1: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:00:49.04 ID:thG99fcg0
|A-) 出遅れすぎた…

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1584972049/





7: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:11:59.14 ID:thG99fcg0
魚男

ああ、夏が終わる前にすべての話を書いてしまいたい。
もう書かないといった気がするが、そうして終わりたい。
俺色々ヤバイことしたし、ヤバイ所にも行ったんだけど幸い、とり憑かれるなんてことはなかった。
一度だけ除けば。

大学1年の秋ごろ、サークルの仲間とこっくりさんをやった。
俺の下宿で。それも本格的なやつ。
俺にはサークルの先輩でオカルト道の師匠がいたのだが、彼が知っていたやり方で、半紙に墨であいうえおを書くんだけど、その墨に参加者のツバをまぜる。
あと、鳥居のそばに置く酒も2日前から縄を張って清めたやつ。
いつもは軽い気持ちでやるんだけど、師匠が入るだけで雰囲気が違ってみんな神妙になっていた。
始めて10分くらいしてなんの前触れもなく部屋の壁から白い服の男がでてきた。
青白い顔をして無表情なんだけど、説明しにくいが「魚」のような顔だった。

俺は固まったが、他の連中は気付いていない。
こっくりさんこっくりさん
と続けていると、男はこっちをじっと見ていたがやがてまた壁に消えていった。
消える前にメガネをずらして見てみたが、輪郭はぼやけなかった。
なんでそうなるのか知らないが、この世のものでないものは裸眼、コンタクト関係ない見え方をする。
内心ドキドキしながらもこっくりさんは無事終了し、解散になった。
帰る間際に師匠に
「あれ、なんですか」
と聞いた。
俺に見えて師匠が見えてないなんてことはなかったから。
しかし
「わからん」
の一言だった。



8: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:13:27.52 ID:thG99fcg0
その次の日から奇妙なことが俺の部屋で起こりはじめた。
ラップ音くらいなら耐えられたんだけど、怖いのは夜ゲームとかしていて何の気もなく振りかえるとベットの毛布が人の形に盛りあがっていることが何度もあった。
それを見てビクッとすると、すぐにすぅっと毛布はもとに戻る。
ほかには耳鳴りがして窓の外を見ると、だいたいあの魚男がスっと通るところだったりした。

見えるだけならまだいいが、毛布が実際に動いているのは精神的にきつかった。
もうゲッソリして師匠に泣きついた。
しかし師匠がいうには、あれは人の霊じゃないと。
人の霊なら何がしたいのか、何を思っているのか大体わかるがあれはわからない。
単純な動物霊とも違う。
一体なんなのか、正体というと変な感じだがとにかくまったく何もわからないそうだ。
時々そういうものがいるそうだが、絶対に近寄りたくないという。
頼りにしている師匠がそう言うのである。
こっちは生きた心地がしなかった。
こっくりさんで呼んでしまったとしか考えられないから、またやればなんとかなるかと思ったけど、
「それはやめとけ」
と師匠。
結局半月ほど悩まされた。
時々見える魚男はうらめしい感じでもなく、しいて言えば興味本意のような悪意を感じたが、それもどうだかわからない。
人型の毛布もきつかったが、夜締めたドアの鍵が朝になると開いているのも勘弁して欲しかった。

9: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:13:39.63 ID:thG99fcg0
夜中ふと目が覚めると、暗闇の中でドアノブを握っていたことがあった。
自分で開けていたらしい。
これはもうノイローゼだと思って、部屋を引っ越そうと考えてた時、師匠がふらっとやってきた。
3日ほど泊めろという。
その間、なぜか一度も魚男は出ず怪現象もなかった。
帰るとき
「たぶんもう出ない」
といわれた。
そしてやたらと溜息をつく。体が重そうだった。
何がどうなってるんですか、と聞くとしぶしぶ教えてくれた。

「○○山の隠れ道祖神っての、あるだろ」
結構有名な心霊スポットだった。かなりヤバイところらしい。
うなずくと、
「あれ、ぶっこわしてきた」
絶句した。
もっとヤバイのが憑いてる人が来たから魚男は消えたらしい。
半分やけくそ気味でついでに俺の問題を解決してくれたという。
なんでそんなもの壊したのかは教えてくれなかった。
師匠は
「まあこっちはなんとかする」
と言って力なく笑った。

