115: (1/2) 03/06/27 07:53
ガキの頃、近所の友達だかそうでないんだかよくわからん奴が突然家族ごといなくなった。
引越しだとは思うんだけど、引越ししてる様子は全く見かけなかったんで、ホント「突然いなくなった」って感じだった。

んで数週間後、ガキ特有の廃墟好きだった俺は友達と2人で残された家に進入を試みた。
玄関は鍵がかかってて開かなかった。
しかしリビング横の大窓は普通に開いてしまった。
そして誰も見てないことを確認して進入。
入ってすぐのリビングは普通に引越し後って感じで家具がなく所々にゴミやオモチャの残骸が落ちている程度。

しかし・・・部屋の隅には異様なものがあった。
白骨化した猫の死体。
友達はかなりビビってたけど、俺はさほど驚きもしなかった。



116: (2/2) 03/06/27 07:54
とりあえず探索を続行し1階には他に何もないことを確認。
その後2階へ。
2階は子供部屋のような部屋があるだけだった。
んで、そこで俺達はものすごいものを見てしまった。
壁にくっきり残る「幼児サイズの赤い手形」
あまり鮮明には覚えてないけど血液が垂れたような痕跡もあってやっぱり血の手形にしか見えなかった。

そして、そのあまりの光景に後ずさりした俺達の目に入ったのは、開いた押入れの仕切りの上にポツンと置かれ俺達を見つめる人形。
(どんな人形だったかは忘れました)
もう友達と一緒にダッシュで近くの公園まで逃亡・・・

翌日、学校の友達にそのことを話したところやはり信じてもらえず、「今度みんなで見に行こう」ということになった。
しかし数日後、急にその家の取り壊しが始まってしまい、結局2度目の探索はできなかった。
あの血の手形は何だったのか、今も謎のままです。

219: 思い出 1 03/06/28 11:15
俺が小学校の時は、まあここでいうDQNみたいなもんで、思い出せば恥ずかしい事ばかりしていた。
そんな消防の夏のとき、俺が部屋でくつろいで買ったばかりのマンガを見ていると、ふと気付いた事があったんだ。
押し入れの上の方に、小さな扉があったのだ。
好奇心旺盛だった俺は、読みかけのマンガをほっぽいてその扉に近付いた。
扉を上の方に軽く押すと、キイという音を立てて扉は開いた。
開く事を認識して、小さい椅子を持って来て扉から中が覗ける様にした。

椅子に昇り、扉を開け中を見ると、普通に立っていられそうなくらいのスペースがあった。
中は真っ暗。
こんな凄いものを見つけた俺は、友達に見せて自慢してやろうと思った。

次の日、友達のげんちー(あだ名)を呼んで、俺はまたあの扉を開けた。
げんちーの家はお寺さんだった。
「な、すげえだろ!?」
「よっちゃん(俺のあだ名)すげえ!で、ここ入れるの?」
「知らん」
「じゃあ俺懐中電灯もってくるから、すこし待ってろ」
「うん」

220: 思い出 2 03/06/28 11:17
数10分してげんちーは懐中電灯を2つ持って戻って来た。
早速、また扉を開けて中を覗く。
初めてその空間に光が入った。
中は、ネズミも埃も無かった。
心臓が好奇心でばくばくした。

「なんかあったか?」
げんちーが聞く。
「いや、何もない。入れるみたいだぞ」
そう言いながら俺はその部屋に入ってみた。
床はベニヤとかそういうので出来てると思ったけど、案外しっかりとしていた。

「大丈夫、入れる」
俺のその言葉を聞きげんちーは入って来た。
中をしばらく歩き回ってみたが、何も無い。
しかし、床も天井も壁も、ぜんぶ真っ黒い色で塗りつぶされていた。

今思うとここが不自然なんだ。
押し入れの上の空間なのだから、上がたとえ広くても幅は狭いはずだ。
なのに、俺達は随分広い空間をうろうろしていた気がする。
歩いていても何も無いのに飽きた俺とげんちーは、そろそろ降りようかと言う話になった。
と、その時げんちーがふいに転んだ。

221: 思い出 3 03/06/28 11:18
「いてて…」
「大丈夫か?」
「あ、うん………!?」
にこやかな顔で返事をしていたげんちーの顔がみるみるうちに真っ青になった。
なにかとんでもないものを見てしまったのかの様に。

「よっちゃん!早くここ出るぞ!!」
「どうしたんだよ。そんな急ぐ事も…」
「この黒いやつ、ぜんぶお経なんだよ!!」
おれはそれを聞いて途端にぞおっとした。
前にも書いたがげんちーの家はお寺さんで、げんちーはお父さんに遊び半分でお経を読む練習をさせてもらっていたのだ。
それで、多少のお経は読める。
そのげんちーが読めるお経が、この部屋の壁天井床いっぱいに書れていたのだ。

「早く!出るぞ!!」
げんちーの声で俺は我に帰った。
今いる場所から扉までわずかちょっとの距離だったが、俺達は全速力で走った。
ただもう、この黒い部屋から出たかった。
扉を押し、椅子の上に降りて押し入れから大急ぎで出て、びしゃっと押し入れの戸を閉めた。
少ししか走っていないのに、息があがっていた。

