1: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:56:38.78 ID:unvY/Ttw0
どんなんでもええで




3: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:56:56.86 ID:0UokOC2Y0
ぼぎわんが、来る
no title

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん"という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん"の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだノンストップ・ホラー!

4: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:57:13.69 ID:unvY/Ttw0
>>3
ちょっと前に読んだ

5: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:57:29.94 ID:hYisL6jy0
リカ
no title

印刷会社「東洋印刷社」に勤めるサラリーマン・本間隆雄は、家族を愛しながらも、かつて後輩が勧めた出会いサイトの魅力に嵌り、インターネット上で交わされる女性とのやり取りに興じる日々を送っていた。
ある時、本間は自身の昇進を機に、出会いサイトの中で知り合った「リカ」に携帯番号を教え、コンタクトを取ろうとする。それを機に本間は、リカから執拗に電話を受け、嫌気が差した本間は新しく携帯を変えて関係を絶つ。だが、リカは本間の想像を超えたストーキングを開始し、居所をリカに突き止められた本間は、リカの常軌を逸した手段に精神的にも追い詰められてしまう。本間の周りの人間がリカの犠牲にさらされたとき、本間はリカとの対峙を決意する。

7: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:04.31 ID:unvY/Ttw0
>>5
人間が怖い系?

17: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:58.56 ID:hYisL6jy0
>>7
出会い系の女が男追いかける系

6: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:57:46.30 ID:/uM10gOj0
玩具修理者
no title

喫茶店で会話する2人の男女。女は奇妙な思い出を語りだす。
彼女がまだ幼い頃、近所に住んでいたという玩具修理者は、大人たちは誰も知らず、子供たちだけが知っている秘密の存在。玩具修理者は頼めばどんなおもちゃでも直してくれる。人形や車のおもちゃ、はては複雑なゲームソフトまでも……。親が恐い子供たちは、壊したおもちゃをこっそり玩具修理者のところに持っていくのだった。
ある日、彼女は誤って弟を死なせてしまう。「怒られる!」と直感した幼い彼女の脳裏に玩具修理者のことがよぎる……。

10: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:21.10 ID:unvY/Ttw0
>>6
すき

8: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:04.89 ID:6KUpbsa5p
星新一の唐突に出てくる怖いショートショート

9: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:06.13 ID:OeiHnJVvM
リング
no title

11: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:24.76 ID:Syw7MM4h0
どこの家にも怖いものはいる
no title

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。人物、時代、内容…バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時ソレは突然、あなたのところへ現れる。

15: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:58:51.14 ID:/uM10gOj0
90年代後半はSF小説名義やと全く売れなくて
ほぼ全てがホラー小説として売りに出されてて草生える

18: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:59:06.08 ID:Gqydsmu80
矢部嵩を読め
19: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:59:22.23 ID:8oPXWD8k0
黒い家
no title

大手生命保険会社「昭和生命」の京都支社で保険金の査定業務を担当する主人公・若槻慎二は、保険加入者である菰田重徳からの呼び出しにより菰田家を訪問するが、そこで菰田家の子供(妻の連れ子)が首を吊った状態で死亡しているのを発見してしまう。
事件の疑いが濃厚な事案であったことに加え、菰田家には以前にも自傷とも疑われる不可解な保険金請求があったことから、昭和生命は保険金の支払いを保留していたが、重徳は執拗に支払いを求める。疑念を抱いた若槻は、一連の事件の首謀者を重徳と推測し、妻の幸子宛に注意を促す匿名の手紙を送ってしまう。
そこから、若槻自身とその周囲の生命が脅かされる恐怖の日々が始まった。

20: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:59:40.43 ID:Syw7MM4h0
骨餓身峠死人葛
no title

九州の入海をながめる丘陵の、最も峻嶮な峠「骨餓身」。昭和初期、その奥にある葛炭坑を舞台に繰り広げられる近親相姦の地獄絵、妖しく光る異常な美の世界。

23: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 17:59:58.05 ID:I/FzcmBk0
幸せすぎるおんなたち
no title

夫と二人で暮らしながら、虐げられる隣家の老犬トウマに想いを馳せる三十歳の蒼子。
県が主催するお見合いパーティーでX県の男性と知り合い、嫁いだ絵里花。
「遊んでいる」と後ろ指を指されることに苛立ちながらハンドルを握る専業主婦の穂菜美。
正社員として働くため結婚三年目にしてIターンを決意した紫陽子。
行方不明の幼なじみを訪ねて、妊婦の身で夫の単身赴任先に同行した心葉。