11: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:28:54.65 ID:thG99fcg0
隠居さん

知人K氏の祖母の母のそのまた母、つまりK氏曾々祖母に当たる青山シノ女(仮名)は某村の庄屋の娘だった。
シノ女十四歳の時に、長い事寝たり起きたりを繰り返していた祖母の隠居が死んだ。
その少し前に息子夫婦(シノ女両親)が若くして死んだので、病身ながら事実上の当主として、一家の傾いた台所の采配を布団の上から気丈に振るい続けていた。
当主たるシノ女の兄は身体が弱く、十九歳だがまだ嫁も迎えていなかった。

当家には仲の悪い分家が一つあった。
隠居の具合が悪化するにつれ、本家の現状に目を付けたかの家の主が足繁く訪ねてくるようになった。
日ましに態度を増長させてゆくかの家の主を幾度も追い返しながら、隠居はじっと黙り込んでいる事が多くなった。
隠居は一匹の猫を生まれたときから育てており、普段から何くれとなく世話をしては可愛がっていた。
シノ女が物心付いた時にはもう老猫で、飼い主同様部屋から外へ出ることはほとんどなかった。

通夜の当日は雨天であった。集まってきた客や親戚連中が
「隠居の涙雨かいな」
など無責任な軽口を叩く中、件の分家当主も家族を引き連れ現れた。かの人の内心の喜びは子供のシノ女の眼にも明らかだった。
兄が相手をしている間、シノ女はどうしても厠に行きたくなった。
住持の到着には少し間があったので急いで席を立った。
座敷を出ると外はもう豪雨、厠は炭部屋沿いに廊下を抜けた先にあった。
厠から出て手を洗いつつ、今後の自家の行く末を思いやり心細さを募らせていると、果たして障子のすぐ向こうより轟々たる雨音に混じって
「安心おし」
と隠居の低い声が聞こえた。
ハッと障子を開けたが誰もおらずシノ女の背筋は凍りついた。

12: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:29:09.68 ID:thG99fcg0
座敷に戻ろうと廊下へ出た途端、炭部屋の方から
「キャッ」
という叫び声。
驚きのあまり一瞬恐怖も忘れ駆け付けると、手伝いの農婦が二人で抱き合い土間にヘタリ込んでいた。
どうしたのかと声をかけると
「隠居さんが…隠居さんが…」
と言いながらガタガタ震えているばかり。
よくよく問い質してみるに、座敷に面した中庭
――その庭石の上に、仏間に横たわっているはずの隠居が雨の中蹲って、じっと座敷を覗いているのが見えた――
と慄きつつ言う。
しかし二人の指差す先に恐る恐る視線を走らせたシノ女の眼に映ったものは、何やら布のようなごく小さな塊だった。
何かしらんと眼を凝らすと、不意にそれがムクムクと動いて持ち上がった。
布の下から見えたのは毛に覆われた細い足が二本。
それは隠居が日頃可愛がっていたかの老猫であった。

「アッ」
と声を上げた瞬間、座敷から今聞いたどころではない、とてつもなく物凄い悲鳴が上がったかと思うと、中庭に面したあちこちの障子が開いて、通夜の客が雨の中傾れを打つようにして一斉に転げ出て来た。
座敷では腰を抜かして動けない人々が震えているその側で、分家の主が経帷子の隠居の死骸に抱き付かれ七転八倒していた。
やがて我に返った皆が近付いてみると、かの人は持病であるところの心臓発作が出たのか青い顔でウンウンと唸っていた。
数人が寄って集って幾ら死骸を引っ張っても離れず、途方に暮れているところに住持が現れた。
住持はその光景を一見して目を丸くしたが、やがて死骸の傍らに座って御真言を唱え一喝するや、死骸の腕は嘘のようにアッ気なく離れた。
その頃には病人はもう既に虫の息だった。
村医者はまだ弔問に来ておらず、マゴマゴしている内にとうとうそのまま死んでしまった。
村医者氏が到着したのはスッカリ冷たくなった後で、大雨で道が崩れていたので遠回りしてきた由であった。
猫は騒ぎの合間に走り去ってしまった。新たな死骸は家族が泣き喚く中、戸板に乗せられて当人の家に運ばれていった。

