26: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/21 16:58
新聞配達のバイトをしてた時の体験談です。
当時、私が配達を受け持っていた区域に古いアパートが建っていたんですが、そこの2階の一番奥にちょっと気味の悪い部屋がありました。

毎朝4時半頃に、朝刊をドアの新聞受けに突っ込むんですが、階段を降りる前に、必ず「カタン」と音がして、振り返ると新聞がなくなっているんです。
最初は「早起きの人が居るんだなぁ」なんて思っていたのですが、それが毎日続くので、ちょっと気味が悪くなってきました。
新聞を入れた後、試しにドアの前でちょっと待ってみたのですが何も起きません。
あきらめて階段の方へ向かうと、背後で「カタン」と音と共に新聞が引き込まれました。
古いアパートなのでドアに覗き穴も無く、これはたぶん足音なんだと考えました。
そのアパートは階段も通路も金属製なので、足音がカンカンと響きます。
その音でタイミングを計っているのだろうな、と。

それである朝、2階に上がる時に靴を脱ぎ足音を忍ばせて配達してみました。
新聞を入れる時も、音を立てないように細心の注意を払って。
その甲斐あってか、階段を降りる時も新聞が引き込まれることはありませんでした。
何となく駆け引きに勝ったようないい気分でアパートを後にしました。

次の日の配達では、靴を脱がずに普通に足音を響かせて階段を上がりました。
奥の部屋の前に来た時、足裏でジャリッと音がしました。
靴底ごしに小石のような感触。
足下を見ると、粉々に砕けた牛乳ビンの破片があたり一面に散らばっています。

頭からス─と血の気が引いた瞬間、「カタン」と軽い音が聞こえました。
視線を上げると、新聞受の隙間から白い手がヒラヒラと手招きしていました。



332: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/23 20:56
消えてしまった幻の前スレ(?)の最後の話が結構良かったのでコピぺしますね。
ある心霊番組の制作をやった時のこと。
同じチームにDさんって先輩がいた。

ある日、視聴者から番組あてに送られてきた心霊写真を数人でチェックしていた。
その途中で回ってきた一枚の写真。
夜の路上、数人でガードレールにもたれて笑い合うその後ろ、あり得ない場所に男の姿。
30~40歳位のアゴのたるんだ中年男。
そこまで分かるくらい鮮明に写っている。

「二重写しなんじゃねーの」
「ありがちだよね。パンチ不足」
確かにガイシュツっぽい印象だったし、一目見て怖いって思うような心霊写真じゃなかった。

「どれ・・・」
Dさんもその写真を手にとり、じっと睨み付けた。
「どうしたのDさん。それ使えそう?」
私の問いに、Dさんは写真を見つめたまま答えない。
心なしか顔色が変わっている。

「・・・これ送ってきたの誰?」
スタッフの一人が封書の名前と住所を読み上げ、それを聞いたDさんは眉をひそめた。
「何?知ってる人?」
「いや、初耳だよ。送ってきた人に心当たりはない。だけど・・・」
Dさんは写真に写っている痩せ型の男の顔を指差してこう言った。

「こいつに見覚えがあるんだ。間違いない」
「それって知り合いの人の霊ってことなの?」
「そうじゃない。顔見知りの霊・・ってチョット違うか。いや、妙な話なんだけど─」

333: 小ピぺ2 03/05/23 20:57
事の起こりは、Dさんがこの仕事を始めた頃、ある番組に送られてきた心霊写真だった。
冴えない中年男の顔が、子供の足下の地面からヌゥッと突き出ている。
クッキリと写ってはいるが、アングルがあり得ない上に顔のサイズも大きすぎる。
Dさんはその写真をモニター越しに見たのだが、その時は特に強い印象は受けなかった。

2度目の出会いは自身が制作に携わった番組のスタジオ収録でのこと。
酒蔵の中で撮影された女性の背後、パイプの隙間の暗闇にボンヤリと浮かぶ青白い影。
ズームされた瞬間、そこにあの男の顔を見たDさんは、思わず声を上げてしまった。

そして今回送られてきた写真。
またもや、忘れようもないあの顔がハッキリと写っている。
「─というわけで、コイツの顔を拝むのはもう3回目なんだ。そう言う意味では顔見知りって言えないこともないわな」
3枚の写真は、送り主もロケーションも撮影日もバラバラで、互いに何の接点もない。

ただ、その場に居るはずのない、ある男が写りこんでいる点だけが共通している。
そんな写真が3回もDさんの目に触れた。
これは偶然なのだろうか?
「やっぱ偶然・・・ですかね」
「さぁな。ただ、世の中に心霊写真がどれだけあるのか知らないけど、俺はこんな心霊写真を他に見たことがないし、そんな写真があるって話を聞いたこともない」
Dさんは、何か文句があるなら言ってみろ、というような顔つきで私を睨んだ。

