177: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:40:32 ID:tOp
私はずっとある村に住んでいるんですが、小学校の頃、一度だけ不可解な
体験をした事があります。

私は友達何人かとで川でザリガニを採っていました。捕まえたザリガニを
決闘させるために一旦岸に上がったのですが、その時、山から出てきた赤
っぽい犬が田んぼを横切ってこっちへ歩いてくるのが見えました。
ヨタヨタとふらつきながら近づいてくるにつれ、私はその犬がケガをして
いることに気が付きました。もともと白い犬だったのが毛皮が血だらけで、
だから遠目に赤っぽく見えたのです。頭や手足、口や目からも血がポタポタ
と滴り落ちて息も荒く苦しそうでした。

そいつは急に私達の方に頭を向け走り出しました。ケガのせいかスピード
は遅いのですが、騒がしく吠え立てることもなく、ひたすらフッフッフッと荒い
息を吐きながらジグザグにこっちに向かってくるのが逆に不気味な感じが
しました。
「おい!山犬がこっちに来るぞ。逃げようぜ!」
友達もあわてて川から出て靴を履いて逃げ出しました。犬は方向を変えて
私達の後を追いかけてきます。近づくにつれ、足が折れて白い骨がはみ出
しているのが分かりました。





179: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:41:07 ID:tOp
「ぉおい!何やっとんだ!逃げぇ!お前ら!」
怒鳴り声がしたので振り返ると、山犬の後ろを走るおじいさんの姿が見え
ました。林業をやってる修さんが、鉈を持って凄い形相です。修さんは私
らのすぐ後ろで犬に追いつくと、鉈を振り回しました。
「お前ら!村で大人呼んでこい!」
犬は、修さんに近くにあった棒きれで滅茶苦茶に叩かれていましたが、吠
えも鳴きもせずに相変わらずフッフッフッと息を吐いてぐるぐる回っています。
よく見ると殴られる前から全身傷だらけだったみたいで、毛皮がいろんな
所で破れて赤い肉と白い骨がはみ出ていました。腹から内蔵だかなんだか
正体不明のものが何本かぶら下がっていて、口は血だらけで開いたまま、
そこから黒っぽい小豆色の舌がブラブラ垂れ下がっています。耳も破れて
取れかかっているし、目は真っ黒で潰れているのかもしれない。そんなボ
ロ切れみたいな状態なのに死んでなくて、声もなく暴れている山犬を見て
いると小便ちびそうなくらい怖くなってきました。

「なにボーっとしてるんだ。早く逃げんかい!血がかかるぞ!」
修さんが鬼のような形相で怒鳴るのを見て、私は村の方へ走って逃げまし
た。友達がゲエゲエ吐きながら少し遅れて走ってきます。

181: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:41:41 ID:tOp
私と友達は村の集会所へ連れて行かれました。窓から外を見ると、村の大
人が犬の所に集まって大騒ぎになっていました。しばらくして煙が上がっ
たと思うと、あたりにも物凄い臭いが漂いはじめました。後で聞いたら、
犬に油をかけて焼いたそうです。私と友達は臭いとさっき見たものの気色
悪さに便所で吐きまくりました。

その日のうちに私達はお寺へ連れて行かされました。坊さんは警察みたい
に犬を見た時間や場所やその時の状況なんかを詳しく聞いてきました。
腕に包帯を巻いた修さんも来ていて、私達の後でお堂の中に呼ばれました。
その後、修さんと一緒にお経を読まされたり、お札を焼いてその煙をかけ
られたりしてから、ようやく帰っていいと言われました。

帰り際、友達が坊さんに「あの犬は何だったんですか?」と聞くと、坊さ
んは「化け物に憑かれたんだ」と言いました。猿を捕まえて、中に入り込
んでしまうそうです。「本当は猿に化けるが、最近は猿が減ったので、犬
に化ける」
とも言っていました。後で修さんに聞くと「ヒサル」だと言っていました。
どんな字かは分かりませんが、たぶん「被猿」じゃないかと思っています

183: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:42:36 ID:tOp
関連する話
村の年寄りから、キヒサル(キヒザル)という話を聞いたことがあります。
聞いただけなので字は分からないですが、話の内容からすると「忌避猿」とな
るのかもしれません。