「住んで良かった」「持ち家率」「子育て環境」「女性の働きやすさ」「健康長寿」全ランキングで燦然とトップに輝くX県。しかし、そこに暮らす女性たちは、ひたひたと闇に呑み込まれていく。一体なぜ? 怖いけれど止められない、女性の胸打つ悲しき連作ホラー小説。

25: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:00:31.20 ID:j+78elTE0
墓地を見下ろす家
年取ってからガチで怖いと思ったのはこれだけだわ
no title

新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。問題は何一つないはずだった。ただ一つ、そこが広大な墓地に囲まれていたことを除けば…。やがて、次々と不吉な出来事に襲われ始めた一家がついにむかえた、最悪の事態とは…。

35: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:02:40.83 ID:0UokOC2Y0
>>25
ワイも一番怖いと思ったのこれやわ
理不尽で物理学を超えた現象が許容出来ればな

41: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:03:29.35 ID:unvY/Ttw0
>>25
ええやん

46: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:04:29.59 ID:mBzF+rHE0
>>25
家に置いとくのも気持ち悪くて売ったわ

27: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:01:01.25 ID:a7vx7uri0
リングらせんは鉄板やな
夜市はおもろいで
no title

大学生のいずみは高校で同級生だった裕司に誘われ、夜市へと出かける。道中で話を聞くと、裕司は小さい頃に夜市を訪れており、それが今夜も開かれることを学校蝙蝠からきいたという。一旦は呆れて帰ろうとするいずみだったが、公園の奥にある森で、夜市は本当に開かれていた。
黄泉の河原の石、なんでも斬れる剣、老化が早く進む薬……それらを売っているのは、永久放浪者に一つ目ゴリラ、のっぺらぼう。いずみは帰ろうとするものの、裕司ともども道に迷ってしまった。
いくつもの出店で帰り道を尋ねるが、「何か取引をしない限り、夜市から帰ることはできない」という答えが返ってくる。帰る手段を考えるため、以前裕司が訪れたときの話を聞こうとするいずみに、裕司は実は全財産である72万円を持参してきており、ある欲しいものを手に入れるためにこの夜市を訪れたのだと告白する。

36: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:02:52.31 ID:unvY/Ttw0
>>27
風の古道がよかった

28: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:01:16.36 ID:BKKM+OwN0
スズメバチっていう山荘に閉じ込められて蜂から逃げ回る小説おすすめや
これだけだとホラー小説じゃないかもしれんが読んでるうちに理由がわかる
衝撃のラストをあなたは予想できるか
no title

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった―。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!

40: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:03:23.70 ID:0875zg3Ua
>>28
ある意味ホラーやな

45: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:04:17.28 ID:BKKM+OwN0
>>40
読み終わったあととんでもない小説を買った事実に身震いしたわ

29: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:01:24.69 ID:unvY/Ttw0
ちなみにかにみそがすき
no title

全てに無気力な20代無職の「私」は、ある日海岸で小さな蟹を拾う。それはなんと人の言葉を話し、体の割に何でも食べる。奇妙で楽しい暮らしの中、私は彼の食事代のため働き始めることに。しかし私は、職場でできた彼女を衝動的に殺してしまう。そしてふと思いついた。「蟹…食べるかな、これ」。すると蟹は言った。「じゃ、遠慮なく…」。捕食者と「餌」が逆転する時、生まれた恐怖と奇妙な友情とは。話題をさらった「泣けるホラー」

37: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:02:57.57 ID:0UokOC2Y0
>>29
それ積んどるわ

43: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:03:52.00 ID:unvY/Ttw0
>>37
おもろいでがっつり怖いようなホラーやないけど

47: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:04:33.80 ID:0UokOC2Y0
>>43
それはあらすじから分かるからええわ
角川ホラー文庫ってホラーじゃないの多すぎやし

30: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:01:46.22 ID:aQwXwTfMa
ホラー作家の棲む家
no title

奇妙な原稿が、ある新人賞に投稿された。“私”は友人から応募者の名が「三津田信三」だと知らされるが、身に覚えがない。そのころ偶然に探しあてた洋館を舞台に、“私”は怪奇小説を書きはじめるのだが…。
34: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:02:30.51 ID:/uM10gOj0
>>30
ここか
no title

33: 風吹けば名無し 2018/08/26(日) 18:02:23.94 ID:a7vx7uri0
ホラー小説大賞片っ端から読めば外れないよな