1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:12:28 ID:MD0
せいぜい卑弥呼
no title

ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ・ダルク(ユリウス暦 1412年頃1月6日 - 1431年5月30日)は、15世紀のフランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。「オルレアンの乙女」とも呼ばれる。
ジャンヌは現在のフランス東部に、農夫の娘として生まれた。神の啓示を受けたとしてフランス軍に従軍し、イングランドとの百年戦争で重要な戦いに参戦して勝利を収め、後のフランス王シャルル7世の戴冠に貢献した。その後ジャンヌはブルゴーニュ公国軍の捕虜となり、身代金と引き換えにイングランドへ引き渡された。イングランドと通じていたボーヴェ司教ピエール・コーションによって「不服従と異端」の疑いで異端審問にかけられ、最終的に異端の判決を受けたジャンヌは、19歳で火刑に処せられてその生涯を閉じた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャンヌ・ダルク




4: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:13:59 ID:kKB
実在したかどうかはあやしいけど巴御前とか
no title

巴御前
巴御前(ともえごぜん、生没年不詳)は、平安時代末期の信濃国の女性。字は鞆、鞆絵とも。『平家物語』によれば源義仲に仕える女武者。
『源平闘諍録』によれば樋口兼光の娘。源義仲の妾とよく誤記されるが、正確には側近(側室)である。軍記物語『平家物語』の『覚一本』で「木曾最期」の章段だけに登場し、木曾四天王とともに義仲の平氏討伐に従軍し、源平合戦(治承・寿永の乱)で戦う大力と強弓の女武者として描かれている。
巴は色白く髪長く、容顔まことに優れたり。強弓精兵、一人当千の兵者(つわもの)なり」と記され、宇治川の戦いで敗れ落ち延びる義仲に従い、最後の7騎、5騎になっても討たれなかったという。義仲は「お前は女であるからどこへでも逃れて行け。自分は討ち死にする覚悟だから、最後に女を連れていたなどと言われるのはよろしくない」と巴を落ち延びさせようとする。巴はなおも落ちようとしなかったが、再三言われたので「最後のいくさしてみせ奉らん(最後の奉公でございます)」と言い、大力と評判の敵将・御田(恩田)八郎師重が現れると、馬を押し並べて引き落とし、首を切った。その後巴は鎧・甲を脱ぎ捨てて東国の方へ落ち延びた所で物語から姿を消す。
巴御前が登場するのは軍記物語の『平家物語』『源平盛衰記』のみであり、当時の一次史料や鎌倉幕府編纂書の『吾妻鏡』には、その存在は確認されない。女武将であるという物語の記述は史実としては疑問があり、文学的脚色である可能性が高い。


https://ja.wikipedia.org/wiki/巴御前

5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:14:54 ID:ypS
>>4
書こうとしたら書かれた
ゴリラみたいなでかい女だったらしいな
あと上杉謙信女性説とか
卑弥呼は戦士なのか?

16: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:19:04 ID:yZ4
>>5
美人だったって説もあるぞ

19: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:20:28 ID:EhA
>>16
中学の時、先生に巴御前は敵の首を素手でねじ切ったって聞いたけど
もしそうならゴリラじゃないとおかしい。まあ誇張してるだけだろうけど

25: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:22:17 ID:bSL
>>19
総大将の愛妾として最後まで寄り添い、最後は総大将逃がすために襲い掛かる武者を騎乗のまま薙刀ぶん回して斬り殺してしかも突破成功したんやぞ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:22:12 ID:ypS
>>16
今wikiで見たわ、美人のほうが書いてあった
実在してたかは不明だが91歳で天寿を全うしたらしいな

8: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:16:42 ID:ypS
井伊直虎も女だと書物に書かれてたらしいし
井伊 直虎
井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の領主。通説では井伊直盛の娘、次郎法師であったとされる。
同国の国衆・井伊氏の事実上の当主を務め、徳政令などを行い、「女地頭」と呼ばれた(この時代の「地頭」は「領主」という意味である)。井伊直親と婚約したといわれるが、生涯未婚であった。徳川四天王・井伊直政(虎松)の養母と伝わる。
平成28年(2016年)12月、京都市の井伊美術館の井伊達夫館長が、通説とは異なり、「井伊直虎」は女性(次郎法師)ではなく別人の男性であった可能性を示す史料が新たに確認されたと発表した。それによると、「井伊直虎」とは今川氏家臣関口氏経の息子(次郎法師の母方の従兄弟にあたる人物)を「井伊次郎」と名乗らせて当主としたものであり、井伊直盛の娘である次郎法師とは別人であるという。小和田哲男はこの史料が江戸時代に書かれたもので同時代史料でないこと、当該の「井伊次郎」が直虎である記述がないこと、「次郎」は井伊家総領代々の仮名であり、次郎法師が存在する段階で別の人物が「井伊次郎」を名乗るのは考えにくい点を指摘している。また渡邊大門は、「「守安公書記・雑秘説写記」は江戸中期に成立した編纂物で、そのまま史実と認めるにはいかず、ほかの裏付けとなる史料による検証が必要であろう。」と慎重な姿勢をとっている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/井伊直虎

10: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:17:20 ID:ypS
甲斐姫や鶴姫とか
結構いるが超有名ではないな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:18:05 ID:EhA
結構いるんだな
井伊直虎は最近大河かなんかで流行ってるんだっけ

11: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:17:21 ID:4cI
細川ガラシャ 市川経好の妻

12: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:17:58 ID:ypS
>>11
ガラシャは戦士か?ゲームだけじゃね?後者は知らん

14: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:18:15 ID:sNp
英雄って前線で兵を率いて敵を殺した連中だろ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:18:30 ID:wC2
日本では革命家や英雄は讃えられにくい

20: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:20:44 ID:6rD
今や多くのゲームで女体化してるから、歴史に疎いとどれが本当に女なのかわからん

22: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:21:08 ID:PCn
上杉謙信

はいろんぱ!
no title

上杉謙信女性説
上杉謙信女性説(うえすぎけんしんじょせいせつ)は、昭和43年(1968年)に小説家八切止夫が提唱した越後国の戦国大名上杉謙信が実は女性であったのではないかとする仮説である。
上杉謙信にまつわる逸話、伝説(不犯伝説など)、俗説は数多く存在するが、女性説もその俗説のひとつ。
スペインのゴンザレスという人物が、日本についての調査報告書を国王フェリペ2世宛てに送った。トレドの僧院にはその報告書が残されており、その中の「黄金情報」というとじこみに「アイドのウエスゲはそのTIAの開発したサドの純金を沢山もっている」(「会津の上杉はその叔母(tia)が佐渡を開発して得た黄金をたくさん持っている)とあったという。この「叔母」は謙信のことであるとしている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/上杉謙信女性説
23: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:21:52 ID:kKB
日本史に出てくる女って藤原薬子とか日野富子とか
自分で武器持って戦う感じじゃないのが多い気がする

26: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:22:18 ID:kKB
>>23
と思ったけどよく考えたら日本に限らんな

31: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:25:11 ID:ypS
>>26
神話だと結構多いよな
ワルキューレとか

27: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:22:44 ID:MN9
知らないだけで結構いるよな

29: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:23:30 ID:ndz
神功皇后
no title

神功皇后
神功皇后(じんぐうこうごう、成務天皇40年 - 神功皇后69年4月17日)は、仲哀天皇の皇后。『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王で、母は天日矛(あめのひぼこ)裔・葛城高?媛。応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。弟に息長日子王、妹に虚空津比売、豊姫あり。
三韓征伐を指揮した逸話で知られる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/神功皇后

41: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:30:40 ID:IDz
>>29
同意

しかし、ここまで誾千代の名が上がらぬとは

43: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:31:25 ID:ypS
>>41
なんで読むのそれ?

49: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:32:45 ID:IDz
>>43
ぎんちよ
立花道雪の娘、娘しかいなかったから頑張らせた、なお夫婦仲は(ry

35: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:27:15 ID:ypS
戦士ってわけじゃないが坂本龍馬の姉の乙女は
174cm 112kgの本物のゴリラ女だったらしいな
no title

坂本 乙女
坂本 乙女(さかもと おとめ、1832年2月2日(天保3年1月1日) ? 1879年(明治12年)8月31日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけての女性。土佐藩郷士坂本八平と幸の三女。弟に坂本龍馬がいる。
薙刀がうまく、剣術・馬術・弓術・水泳などの武芸や、琴・三味線・舞踊・謡曲・経書・和歌などの文芸にも長けた、文武両道の人物だったという。身長5尺8寸(約174cm)・体重30貫(約112kg)という、大変に大柄な女性であった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/坂本乙女


37: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:28:37 ID:6rD
>>35
名前は乙女なのにな

40: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:30:14 ID:ypS
>>37
当時大男と呼ばれた龍馬の身長は168~175の間と呼ばれてるが
ほぼ変わらねぇ、しかも遺体が残っててきっちり測ったから本当に174らしい

45: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:31:42 ID:6rD
>>40
今はいてもおかしくない身長だけど当時では妖怪と呼ばれても仕方ないレベルだろうな

46: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:32:17 ID:ypS
>>45
平均男性155くらいの時代だぜwww
まあいいもの食ってたからかな?

48: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:32:45 ID:ypS
>>45
追記すると米俵2つを持って歩けてたらしいわ

51: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:33:21 ID:6rD
>>48
鬼女とか陰で呼ばれてそうだな

53: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:35:23 ID:ypS
>>51
wikiから抜粋
・薙刀がうまく、剣術・馬術・弓術・水泳などの武芸や、琴・三味線・舞踊・謡曲・経書・和歌などの文芸にも長けた、文武両道の人物だったという。身長5尺8寸(約174cm)・体重30貫(約112kg)という、大変に大柄な女性であった。

武芸も強いって
これ世が世なら本当に女傑だろ

55: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:36:49 ID:6rD
>>53
男だけど現代でいう室伏みたいだな

36: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:28:17 ID:ndz
巴御前美人説はジャンヌ・ダルク美人説と同じじゃねーの?
有名な女は美人であってほしいという後世の願望
戦国武将が片っ端からイケメン化するようなもん

39: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:29:38 ID:kKB
>>36
便女(びんじょ 身の回りの世話をする女)を聞き間違って美女になったっていう説を聞いたことある

40: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:30:14 ID:ypS
>>36
写真なんかないしね、絵でもたぶん美化されてるし

47: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:32:21 ID:AXy
戦士ではないけど北条政子
てか、アーサー王女じゃなくね?怪しい伝説レベルじゃね?
no title

北条 政子
北条 政子(ほうじょう まさこ、保元2年(1157年) - 嘉禄元年7月11日(1225年8月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。伊豆国の豪族、北条時政の長女。子は頼家、実朝、大姫、三幡。兄弟姉妹には宗時、義時、時房、阿波局、時子など。
周囲の反対を押し切り、伊豆の流人だった頼朝の妻となり、頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると御台所と呼ばれる。夫の死後に落飾して尼御台(あまみだい)と呼ばれた。法名を安養院(あんにょういん)といった。頼朝亡きあと征夷大将軍となった嫡男・頼家、次男・実朝が相次いで暗殺された後は、傀儡将軍として京から招いた幼い藤原頼経の後見となって幕政の実権を握り、世に尼将軍と称された。


https://ja.wikipedia.org/wiki/北条政子

60: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:45:49 ID:U0B
ひ…平塚らいてふ…

歩き巫女は諜報していたという噂はある。
英雄ではないか…

62: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:54:35 ID:ypS
バガボンドの宍戸の娘は創作か
女忍者とかも結構いたんじゃね?

73: 中原 2017/03/04(土)11:08:18 ID:[email protected]
クソ定期
日本にアーサー王やジャンヌダルクみたいな女性の英雄がいない理由って何?

日本にはアーサー王やジャンヌダルクみたいな女英雄っていなくね?

日本史上にアーサー王やジャンヌダルクみたいな女性の偉人が一人も出てこない事実

日本にはアーサー王とかジャンヌダルクみたいな国を代表する女性の英雄がいない
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1484332520/l50

アーサー王とかさジャンヌダルクみたいな女の子の英雄って日本にいんの?

アーサー王やジャンヌダルクみたいな女性の英雄って日本史上一人もいなくね?

英←アーサー王、仏←ジャンヌ・ダルクみたいな国を象徴する女傑が日本にはいない

アーサー王とかジャンヌ・ダルクみたいなヒロインできる女の偉人って日本にいないね?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1476906553/l50

アーサー王とかジャンヌダルクみたいな女性の国民的英雄ってアジアにはいないよね?

日本にはどうしてジャンヌダルクやアーサー王みたいな国を代表する女英雄がいないの?

日本にはエリザベスやビクトリア、アーサー王みたいな有能な女君主がいない

日本にはジャンヌ・ダルクやアーサー王みたいな女の英雄がひとりもいない件

なぜ日本はジャンヌダルクやアーサー王キュリー夫人のような女性の偉人がいないのか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1468456193/l50


52: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)08:34:43 ID:O0g
定期スレに爆釣だあ

66: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)10:05:10 ID:sgQ
そもそもさ、前の同じスレでも書いたんだが女が特に戦場で活躍するのはほぼ無理な話だろ。体力的に男を上回って何人も倒せてたら男の立場も無いわな

67: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)10:10:12 ID:eeb
>>66
あくまで傾向の話だから個体差は当然あるし、
大抵の男より強靭な女も当然おるよ
日本は王朝の黎明期から権力握った女が出てきてるし、
戦場に出る女がいても不思議ではない

69: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)10:15:03 ID:efz
織田信長も女だが

72: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)10:25:49 ID:U0B
まぁ、戦国武将の多くは一度は女性説出るんちゃう?
過去なんて分からんし言って注目集めて当たってたら儲けもん的に。

75: 名無しさん@おーぷん 2017/03/04(土)22:54:51 ID:0iD
平安時代だと ナリムラの妹とかどう?
ナリムラは伝説的逸話ばかり残ってる力士(沼の主の大蛇だか竜神だかを綱引きみたいにして沼から引きずり出したとか、京で暴れる不良学生の集団を一人で叩きのめした)なんだけど、そのナリムラがガチで戦って勝てないといった程の女豪傑だったらしい。
暇つぶしに矢を親指だけですり潰して繊維状にばらしたって話がある。


元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1488582748/