1: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:31:15 ID:chQ
死んだ人間が化けて出るのが幽霊、元から異形の化け物が妖怪ってなんか漠然とした区分しかないよね?
トイレの花子さんとか皿屋敷のお菊さんは元は人間だけど
全国のいたるところに同じ話が残ってるから幽霊でなく妖怪らしいけど



3: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:32:14 ID:4qh
ユーモアがあるのが妖怪

7: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:36:07 ID:chQ
>>3
ユーモアのない妖怪もおるけど
たしかにだいたいの妖怪は愛嬌あるね

4: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:33:43 ID:chQ
ちな
妖怪談義で柳田國男が語るには
特定の人間に憑くのが幽霊で
出現場所が決まってて不特定多数の人間に出るのが妖怪らしい

柳田國男
柳田 國男は、日本の民俗学者・官僚。東京帝国大学では農政学を学び、農商務省の高等官僚となった後、講演旅行などで東北を中心に地方の実情に触れるうちに次第に民俗的なものへの関心を深めてゆく。また、当時欧米で流行していたスピリチュアリズムの影響を受け、日本でも起こっていた「怪談ブーム」のさなかで当時新進作家だった佐々木喜善と知り合い、岩手県遠野の佐々木を訪問して『遠野物語』を執筆する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/柳田國男

Kunio Yanagita


5: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:34:53 ID:chQ
あと
幽霊が出るのは深夜の丑三つ時で
妖怪が出るのは夕暮れと早朝らしい

6: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:35:50 ID:gWt
最近はシフトバラバラやぞ

10: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:47:09 ID:8zV
>>6
オバケの世界も働き方改革が

9: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:44:28 ID:chQ
ちなゲゲゲの鬼太郎は妖怪ではなく幽霊らしい

12: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:49:44 ID:xrZ
>>9
あれは幽霊族って名前の妖怪やなかったか

15: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:52:27 ID:chQ
>>12
幽霊族の唯一の末裔やって
ググってみたらただの幽霊とは別で人間の前に地上を支配していた種族らしい
なんやこのSFっぽい設定

14: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:50:18 ID:chQ
口裂け女なんかも妖怪とも幽霊ともただの異常な人間とも取れるよね
噂が全国で同時多発的に広まったらしいけど

90: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:22:04 ID:60j
>>14
何かが異常に発達or退化した人の事を妖怪と呼んでたのかもしれんな
まだその頃は医療なんて一般には知れ渡ってないだろうし

見間違いというかね?ツチノコとかもでっけー獲物食べた蛇はそう見えるし

ツチノコ
ツチノコは、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA)のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で“目撃例”があるとされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ツチノコ

Doeti Nozuchi


92: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:29:33 ID:chQ
>>90
ツチノコは江戸時代の和漢三才図会だとふつうに動物として載ってる
鳥山石燕の今昔図画続百鬼だと野槌って妖怪扱いやけど

鳥山石燕
鳥山 石燕は、江戸時代中期の画家、浮世絵師。妖怪画を多く描いたことで知られる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥山石燕

Kappa jap myth


16: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:52:55 ID:w1P
実体があるかどうかじゃない?

19: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:53:53 ID:8zV
>>16
無い妖怪も居るし
遺物を残した幽霊も居るしでこれもまた…

20: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:57:19 ID:chQ
口裂け女はルーツをたどると12月に岐阜県の田舎で始まった噂話が元なんやけど
年明けて1月になるともう全国区になってて休校する学校が出るくらいに社会問題になってるんよね
一説には噂の広まるメカニズムの研究のために意図的に流されたみたいな話もある
あと江戸時代と明治時代にも口裂け女が出てる

22: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:58:46 ID:8zV
ポマードという言葉が時代を感じますな
風流でよろしいですわ

23: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:00:19 ID:chQ
>>22
ポマードポマードって連呼すると口裂け女が嫌がって逃げるんやっけ?
そういう対抗策みたいなのもいっぱいあったよな

24: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:01:20 ID:chQ
あとべっこう飴あげると喜んで襲って来なくなるんやっけな
かわいくていい

32: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:09:23 ID:8A0
透けてんのが幽霊

33: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:10:32 ID:chQ
>>32
わかりやすいけど
透けてないタイプの幽霊もおるやろ
ちな足のない幽霊像を生み出したのは円山応挙らしいな

39: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:16:46 ID:chQ
江戸時代の件(くだん)っていう予言する妖怪はどうやら新聞を妖怪に見立てたものっぽい
当時は遠くの出来事をすぐさま伝える新聞っていう新たなメディアが未来予知してるように見えたんだとか
名前もそのまま件やし


件(くだん)は、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪。「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/件

Mt Kurahashi Kudan


45: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:24:08 ID:8A0
クダンといえば牛女の話の方が何か話の断片っぷりがリアル感あって不気味でいい


46: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:26:44 ID:chQ
>>45
牛女って小川未明やっけ?
そういや牛の首っていう1番怖いって言われながら内容が不明な怪談があるよな
牛の首は怖すぎて世に出せないみたいな小松左京も言ってたらしい

牛の首
牛の首(うしのくび)は、古くから伝わる都市伝説の一つである。「『牛の首』というとても恐ろしい怪談があり、これを聞いた者は恐怖のあまり身震いが止まらず、三日と経たずに死んでしまう。怪談の作者は、多くの死者が出たことを悔い、これを供養するため仏門に入り、人に乞われても二度とこの話をすることは無く、世を去った。この怪談を知るものはみな死んでしまい、今に伝わるのは『牛の首』と言う題名と、それが無類の恐ろしい話であった、ということのみである」というもの。

「牛の首」という怪談自体は存在しない。しかしその形骸が「今まで聞いたこともない怖い話」として語り継がれることがこの話の特徴である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/牛の首


48: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:29:54 ID:chQ
怪談って詳しくない方がおっかないんよね
曖昧な部分だったり改変されてたりして原型とどめてないのが不安になるっていうか
だからネットの怪談はすぐ元ネタたどれるからあんま怖くないのかも

54: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:40:36 ID:8zV
子泣きジジィと砂掛けババァは
それタダのボケ老人ちゃうんかと昔から

59: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:48:07 ID:chQ
>>54
なんか赤ん坊みたいな声で泣くジジイが徳島におったらしい
それで子どもが泣くとそのジジイが来るよって脅したのが子泣き爺の由来みたいな

58: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:46:28 ID:5cS
妖怪は生物で繁殖できるという謎の定義を持ってるワイ

60: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:49:19 ID:chQ
>>58
妖怪が未知の生物っていうパターンもありそうやね
ツチノコみたいな
天狗や河童はUMAっぽいし

62: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:50:07 ID:4SZ
no title


仙台四郎も今だったらガイジとよばれて片付けられてたんやろなあ

仙台四郎
仙台 四郎は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した人物の「人神」としての名称。知的障害があり会話能力は低かったが、明治期に「四郎自身が選んで訪れる店は繁盛する」との迷信が南東北のマスメディアを巻き込んで流布し、売上増を企図する店舗等が四郎の気を引こうと厚遇した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/仙台四郎


64: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:01:25 ID:chQ
>>62
昔は知的障害者は福の神扱いだったらしいな
神様に近い存在だから

67: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:03:19 ID:60j
>>64
どうやったらそんな考えになるんやろね単純に
不思議だわ

78: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:08:49 ID:chQ
>>67
昔って今よりずっと子どもが死ぬことが多かったから5歳までは神様のもの扱いだった
だから七五三って7歳まで生きました5歳まで生きましたって神様に報告する行事なんよね
それでずっと子供のまま成長しないから神様に近いって思われてたんやと思う

