演 - レイ・ドーン・チョン)と愛し合い子供をもうけた。
だが、別れの時は二人に近づいていた。

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:47:26.067 ID:2PZ4C6HX0
ggったらガーゴイルか
流石に雪女のままってわけにはいかないんだろうなwww

この話がハーンの奴だけが今書かれてるのか各地に似た話が伝わってたりしないか気になるな
柳田邦男とか漁ったら出てきそうだけど

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:56:43.232 ID:SmxFIFc0K
>>21
映画だとどうにもならなさと悲しみが本家よりビジュアルでストレートに描かれてるよ
多分疑問に思ってる部分が分かり易い
ハッピーエンドとかでは当然ないけどね

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:49:09.084 ID:yWOicgPT0
小泉八雲の雪女の舞台は東京青梅市
これ豆な
雪女の原典
小泉八雲の描く「雪女」の原伝説については、東京・大久保の家に奉公していた東京府西多摩郡調布村(現在の青梅市南部多摩川沿い。調布市は無関係)出身の親子(お花と宗八とされる)から聞いた話がもとになっていることがわかっている。この地域で酷似した伝説の記録が発見されていることから、この説は信憑性が高いと考えられ、2002年には、秋川街道が多摩川をまたぐ青梅市上長渕の「調布橋」のたもとに「雪おんな縁の地」の碑が立てられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/雪女
24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:50:35.118 ID:u1DmH1iAx
だいぶ古いが怪談っていうオムニバス映画の一篇で雪女を見て原作は読んでないんだが
それの耳無し法一がまじトラウマ
no title


no title

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 02:02:54.346 ID:36iYuMPF0
たった今久々に読んだけど、当初上記のような事全然考えてなかったわ
昔話感覚で読んでたけど、他の話にもそんな含蓄があるんやろな

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 01:38:45.257 ID:36iYuMPF0
ハーンの話でお気に入り何?雪女以外で

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 01:41:59.697 ID:2PZ4C6HX0
すまん最近文庫本買ってまだ読んでる途中だから詳しいわけではないです

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/05(木) 00:22:20.463 ID:36iYuMPF0
果心居士の話すき
果心居士
果心居士(かしんこじ、生没年不詳)は、室町時代末期に登場した幻術師。七宝行者とも呼ばれる。織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、松永久秀らの前で幻術を披露したと記録されているが、実在を疑問視する向きもある。
小泉八雲の『日本雑記』に『果心居士の話』があり、果心居士が絵の中から船を呼び出し、船に乗り込むとそのまま絵の中に消えていったという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/果心居士


元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1507130127/