キヒサルは群れからはぐれた猿を狙って体の中に入り込みます。乗り移られた
猿(以下キヒサル)は獣を殺し、その肉を食うようになります。また、その外
見を利用して猿の群れに近づき、手当たり次第に殺して食べます。その食欲は
尋常ではなく、キヒサルが現れた山では獣の数が一気に減るとまで言われてい
ます。結果、山には獣の死骸がゴロゴロ転がることとなり、それで猟師や杣は
キヒサルの存在に気付くのです。
共食いをするキヒサルを、特に猟師は忌み嫌います。
ただ、トラバサミや柵で捕らえても、キヒサルの本体(ヌシ)は乗り移った体
(グヨリ?)から逃げてしまいます。(そんな時、残されたクヨリは抜け殻の
ように、がらんどうになっているそうです。)また、鉄砲で撃ってもキヒサル
は、なかなか死にません。

184: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:43:05 ID:tOp
だから、キヒサルが現れると、猟師と杣は手分けして山狩りをします。
人と違って、キヒサルは道を通るとは限らず、その一方で火や金物の音を恐れ
るので、松明を持って銅鑼や半鐘、鍋などを叩いて、山裾から山頂へ追いやる
ようにします。キヒサルが近くにいる気配は匂いで分かるそうです。(私が聞
いた話では、キヒサルが近づくとサビのような匂いがするとなっていましたが、
これは金気臭い匂いではないかと推測します。)キヒサルを見つけても、間違
っても触れてはいけません。(ただ、その理由や触るとどうなるかは覚えてま
せん。)山狩りに参加した人は、ひたすら山頂近くに設置した罠のところへキ
ヒサルを追い込みます。
草を刈った平地に追い込んだら、木の上に渡してある油を染みこませた布をキ
ヒサルの上に落として捕らえ、すぐさま焼き殺します。ヌシの姿を直接見ると
目が潰れると言われているので、このような方法を使うのだそうです。

キヒサルの起源は分かりません。もしかしたら、何らかの伝染病(狂犬病みた
いなもの)に対する恐怖がこのような怪物(妖怪?)を創造したのかもしれま
せんが、猿を媒介する伝染病が当時の日本に存在したのかは、私の知識ではな
んとも言えません。

185: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:43:14 ID:fj3
ヒサルキって怖い話あったよなあ
あれと関係は...ないか

187: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:43:49 ID:tOp
>>185
あの話は一連のつながりがあるんやで

190: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:45:01 ID:fj3
>>187
これマジ?どういうかんじのよ

193: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:46:44 ID:tOp
>>190
ひさるもしくはひさるき
同じ名前か似たような名前の妖怪にかんする話しがあちこちにあるんや?
これはひょっとするとほんまにいるんかもな

200: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:49:32 ID:fj3
>>193
確かになぁ
こういうことあるからやめられんのじゃ

188: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:44:17 ID:rnO
田舎系の怖い話好きやわぁ

189: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:44:46 ID:fj3
>>188
ぐうわかる

195: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:47:17 ID:tOp
>>188
独特な怖さがあるよな

191: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:45:31 ID:rnO
コトリバコとか大好き


196: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:47:33 ID:rnO
ワイの地元の有名なやつやと下垂やな

199: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:49:22 ID:tOp
>>196
ワイの地元には深泥池っていう心霊スポットがあるで

201: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:50:18 ID:rnO
>>199
京都か
色々ありそう
禍垂は犬鳴におるらしい

202: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:51:07 ID:tOp
>>201
妖怪の名前なんか?

203: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:51:42 ID:rnO
>>202
妖怪っていうか怨霊らしい
木にぶらさがった上半身だけの怨霊

207: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:55:48 ID:jfU
これも今年の夏の福島なんだけど
天然の炭酸の涌き出る井戸に転落した爺さんが「呼んでる」って言って走り出したの不気味すぎる姪も道連れにしてるし

霊とか出てこない実話ばっかですまん

208: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:56:34 ID:rnO
>>207
いや霊とか出らんほうがワイ的にはツボ

214: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:00:47 ID:jfU
>>208
ほんま?郡山の親戚がこの爺さんの末の娘と職場同じで火葬した時に首の骨の数が異常に多かったらしいで

218: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:01:47 ID:rnO
>>214
8月15日に起きた事件か?
調べたら記事あったが

221: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:03:23 ID:jfU
>>218
それやね福島県金山町の事件や

222: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:04:24 ID:rnO
>>221
「呼んどる」っていうのは探しても出らんやったんやけどニキが実際に聞いた話?