335: 小ピぺ3 03/05/23 20:58
「・・で、何かあったんですか?」
「何が?」
「だから・・よくあるじゃないですか、霊障だとか何とか」
「どうかなぁ。身体はどこも具合悪くないし、特に不幸事もないしなぁ」
「じゃあ、その男がDさんの写真に写ってたとかはない?」
「うーん、覚えはないなぁ。オレ写真写り悪いから嫌いなんだよ、撮られるの」
「写す側にしてもそそられませんよ。40過ぎのむさい野郎なんて」
「悪かったな・・・つーか、この年で独身ってのはコイツの祟りなのか?オイ・・」
後は、いつものようにDさんの愚痴を聞くハメになった。

それからしばらくして、Dさんに女の子を紹介する事になった。
とりあえず写真を見たい、という先方の要望を伝えると、Dさんは写真の束を私に押しつけ、「適当に選んどいてくれ」とロケに行ってしまった。
しかたなく、私はDさんの「適当な」写真を選ぶという不毛な作業を始めた。
写真を撮られるのが嫌いと言うだけあって、スナップ写真ですら数が少ない。
パラパラと写真を繰っていると、後ろからポンポンと肩を叩かれた。

振り返ると、番組の女性スタッフが坊さんを一人連れて立っていた。
「今良いかな?この人、○○寺の住職さん」
「あーハイハイ」
「今度番組に出てもらうんで打合せに来てもらったんだ。ちょと部屋借りれる?」
「ちょっと待って下さい・・・」
席を立とうとして、坊さんの視線がDさんの写真に向いているのに気づいた。

336: 小ピぺ4 03/05/23 20:59
「この人・・・」
「ああ、番組のスタッフですよ。今はちょっと出てるんですけど」
ちょっといいですか、と断ってから、坊さんは写真の束を取り上げた。
「おかしな写真ですね。この人、大丈夫なんですか?」
眉間にしわを寄せて、そんな事を言う。

「どういう事ですか?」
「この人、写真の顔と実際の顔が違う感じがしませんか?・・ホラ、これもだ」

坊さんはDさんの写真を次々と机に並べる。
言われてみればそんな気もしてきた。
「そうですね。そう言えば、本人も写真写りが悪いって気にしてましたよ」
「そんなレベルじゃないでしょう。例えばこれ、別人の顔でしょう?」
そう言って、坊さんはDさんのアゴのあたりを指差した。

だらしなくたるんだアゴ。
「あれ?Dさんってどっちかっていうと痩せてる方ですよね?」
女性スタッフが頓狂な声を上げた。
確かに、実際に見るDさんの顔はもっとシャープな印象だ。
少なくとも、こんなにアゴがたるんでいるようには見えない。

「何なんですか、これ?」
「顔の下半分が別人と重なってるんです。ほら、この写真は鼻から下ですね。」
坊さんは手の平で顔の下半分を隠した。

すると、実際のDさんの印象にグッと近づく。
「・・・で、これは目から上」別の写真の、今度は顔の下半分を覆う。

「本当だ・・・こっちのほうがしっくりきますね」

337: 小ピぺ5 03/05/23 21:00
そこで、私はあることを思いついた。
2枚の写真のカラーコピーを取り、それぞれの顔の上半分と下半分を切り抜いた。それをつなげてみる・・・

すると、例の中年男の顔が現れた。
背筋が急に寒くなる。
「・・・これって生きている人の仕業ですか?」
「違います。霊ですね。死霊です。ここまで綺麗に重なっているのは記憶にありませんが」
坊さんはあっさりとそう言った。

「たまにあるんですよ、こういう現象って。写真写りが悪い時なんかは要注意です」
「要注意って・・・霊障とか、そーいうのはあるんですか」
「さあ分かりません。ケースバイケースでしょう。ただ、こうなってしまうと─」

そこで一呼吸置き、Dさんの写真を指差した。
「─何にせよ、もう手遅れです」
夜になって帰ってきたDさんには、坊さんとのやりとりは何も話さなかった。
その後、Dさんの仕事振りに変わりはない。
ただ、紹介した女の子には見事に振られたようだ。

556: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/24 03:34
病院の3人部屋に3人のおばあちゃんが入院していた。
その病室はベットが一列に並んでいて、一番奥に窓がある。
入院暦の長い者が奥から順にベットを使用。
自由に動く事もままならない老人の長い病院生活で変化や楽しみは乏しく、外の景色を見ることは皆無に近かった。

そこで唯一の楽しみは窓から外の景色を眺める事。
だが動く事も困難な為、その窓から外を眺められるのは一番奥のベットのおばあちゃんのみ。
しかもカーテンに頭を入れて他の二人には見えないように外をを眺めながら、「わぁかわいい子犬が通ったよ」「アイスクリーム屋が売りに来てる、おいしそうだ、食べたいなぁ。」など窓の外を眺められない二人に自慢気に独り言をいい続けた。

557: 556 03/05/24 03:34
残りの2人のおばあちゃんは窓の外が見たくてたまらない気持ちが増していった。
なんとか二人はカーテンを開けてくれるよう、看護婦にも頼んだが、窓際のおばあちゃんが看護婦の前では「太陽の光がまぶしすぎる!」といいはり、看護婦は一番入院暦の長いそのおばあちゃんの言う事を優先し、残りの二人が言うことは、全て無視した。
そんなある日、窓際のおばあちゃんは病状悪化で亡くなった。