88: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:17:46 ID:60j
>>78
あーなんかすげー納得した

74: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:07:58 ID:mCs
いや簡単やろ
元は人間やったのが幽霊で
そうでないのが妖怪や

81: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:11:38 ID:chQ
>>74
元人間の妖怪もふつうにおる
鉄鼠だって頼豪鼠っていって元は頼豪っていう僧侶やし

鉄鼠
鉄鼠は、平安時代の僧頼豪の怨霊とネズミにまつわる日本の妖怪。「鉄鼠」の名は江戸時代の妖怪画集『画図百鬼夜行』において作者鳥山石燕がつけた名であり、『平家物語』の読み本『延慶本』では頼豪の名をとって頼豪鼠(らいごうねずみ)、妖怪を主題とした江戸時代の狂歌絵本『狂歌百物語』では由来である滋賀県大津市の三井寺(園城寺)の名をとって三井寺鼠(みいでらねずみ)ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄鼠

SekienTesso


84: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:14:59 ID:mCs
考えてみたら口裂け女も元は人間っぽいのに妖怪とされとるな
まあ一度死を迎えて変化したわけやないからかな

86: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:17:22 ID:mCs
もうさ、幽霊っぽいのが幽霊、妖怪っぽいのが妖怪で
終わりでいいんじゃない?

91: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:25:30 ID:01O
妖怪って得体の知れないものじゃ無かったっけ

96: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:32:05 ID:chQ
>>91
得体の知れないものを説明するために妖怪ってものが生まれたんやろけど
江戸時代になると妖怪ブームが起こって一気にキャラクター化していくんよね

97: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:35:20 ID:chQ
豆腐小僧っていう子どもが豆腐持ってるだけの妖怪が江戸時代にクッソ人気だったけど
それは元は豆腐屋の宣伝のために作ったキャラクターだったって説もあるくらい

豆腐小僧
豆腐小僧は日本の妖怪の一つで、盆に乗せた豆腐を手に持つ子供の姿の妖怪。

https://ja.wikipedia.org/wiki/豆腐小僧

MasayoshiTofu-Kozo


98: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:36:58 ID:60j
祖父母とかから怖い話とか聞くと面白いで
その土地だったりでしか聞いたことないような話とかもある
口裂け女とはちょっと違うけど火傷ババアとかだったわ

106: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:45:10 ID:chQ
>>98
そういう直接語る怖い話ってええよな
ワイの婆ちゃんは戦争に行ったはずの一番上の兄がふと帰ってきたかなって気がしたら
その日に戦死したのがあとからわかったって話を親戚集まると何度もしてたわ

121: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:08:01 ID:8zV
そういや道真公とか怨霊を祭って神様にしてまうのがあるけど
こういう場合は幽霊という感じはないな
怪異の類を明確に分類するのは不可能な話なんやないやろか

菅原道真
日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて、寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇りつめた。しかし、左大臣・藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され現地で没した。死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/菅原道真


122: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:13:36 ID:chQ
>>121
御霊信仰やな
崇徳上皇とか将門公とか非業の死を遂げた人物は災いをなすから御霊として沈めるんよね
妖怪や幽霊よりも上位存在な気がするわ
たしかに区分はあくまでザックリなんやろね

136: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:46:54 ID:8zV
元となる怪異現象があって
そこにキャラ付けしたのが妖怪というのもあるな

138: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:49:54 ID:chQ
>>136
せやね
あずきをとぐような音がどこからか聞こえてくる→あれは妖怪小豆洗いの仕業だ
みたいな

小豆洗い
小豆洗いまたは小豆とぎは、ショキショキと音をたてて川で小豆を洗うといわれる日本の妖怪。

https://ja.wikipedia.org/wiki/小豆洗い

ShunsenAzukiarai


137: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:47:11 ID:Hso
目的がないのが幽霊
目的があるのが妖怪

なんかようかい?ってね



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット