当時先輩はバイト先までは車で通ってた。
家までの道にトンネルがあるんだけど、いつものように
深夜3時位にそのトンネルを通りがかったんだって。
するとトンネルのはじっこを男が歩いてる。
歩行者用の道なんて無いから思いきり車道だし、時間も時間。ちょっと気になって見てた。
進行方向は同じだったから、始めはその人の後ろ姿を見たわけね。
だんだん近付くにつれて、異様な事に気付いた。



時期は冬だし外は寒い。
なのにその人は半そで、短パン。
別にランニングしてるようでもなかった。
一番気になったのが、その人、足が長いんだ。
いやもうモデルとかそんなレベルじゃない。明らかにおかしい長さ。
鬼太郎にでてくる妖怪で、手長、足長、てわかるかな?
あれの足長のほうに似てたって。
(うわー、気味悪いなあ…)
まあ深夜にそんな人見たら誰だって嫌だよな。
先輩はあまり見ないようにしてアクセルを踏み込んだ。
んで、通りすぎた後にチラっとバックミラー見たわけ。
ここからはお約束。

ものすごい勢いで走って追いかけてきてた。

目は今にも飛び出すんじゃないかって思う位ひん剥いて、
狂ったように腕を振ってる。
まあバックミラーでカオが見えるくらいだから、すぐそこまで迫ってたんだろな。
先輩は気が動転して、めちゃめちゃなスピードで飛ばして逃げた。
しばらく走るとどうやら振り切ったっぽい。
家も近くなってきて、だんだん落ち着いてきた。
疲れてたし見間違いだろうと。
次の角を曲がると家、だったんだが、その角を曲がった瞬間信じられないものを見た。

門の前にあの男がいる!
先輩は車だし自分家に帰るには当然最短ルートを通ってる。
その先輩より先に家に着くなんてありえない。
怖くなった先輩は家を通り過ぎて朝までコンビニに居たらしい。
という話。オチも何も無くてすまん。

この話を聞いてしばらくは夜道が怖くて仕方なかった。