「なんなんだよお、あれ……」
「父ちゃんに聞いてみよ、なにか、分かるかもしれん」
俺とげんちーは大急ぎで、げんちーのお父さんのお寺へと向かった。

222: 思い出 4 03/06/28 11:19
「おとうさあん!!」
名前を呼びげんちーのお父さんが出てくるなり、お父さんは「なにやってたんだお前ら!?」といきなり怒られて、腕をぐいぐい引っ張られお寺の奥の部屋と連れられた。
それから俺とげんちーは、服を脱がされ、背中に何か書かれて、冷たーい水を頭からかけられて、首に数珠みたいなものを掛けられ、半日の間お経を唱えられた。
その間、何度も水を掛けられた。

儀式みたいなのが終わって、俺とげんちーはげんちーのお父さんに強い剣幕でこう言われた。
「いいか、今日の事は忘れろ。思い出してもすぐに忘れるんだ」
真剣な顔でそういわれ、俺とげんちーはこくこくとうなずいた。
それから俺の母さんが迎えに来て、俺の事を涙ながらに抱きしめた。
おばあちゃんはただ、「よかったよかった」と涙を流すばかり。
げんちーは自分の家に帰った。

あれがあってから、近所の大人の人に俺はどうやらさけられている様に感じた。
げんちーも同じく、さけられているようだった。
忘れろと言われた為、また聞けばなにか起こるかもしれず、誰にも何も聞く訳にも行かず、何年もたった。
げんちーとは今でも遊んだりする。
でもあのことは絶対に口にはしない。
お互い、分かっているのだ。
この間、家に帰る機会がったのであの押し入れを覗いてみた。
扉はあったものの、木と釘でめためたに打ち付けられてあった。
もう入る度胸は無い。
END

373: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/30 23:07
札幌で老舗の葬儀屋Aの4代目のNさんの話し・・・。
葬儀屋Aは老舗の葬儀屋さんで、札幌市とある契約をしています。
それは、顔が潰れて身元の解らない遺体が出たときに回収して、腐乱がヒドイ場合は札幌市の依頼で火葬を先に済ませるという契約です。
市の事業なので金には成らないが先代からの言い伝えで半ボランティアで続いてきた契約らしいのです・・・・。

ある日、札幌市から電話が鳴ってNさんの所に電話が鳴りました。
「仏さん腐って来たから焼いてくれ」
Nさんは、病院へ遺体を取りに行きました。
案の定、豊平峡ダムでの飛び降り自殺で、高いダムなどから飛び降りると人間は頭から落下するらしくて、頭頂部の皿を除いて全てが潰れてて皿が脊髄神経だけで繋がった状態の、遺体だったしうです。
ただ体は割と痛んでなくて20代の女性の物だったそうです。
Nさんは火葬場まで1人で遺体を運び、火葬を済ませてから骨を警察に預けて、いつものように取引先の葬具屋にむかいました。
喪具屋に到着すると、そこの女将さんが
「あんた!!なにつれてきたの!!こっちきて正座しなさい」

縁と言うのは怖い物で、この女将さんは社長と結婚するまでは除霊の仕事をしていたのです。
導かれる様に結婚したらしいのですが・・・。

374: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/30 23:09
で、「正座して拝みなさい!!」
「あんたなんみょうさんか?」
「なむあみだぶつか?」
Nさんは正座しながら半分ワケもわからずに祈ったそうです。

女将さんは鈴の付いた斧みたいな物を頭の前にかざして、祈祷を始め出して5分後に・・・・・。
バタッツ!!っと倒れて、「だめだ・・・。休憩する」で休憩5分。
休憩後再開すると・・・・。
Nさんの拝む自分の手を摩る感触があるのです。

あれ?おかしいぞ、鈴の音は遠くから聞こえるのに手には感触がある・・・・・。
Nさんはそ―っと薄目を開けて見たら、誰もいないのに手を摩られてるじゃないですか。
「ちょっとー!!さすってる、さすってるー!!」
Nさんは絶叫。祈祷師の女将さんは5メートル先で祈ってたそうです。
そうこうしてる内に摩る感触がパッ!!っと離れました。

その直後に、女将さんが「もういいよ、ソコに寝てるから」と・・・・・。
女将さん「こんな若い女のオバケどこから連れてきたんだ?!」
Nさん「あーさっきダム自殺の(以降略)」
Nさん「いやあ、手摩られたときはサスガにビビリましたよ。」
女将さん「え?!」
いかにも動揺している顔。
Nさん「なに?ナニかあるの?なに?」
女将さん「なんでも無いよ、気にしなくていいよ」
Nさん「なにさ、教えてよ」
女将さん「違うんだよさ摩ってたワケじゃないんだよ・・・。実は」
女将さん「あんたの目の前で鬼のような形相の女が取り憑こうとして拝むその手を引き離そうと必死だったんだよ・・・・。」
「拝むなって・・・・・・。」

サスガのNさんも氷付きました。
今まで一番怖かった体験だったそうです。

376: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/01 00:20
怖かった

元スレ:https://bubble.5ch.net/test/read.cgi/occult/1056554085/