次の日に、奥から2番目のベットを使用していたおばあちゃんが窓側ベットへ移動。
すると、2番目のベットへ移動したおばあちゃんに「わぁほんとだ窓の外には色んな人や花や建物があふれてるなぁ。」と聞こえよがし。
もちろんカーテンを全開にはしてくれない。

558: 556 03/05/24 03:36
2番目のベットのおばあちゃんはもう見たくてたまらない。
だが、今窓際にいる人は時々心臓発作を起しはするが、年もそう変わらず中々死にそうにも無い。
ともすれば、寿命が来て一生外を眺めれないまま自分が先に死んでしまいそうだ。
そんなことは耐えられない。
そこで、考え付いたのがこの人は心臓発作を時々起こしている。
先日も発作を起こし、私がナースコールをしてあげ、彼女はいつも枕もとに置いている薬を自力で飲み助かった。
今度発作が起こったとき彼女の枕もとの薬を払いのける事に成功できれば。。。

559: 556 03/05/24 03:38
そしてその日がきた。
窓際の彼女が発作で苦しみだしてるすきに、私は懸命に腕を伸ばし彼女の枕もとから薬を払いのけた。
そしてナースコールをおしてあげた。
駆けつけた看護婦は落ちている薬を発作を起している彼女がもがいて飲もうとしたときに誤って落としたと解釈してくれた。

彼女は治療むなしく死亡。
翌日待ちに待った窓際のベットに移動。
看護婦が手伝ってくれて背を起し、いよいよカーテンを開いてもらった。

そこには隣のビルの壁が一面に広がっていた。

長文、既出でしたらすいません。

561: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/24 03:46
どっちかっつーと後味の悪い話やね

562: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/24 04:07
>>556-559
面白かった!

92: 1/3 03/05/22 01:21
高校時代、仲間6人で海水浴に行き、海岸沿いの民宿に泊まった時の話です。
そこはシーズン中だけ民宿を営んでいるような、見た目は全く普通の民家でした。
期間は2泊3日、カップル2組と男2人で、男女の人数は合いませんが、いわゆる仲良しメンバーでした。

ちなみに私は男2人の方の1人です。
1日目は朝から晩まで遊び、疲れもあってすぐに寝てしまいました。
2日目も朝から海に出たのですが、2人が前日から日焼けし過ぎてダウンしてしまい、午後の早い時間から宿で休むことになりました。

トランプをしたり昼寝をしたり、散歩がてら買い出しに行ったり、それはそれでくつろいだ楽しい時間を過ごしました。
夜になり、入浴と夕食の後、前日できなかった宴会(?)をすることになりました。
(未成年でしたが、みんな普通に飲みますよね)

大騒ぎの楽しい時間を過ごしましたが、他の客もいるからと、宿の主人に注意され、その後はまったり飲んでいました。
1人2人と寝ていき、全員が寝たのはそう遅くなかったと思います。

93: 2/3 03/05/22 01:21
時計は見ませんでしたが、夜中だったと思います。
トイレに行きたくなり目が覚めました。
疲れと酔いで重いまぶたを無理に開け、部屋を出てすぐ左にあるトイレに向かいました。

眠気が優先して、特別怖さは感じません。
普通の家庭用の洋式トイレで、入り口のドアには四角い小さな曇りガラスがはめ込まれています。
ドアを開けると正面が便器で、つまり後ろがドアになります。
鍵を閉め、便座を上げ、用を足します。
酒を飲んでいただけに長いです。

そして、水を流した、その瞬間です。
ガタガタガタガタ……!!

ドアが揺れました。
とっさにドアを見ると、そこには、巨大な目が覗いていたのです。

覗いていると言うより、押しつけているような、曇りガラスなのにくっきりと、白目がやけに白すぎる、ガラスいっぱいの巨大な片目がこちらを見ていました。
(後で思ったのですが、まぶたもあったので巨大な顔だったのかもしれません)

94: 3/3 03/05/22 01:22
ショックで息ができなくなった事まで覚えています。
気がつくと朝でした。
トイレの鍵はかかったまま、私も当然倒れたままでした。

思い出して再び恐怖に襲われつつ、急いで部屋に戻りました。
早朝と呼ぶには遅く、それでも朝食前の時間でした。
ふるえる肩を自分で押さえつつ、一番仲のよかった友達を起こし、とにかく気分を落ち着かせ、事情を話しました。

酒のせいだと言われ信じてもらえませんでしたが、その時は1人じゃないだけで助かりました。
朝食を取り体が温まるとだいぶ落ち着き、自分でも酒のせいだと思えるようになってきました。
もともと霊など見たことなかったし、何より早く忘れたかったのです。
3日目の午前中も海で遊び、帰途につきました。

その後は何も見ることはありませんが、曇りガラスは今でも苦手です。
また何時、あの生気のない、巨大な目が現れるかと思うと……



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット