2b2d4bd3-s-480x478

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:35:43 ID:4qe
アガサ・クリスティから読み直せよ




3: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:38:36 ID:gjb
ホラーで殺人事件起きたり
トリック使われてもジャンルはホラーのままなの?

5: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:40:57 ID:82i
ここにも分類バカがwww

6: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:42:10 ID:qvG
京極夏彦はその辺曖昧になるよなぁ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:44:01 ID:Z61
そもそも区別して読もうとしないよね

11: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:47:32 ID:oJV
何となくそういう雰囲気ですよって先入観を与えるものに過ぎないよね

15: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:53:49 ID:bDZ
こういう時はまず定義を宣言せねばならない

16: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:56:41 ID:oJV
ミステリ…人が殺されたぞ!なんで殺されたんだ!謎だ!調べるぞ!
ホラー…各種バラエティに富んだ怖さ
サスペンス…ハラハラドキドキもうやめーや

19: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:59:11 ID:Spx
子供の頃の自分「ミステリー!?幽霊とか!?」

23: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:06:30 ID:p2D
殺人事件はミステリーで連続殺人事件はサスペンス
実際はよく分からん

26: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:12:14 ID:o89
サスペンスは最初から犯人が分かってる
ミステリーは分からない

ホラーはもっと大きな括りだと思う
サスペンス
サスペンス(英語: suspense)は、ある状況に対して不安や緊張を抱いた不安定な心理、またそのような心理状態が続く様を描いた作品をいう。
シリアス、スリラー(サイコスリラー)、ホラー(サイコホラー)、アクションものといった物語の中で重要な位置を占める。単純に「観客の心を宙吊りにする」という意味でズボンのサスペンダーを語源だとする説明もある。
また、より広い意味においては、観客や読者が作品(の行く末や登場人物など)に対して不安や緊張の心理、物語の結末を知る事への希求を抱かせ、その作品に対しての興味と関心を持続させる事ができる(あるいは、製作者がそのように意図した)作品もサスペンスといわれる事が多い。この場合には、宣伝などに「ハラハラドキドキ」とか「手に汗握る」とかといった表現(惹句)が用いられる事も多い。
孤立した山荘や孤島に閉じ込められた人々が犯人がわからないまま次々殺害されていくような事態(クローズド・サークル)、犯人はわかっているがなかなか捕えられず、早く捕らえないと被害が及ぶような事態、捕らえられた登場人物がどこかから脱出を試みるもの(例: 映画『パニック・ルーム』)、何か恐ろしい物から逃げ続けるもの(例: テレビ映画『激突!』)、周囲の猜疑心や悪評に取り囲まれた主人公が真実を追求して潔白を証明するもの(例:映画『レベッカ』)などがサスペンスの例である。ミステリーや推理小説と混同されがちだが、これらは推理を楽しむ物語のことである。すべてのサスペンスに必ずしも推理が伴うとは限らないし、全てのミステリーがサスペンスを利用しているわけでもない(例:東野圭吾「秘密」)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/サスペンス
27: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:12:36 ID:o89
前半2行はトリビアの泉の受け売りなんですけどね

28: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:12:43 ID:Ssj
ミステリ→コナン・ドイル
サスペンス→トマス・ハリス
ホラー→スティーブン・キング

イメージ的にはこんな感じ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:12:56 ID:eAd
これすき

510 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:2010/04/19(月) 16:40:30 ID:xkRKrfSD

ロック:お前が好きだ 愛してるぜベイビー

ハードロック:お前と夜のハイウェイぶっ飛ばすぜ 朝まで愛し合おうぜベイブベイブ

メタル:お前が俺の心に創った闇が俺をおしつぶす お前は俺を狂わすデーモン

スラッシュメタル:そもそもお前など存在しなければよかったのだ 
           心の中でお前を犯すそして俺は殺されるキャイーン

デスメタル:お前を頭から食っちゃうぜ お前のま〇〇を食っちゃうぜぼえええぇぇ

ブラックメタル:教会を燃やす もはや神は存在しない 俺がイエスの喉を切り裂いてやった
         愛するお前(悪魔)のために

メロスピ:故郷のため、家族のため、そして愛するお前のため、
      命を懸けて残虐なる王と戦おう ピロピロピロピロ





30: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:14:21 ID:oJV
>>29
すこ

32: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:15:43 ID:82i
>>29
イギリスと北欧に偏りすぎだwww
アメリカだと歌詞の内容がもっと多様だからな

31: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:14:59 ID:o89
ウド鈴木はスラッシュメタルだったのか

40: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:42:07 ID:82i
ファンタジーだと思って読み進めていたらSF的裏設定が次々に発覚する「新しい太陽の書」。

41: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:55:54 ID:eAd
じゃあ黒い仏

42: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)04:02:26 ID:82i
刑事物だと思って読んだらどろどろの不倫恋愛物だった高村薫の照柿w
読んでて困るわwww

43: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)04:04:35 ID:82i
真っ当な刑事物だと思っていたら犯人は驚愕の・・・・
エンゼル・ハート。

45: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)04:08:53 ID:Ssj
ヴァチカン相手に対峙するサスペンス物かと思いきや実は転生ファンタジー物で「えええっ?」となった、高橋克彦の『竜の柩』シリーズ

47: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)16:29:09 ID:82i
SFホラー「エイリアン」。
実は古典的な「航海中の怪物譚」の焼き直し。

44: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)04:06:01 ID:jdO
本格ミステリもホラーもサスペンスも同居できるよね

39: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)03:34:30 ID:bDZ
モルグ街はスレタイの三つを兼ね備えてると思うの
黎明期だからかな?
モルグ街の殺人
「モルグ街の殺人」(モルグがいのさつじん、The Murders in the Rue Morgue)は、1841年に発表されたエドガー・アラン・ポーの短編推理小説。
ポー自身が編集主筆を務めていた『グレアムズ・マガジン』4月号に掲載された。史上初の推理小説とされており、天才的な探偵と平凡な語り手、結末近くでの推理の披露、意外な犯人像など、以後連綿と続く推理小説のジャンルにおける原型を作り出した。密室殺人を扱った最初の推理小説とも言われている。

あらすじ
パリに長期滞在している、名前が登場しない語り手は、ある日モンマルトルの図書館で、没落した名家の出であるC・オーギュスト・デュパンという人物と知り合う。語り手は、幅広い読書範囲と卓抜な観察力、分析力を持つデュパンにほれ込み、やがてパリの場末の古びた家を借りて一緒に住むことになる。
デュパンは、ある晩、街を歩いているとき、語り手が黙考していたことをズバリと言い当てて語り手を驚かせたが、その推理過程を聞くと非常に理にかなったものであった。そんなとき、ある猟奇殺人の新聞記事が二人の目に止まる。「モルグ街」のアパートメントの4階で起こった事件で、二人暮らしの母娘が惨殺されたのだった。娘は首を絞められ暖炉の煙突に逆立ち状態で詰め込まれていた。母親は裏庭で見つかり、首をかき切られて胴から頭が取れかかっていた。部屋の中はひどく荒らされていたが、金品はそのまま。さらに奇妙なことに、部屋の出入り口には鍵がかかっており、裏の窓には釘が打ち付けられていて、人の出入りできるところがなかった。また多数の証言者が、事件のあった時刻に犯人と思しき二人の人物の声を聞いており、一方の声は「こら!」とフランス語であったが、もう一方の甲高い声については、ある者はスペイン語、ある者はイタリア語、ある者はフランス語だったと違う証言をする。
船乗りに殺害者のことについて聞きただすデュパン。この謎めいた事件に興味をそそられたデュパンは、伝手で犯行現場へ立ち入る許可をもらい、独自に調査を行う。


https://ja.wikipedia.org/wiki/モルグ街の殺人

1001: 以下の記事もオススメです 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466789743/
04



ホラーとスリラーとサスペンスの違いがわかりません
もっと言っちゃえばギャグとコメディの違いとかもよくわからないのですが…




03




小説は分からなくても困る機会ないけどさー
映画の場合はレンタルショップで探すの困るんだよな~
サスペリアの1と2が違うコーナーにあるってどういうことだぃ!




●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は [email protected] へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。