223: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:04:33 ID:jfU
>>222
せやで

209: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:56:56 ID:fj3
しおき場いったことあるやつおる?

210: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:57:24 ID:rnO
>>209
知らんなぁ
どんなんなん?

219: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:01:57 ID:fj3
>>210
関西で最強に怖い(らしい)心霊スポットやと
ワイは怖いからいってないけど

213: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)03:59:09 ID:tOp
京都には山科って町があってな
いわゆる京都の町との間に東山って山に隔てられてんねん
その間には山を通る坂道とトンネルを通る道とかなり遠回りする道しかないんや
でワイは自転車で山科までサイクリングするんやが遠回りは嫌やし坂道もきつい
だからワイはトンネルの道を通りたいねん
ところがトンネルの道だけは小さいころから親がどうしても許してくれへんかった
理由を聞いても要領を得えへん
せやから一度こっそりっ通ったことがあるんや

215: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:01:02 ID:fj3
>>213
ワイの後輩もそこ住んどるんやが

217: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:01:18 ID:tOp
その道は高速の横を走る道でトンネルは車用の大きなトンネルの陰にひっそりと通ってるんや

225: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:05:53 ID:tOp
ワイが通った時は夕方の薄暗い時間やった
山道やからか妙に湿っぽくてないつもどこからかぴちゃぴちゃ水が流れてるんや
そこに至るまでが思ったより過酷よりやったから平らなトンネルの部分は自転車を押して歩いてたんや
そしたらぴちゃぴちゃって音と車の音に交じってかすかに人の歩く音がすんねん
当然ワイの音やない
振り返ってもだれもおらんし前にもだれもおらん

228: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:09:00 ID:tOp
音の出る場所を探したら壁の向こうからやってん
車用のトンネルのほうこうからならともかく山に面したなにも無い場所や
そこを規則正しく歩いとる音がするねん
それが分かってぞっとしてな慌てて自転車に乗って走っていったんや
一応トンネル出た時にその方向をちらっと振り返ったけど人も人がいそうなスペースも無かってん

227: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:07:26 ID:rnO
トンネルって稲荷山トンネルっていうやつか?

230: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:11:32 ID:tOp
>>227
花山トンネルやで
あそこは横に墓場があるわ近くに昔死体を放置してた鳥辺野って場所があるわ
結構ヤバそうな場所なんやが、後々分かったことやけど会談の題材になったりテレビも取材に来るスポットやったで

231: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:12:16 ID:rnO
>>230
うわー
絶対おるやつやな

233: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:14:48 ID:tOp

236: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:16:02 ID:rnO
>>233
古いな
作ってる時も何人か死んでたりするんかな

239: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:17:27 ID:tOp
>>236
おるかもな
なんせ京都市民の間でも怖がられてるスポットやからな

241: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:19:46 ID:tOp
ワイだけ何故かそのスポットが会談のある場所やったって知らんかったんもちょっと怖いわ

255: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:36:22 ID:jfU
>>241
それあるわ
除夜の鐘ならしに中二の時に友達5人と自転車乗って寺に向かったんやけどワイだけ途中でチェーンはずれて先にいってて言うて
途中から一人で向かったんや、それでお寺着いたら真っ暗で砂利の感覚だけがタイヤから伝わって人誰もいないしワイを置いてもう帰ったんやと思って腹立って帰ったんや、明かりのある別れ道まで戻ったら友達戻っててな

「なんで寺にいないんや!」ってワイが怒ったら「は?○○(ワイの名前)が寺から急に居なくなって探しに来たんだろ!」って逆に怒られたんや
どうやらあいつらの中ではずっと一緒にいてワイとガキ使の話もしてたらしい

あいつらはいったい誰と一緒にいたんや未だにわからん、ちな過疎で他に参拝客はおらん

257: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:39:14 ID:fj3
>>255
こわ∋

258: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:39:26 ID:rnO
>>255
不思議な話やなぁ

242: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:23:24 ID:fj3
全然おばけと関係ないけどええか?

245: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:25:36 ID:fj3
ワイこの前兵庫の上の方をバイクで走ってたんや
寒くなってきたし来月には走り納めかもな~って思って行きたかった道を色々行ってみることにしたんや
山だったり峠だったり絶景スポットだったりをぐるぐる回って、気付いたらもう日をまたいどってな

246: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:28:18 ID:fj3
でも夜の道も乙なもんや、て思いながらちょっと自然のあるところ走ってたんや
そこら辺は野性動物もおるし、鹿とか猪なんかとぶつかったらヤバいからちょっと注意して走ってた
ほんなら暫く走って案の定、目の前に影が飛び出てきた
スピードは出てたけど事前に注意してたからしっかりブレーキかけれたんやが

247: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:30:28 ID:fj3
いざ止まって見てみると、飛び出してきたのは鹿でも猪でもなくて人やったんや
驚きながらメット外して声掛けたら
泣きながらワイの顔見て「なんで轢いてくれへんねん!!」て大声で怒鳴り散らしてから走って逃げてった
ワイは非常に怖かった

248: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:30:44 ID:fj3
おしまい
一歩間違えたら滅茶苦茶やったわ

250: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:31:45 ID:AYp
当たり屋じゃなくてガチで死にに来てるのが怖いわ

251: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:32:26 ID:E9H
誰にも青春の甘酸っぱい思い出とかあるよな?
俺もそういうのあって、中学二年の時だ。
移動教室の授業、退屈な時間をどう過ごそうか思案していたら、机の片隅に落書きがあることに気付いた。落書き……いや、メッセージかな。

いわゆる伝言板みたいなもんだ。今時の学生は知らんかもしれないが、同じような経験をした奴ももしかしたらいると思う。青春の何気ない一ページだ。

些細なことだが暇つぶしにはなると思い、俺はその伝言に返信した。

数日後、同じ教室で同じ科目の授業があって、俺は机を確認した。
すると、俺のメッセージに対する返信が書かれていたのだ。

俺はメッセージの書き手が学年のマドンナだったらなぁとか妄想しながら、また返事を書いた。

時を経て、メッセージはどんどん増えていく。

そろそろメルアドでも聞こうかなぁなんて思って机を確認すると、「○○日の放課後、中庭で会いませんか?」のメッセージが。

俺はもう舞い上がっちゃって、うっかり親友にこのことを話しちゃったんだ。

そしたら親友は「もしその通り中庭に行ったら3組のヤンキー軍団が待ち伏せしてて馬鹿にされるぞ。いたずらだ」と忠告してきた。

親友にちょっとムカついたけど、確かにいたずらの可能性もあるよなぁと冷静になってきて、それに俺は放課後は部活があるしなぁと思い行かないことにした。

そうして何日か経って、その日もとうに過ぎた。

いたずらという可能性に気付いてから、俺はなんだかやる気なくなっちゃって、もう伝言板に返信するのはやめようと思った。

そう思って迎えた移動教室の授業。
ふと机を確認にした俺は驚いた。

252: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:32:38 ID:E9H
ねえ、どうして来てくれなかったの?
どうしてどうしてどうしてどうしてどうして
どうしてどうしてどうしてどうしてどうして
どうしてどうしてどうしてどうしてどうして
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す

こんな文字が太く荒くびっしりと書き殴られていたのだ。

俺は思わず声を上げてしまった。
それに気付いた友人が同じく机を見て、同じように驚く。
そうしてクラス中にこの話が知れ渡り、誰がこれを書いたのか調べることになった。

後になって分かったことだが、あの教室で授業を行っていたクラスの中で、あの机の席に座っていたのは俺だけだった。

ただのいたずらだと、俺はそういい聞かせた。
そう、ただのいたずらだ。

でも、今でもあの恐ろしい文字列の記憶はこびりついていて、もし俺があの日中庭に行っていたらどうなっていたのか、そう考えずにはいられないんだ。

全然青春の話じゃなかったな、ごめん。

259: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:41:07 ID:fj3
弾指ってやつおんJのssで見てから読んでみたんやが小便漏れそうになったわ
ああいう肝心の解決法がぼかされてるのは怖くてしゃーない
どうせいっちゅうんじゃ

260: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:41:27 ID:enL
>>259
なんやそれ、初めて聞いた

264: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:50:05 ID:rnO
弾指って般若?

265: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:52:09 ID:fj3

261: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:43:41 ID:LuT
怖いって程ではないちょっと不思議な話
昔、伊勢神宮に旅行に行ったときに泊まった宿の事、そこはかなり古いもので元々は遊郭であったらしい
そこらの前知識はなんもなく普通に古い建物で泊まると楽しいくらいで思ってた。
部屋に行くと自分1人で24畳というクッソ贅沢な状態、ただ棚とかタンスとかは古くて使えない(重要文化財っぽいから怖くて触れないw)
何もなく普通に寝たんだが夢を見た

262: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:43:47 ID:LuT
吹雪いている合掌造りの家が立ち並ぶ村、イメージ的には白川郷のような感じ
特に何もないんだが妙にその情景だけは記憶に今も残ってる
その日は日の出前に起きてしまった、ただ早めに参拝すればいいやと思ってそのまま外に出た。
今でも思う、何かその情景は誰かが見てたものっぽい印象が凄く感じてた
根拠はないがその人は女性な感じがどうしてもする。(化粧台を前日よく見てた影響か?)
後になって、その宿はオーブ?とかいう玉の心霊写真がよく取れると知った。
でも、そこのサイトでも悪い霊ではないと言ってたし自分も不快感はなかった。
もしかしたらそこにいた遊郭の女性の故郷か何かの景色だったのかもしれん。

263: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:47:38 ID:E9H
おとといの夜、外食してスーパーで買い物した帰り、確か10時とかそこらかな。
いつもの道を歩いていて、曲がり角にさしかかり右折したら、右折した角に爺さんが立っていた。

閑静な住宅街、角の家の玄関先に爺さんが立っていた。

白い上着で、下はジャージ。確か髪は白髪で少し猫背気味。
その老いた風貌に対し、目だけは異様にパッチリしていて、ギラギラと怪しい光を放っていた。

そんな爺さんはスーパーのレジ袋をしきりにガサガサと覗きこみ、次にワイをギョロっと凝視する。

ワイはギョッとしたが、すぐ目を逸らして通り過ぎる。明らかにその家の住人やない。

通り過ぎる最中、また爺さんはレジ袋をガサガサと漁る。

数メートル遠ざかって振り向くと、爺さんもワイを見ていた。

なんだか怖くなってワイは足早に家に帰った。

眼光が異様にギラギラしていたのが恐ろしかった。


266: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:56:59 ID:E9H
中学だか高校の時に、うっかり居間で寝てしまって夜中に起きた。

食卓の小さい電球だけ点いていて、仄暗いリビング。

自分の部屋に行こうとしたら、食卓の壁に掛かっている時計の針がもの凄い勢いでグルグルグルグル回っている。

ビビって自分の部屋に逃げた。

なんでも電波時計は時刻を修正する際にグルグル回るらしい。

それを知らなかったワイは戦々恐々だった。

268: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:58:19 ID:UWC
>>266
たしかにあれは知らんとビビる

277: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:08:37 ID:E9H
大学生のとき、夏休みで帰省した。
それで地元の友人とドライブしてたら、夏の夕暮れ、薄暗い道路の脇、ぼんやりとした街灯の下に老婆がぽつんと立ってた。

徘徊老人なのかもしれんが、身動き一つせず、街灯下にじっと立っている。

等間隔で並ぶ街灯、人通りのない田舎の田んぼ道、そこに一人立つ老婆その光景はただただ不気味そのものだった。

282: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:16:59 ID:AYp

俺が小さい頃、住んでた所の近くで事故が起きた。
大人が騒然とする中、まだ小さかった俺は異様に興奮したのを覚えてる。
にこにことはしゃぎ回り、不謹慎の極みだがバカチョンを持って事故現場を取ろうとしにいった程だ。
流石に親に止められたがどうしても取りたくて、翌朝早くに、親が起きる前に家から抜け出した。

283: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:19:39 ID:AYp
わくわくと胸を踊らせ事故があったと思われる踏切に着く。
勿論既に処理などは終わっており、そこにはいつもの風景が広がるだけだった。
かなり落胆した俺だったが、写真を撮るのをやめようとは思わなかった。
なんでもないその風景の写真を、カシャカシャと撮影していった。

284: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:22:30 ID:AYp
途中、異変に気づく。
カメラ越しに見たときだけ、何かが見えるのだ。
ゴミでも張り付いているのかと思ったがそうではない。
明らかに、カメラ越しにその事故現場を見たときだけ視認できる何かがある。

明らかな異変に恐怖を抱きつつも、レンズを覗きこみ続ける。
するとその『見えているもの』の正体が解ってきた。

人間だ。

285: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:23:48 ID:AYp
人間が、カメラ越しに見えるのだ。
確信を持つと同時に、それが段々と輪郭を帯びて視認しやすくなってゆく。

『ソレ』は、

286: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:24:25 ID:AYp
線路の上から
俺を覗き込んでいた。

288: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:27:34 ID:AYp

それ以来、俺はカメラが苦手になった。
レンズを覗くと、『アレ』がまだ見ていそうだからだ。

興味本意で何かに近付くのもやめた。
年にしては不自然なほどモノに興味を示さなくなった俺に親は不安を抱いていたが...

290: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:31:19 ID:AYp
そんな俺だが、この前友人と旅行に行った時に写真を撮ることになった。
少し嫌な感じはしつつも、その時はカメラが苦手な理由すら忘れてた為、渋々ながら撮影を引き受けてしまった。

ずしりと来る一眼レフを持つ。
手に汗がにじむ。
言い様のない不安感を振り払い
そっとレンズを覗き込む。

291: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:33:26 ID:AYp
そこには、カメラを持った俺の姿が大きく映っていた。
理解して、俺はカメラを投げ捨てた。



292: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:39:27 ID:E9H
ワイの実家の近くにはボロ家があって、その家の前には朽ちた軽自動車がある。
そんな家には頭が狂ってしまった婆さんとその娘が住んでた。

キ○ガイ婆さんは割と周辺では有名で、ワイが小さい頃は雨も降っていないのにビニールを頭から被って嫌に響く声で訳の分からない歌を歌い徘徊してたり、独り言の会話をした後急に「ヒャヒャヒャ」と笑い出したり、そんな光景を目にした記憶がある。

まだ小学生の防犯とかは今と比べて緩い時代。婆さんが集団登校する小学生に一人一人人数分、「おはようこんちはおはようこんちは」と訳の分からない挨拶をしたり歌い出したり叫び出しても特に警察が介入したりすることはなかった。

いわばキ○ガイ婆さんとして周辺では暗黙の了解というか、触れないようにしてたんや。

婆さんはそういった行動をしていて何をしでかすか分からない恐怖はあったが、人に直接的な危害を加えることはなかったのでスルーされていた。

対する婆さんの娘は、この人もちょっとおかしい人で、何に気が触れたのか周辺住民の一人をスコップ? で襲う事件を起こした記憶がある。

何故か逮捕されたり警察沙汰にはならなかった。

ワイは婆さんのボロ家の近くに実家があるから、夜中に婆さんの高らかな歌声を何度か聞いていたし、実家の前を婆さんが通る時も歌いながら去っていくので戦々恐々としていた。歌声が近付いて、そして去っていき段々と声が遠ざかるあの記憶。

狂った婆さんとその娘。ワイは幼い時こそネタにして友人たちと笑い合っていたが、成長する度に恐ろしくなっていった。

しかし、時は経ちいつのまに婆さんは消えた。
なんでも施設に入れられたらしいが、誰が入れたのか。

今でも婆さんの娘はひっそりとボロ家に住んでいる。

これマジの話。

293: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:49:22 ID:fnG
no title

294: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:54:57 ID:enL
>>293
ひえええええ

297: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:58:44 ID:tOp
これは私が小学生5年生の頃の話です。
当時、私は山を切り崩して作られた新興住宅地に住んでいました。

塾に通っていまして、AちゃんとBちゃんと一緒に通っていました。が、私たちは塾をさぼって近くの山に入って遊んでいたのです。
山を切り崩して作られた住宅地だったので、すぐそばが山の入り口でした。

山の入り口には立ち入り禁止の看板があるのみで、誰でも簡単に入ることができるようになっていました。
細い道をちょっと進むと広場のようなところがあり、そこで枯れ草や枯れ木、段ボールなどを組み合わせて秘密基地のようなものを作りました。
お菓子や漫画を持ち込んでは、塾に行く時間にそこへ集まって遊んでいたのです

298: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:59:01 ID:tOp
あるとき、さらに少し山の中の道を進んだところにある丘のようなところに登ってみようということになりました。
丘といっても人工的に作られたもので、階段もあり貯水槽が設置してあるだけ。特に何かがありそうには見えませんでした。
当時はデジタルカメラというものはありませんでしたが、Aちゃんが家からインスタントカメラを持ってきていました。
「残り3枚くらいだから使っていいって。」
お母さんの許しを得たというので、私たちはその丘に上り、急斜になっているところの階段を登りました。
階段といっても15段くらいのものです。登り終えると広場の真ん中に貯水槽があり、金網で囲まれて入れないようになっていました。

299: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:59:21 ID:tOp
Aちゃんは記念にと、貯水槽の写真を撮っていました。
何もないのは知っていたのですが、一応広場をぐるっと3人で探索してみました。

広場の端まで行くと、木の影に何かがあったので3人でのぞいてみると、そこには小さな手作りのお墓らしきものがありました。
まだ新しいもののようで、掘り返した土の跡も残っていました。供えられている花もしおれてはいるものの枯れてはおらず、木の枝で作った十字架が、盛られた土の上に刺さしてありました。

私たちが遊んでいる間に誰かがお墓を作りに来ていたかもしれないと思うと、ちょっと気持ちが悪いなぁとは思いました。
ですが遊んでいるときには私たちの他に人影を見たことはなかったので、特に深く考えませんでした。

300: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)05:59:55 ID:tOp
Bちゃんは
「猫か犬のお墓なのかな~」
と言いながらポケットに持っていた飴を花の横において手を合わせていたので、私とAちゃんもなんとなく真似をして手を合わせました。
さすがにそのままそこで遊ぶ気にはなれなくて、丘を降りて秘密基地に戻り、しばらく遊んでからそれぞれ家に帰りました。

その数日後、私たちは塾をさぼっていることが親に見つかり、その秘密基地には行かなくなりました。
仕方なく真面目に塾へ通っていると、Aちゃんが現像した写真を持ってきました。

写真を見るなり、私とBちゃんは
「わあ!心霊写真だ!」
とおもしろがってしまいました。

301: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)06:00:17 ID:tOp
写真には、誰もいるはずもない貯水槽の金網の中に白い人影が2人写っていたのです。

見た感じ、男の人と髪の長い女の人のようでした。下半身は写っておらず白いぼやっとした影で、顔の表情もよくわかりませんでした。
かろうじて目鼻口があるのがわかる程度でした。

それから1ヶ月後くらいに、近所の若い夫婦が心中したという話を聞きました。
その心中事件はローカルニュースでも流れたそうです。
その若い夫婦には2歳くらいの小さな子供もいたそうですが、山中に埋められているのが発見されたそうです。

302: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)06:00:32 ID:tOp
私はなにしろ小学5年生と幼かったこともあり、その事件と自分たちの体験したことを結びつけることはなく、時が流れました。

大人になってから同窓会があり、久しぶりにAちゃんBちゃんと再開しました。
そこで3人で塾をさぼって遊んでいた話になった時、Aちゃんが
「そういえば心中事件があったでしょう?」
と話しはじめました。

303: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)06:00:49 ID:tOp
Aちゃんの話によると、山中に埋められている幼児が発見された山は、私たちが遊んでいたあの山なのだそうです。
お墓がその子のお墓だったのかどうかまでは分かりませんが…心霊写真に写っていた2人の人影も、もしかしたらその夫婦だったのではないかということを話してくれました。
意図せずにその現場にいたのだと思い出してみると怖くて、しばらく夜の寝つきが悪かったです。
心中で亡くなられた家族には、どうか天国で幸せになっていて欲しいです。

235: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:15:16 ID:fj3
トイレの電気つけて、中が明るくなるまでの一瞬に闇が蠢くときがあるんや
不自然な動きで消えるんや
まるで何かがそこにいたかのように
電気を消したら、また暗闇に満たされる
それで寝床に帰るやろ
果たしてその暗い部屋に、自分一人やと言いきれるやろか

237: 名無しさん@おーぷん 19/10/16(水)04:16:46 ID:rnO
>>235
寝れなくなるやめて

元スレ:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571161106/