13: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:29:18.64 ID:thG99fcg0
猫が被っていたのは隠居の病室の押入れにあった袱紗であった。
訳を聴いた住持がそれを引き取って懇ろに供養した。
住持は
「二十四年も生きた猫だから、いずれは化けもしようと思っていた。化け物なりに隠居の思いを汲んで自分が出来ることをし、それが見事果たされたのだから、今後この家に現れることは二度とない。猫は元来そういう生き物だから」
と言った。
事実それからかの猫の姿を見ることはなかった。

主の急死とともに分家は急速に没落し一家は離散してしまい、後に残った分家の土地も全て本家のものになった。
猫の祟りと隠居の怨念を眼にした上は、もう誰も本家に手をつけようと画策する者は無かった。
シノ女は翌年嫁し、病弱であった兄も徐々に健康を取り戻し、やがて娶ると程なく何人もの丈夫な子供たちに恵まれた。
本家は元通り裕福になった。

昔々、江戸が東京になる前の、世にも恐ろしき猫の恩返しの話。
これにて一巻の終わり。

15: cat ◆TUKUMO3rAI (ワッチョイW b94d-ZB0t) 2020/03/23(月) 23:37:39.96 ID:dK8rBlTe0
>>13
|ω・` ) 猫、なんていい子なの(´;ω;`)
あとお婆さんこわい

17: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:43:13.39 ID:thG99fcg0
>>15
|A-) 猫いい子だねw
    そして分家が兄を呪っていた可能性も…

18: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:43:23.03 ID:thG99fcg0
地獄谷

長くなってしまうと思いますがお願いします。
これは俺が20のときの話。
俺は当時風俗店で働いていた。
俺以外にも店長(29歳)、Yさん(30歳)、Kさん(36歳)の男性社員がいてそれなりに楽しく働いていた。女の子とも仲良くて遊んだりしてたしね。

でもその楽しさも俺が働き始めて半年くらいまでだった。
俺が働き始めて仕事にもなれて半年くらいたったころ一人の女の子が面接にきたんだ。
その子はM衣という子で、顔も可愛くスタイルもそれなりによかった。
…そうだなぁ芸能人でいうとモーニング娘のなっちをもっとかわいくした感じで長い黒髪が特徴的な子でした。

経験はないとのことだったけど店長もすぐに採用した。
経験があるよりも素人っぽい方が人気もあった時だったからね。
ただ彼女にはちょっと不思議なところがあった。
それに最初に気づいたのはYさんだった。
気配を感じないというのだ。
彼女が近くを通ってもまったくなにも感じない…
しかも、なにかぞくっとする背筋が凍るような感じがして不気味だった。
その話を飲みの時に店長にしたけれども
「気のせいだろ」
くらいでとりあってもらえなかった。あたりまえの反応だが。

それ以来、俺とYさんはなんとなくM衣が気になるようになった。
もちろん恋愛感情とかそういうものじゃなくて不気味さを感じてたからだった。
そして不思議なことは他にもあった。
うちの店では女の子は自分の部屋に待機しているシステムで客がくるとそのまま部屋を使用するようになってたけども彼女の部屋だけはまったく物音がしない。
一人でいるときならわかる。
でも客が入っていても物音がしないんです。
普通はお客が入ってれば話し声やもしくは女の子の喘ぎ声が必ず聞こえてくるのに。
そして客が帰った後に使ったタオルとかは俺たちが回収するので外に出してもらうんだけど彼女だけは外に出さないんです。
もちろん店がしまれば部屋に入って掃除をするからわかるんだけども使用した形跡のあるタオルとかイソジンがまったくない。
シャンプーや入浴剤もまったく減ってない…
朝に用意したままなのだ。
女の子が用意したものを使う場合もあるからそうなのか?と思ったけども彼女はそんなものはもってきてなかった。

しかも客自身も帰るときは普通は満足したりなにか表情にでるんだけども、彼女についた客だけは最初はかわいいから喜んで入るのだがでてくるときは、なぜか目が魚が死んだような目をして…虚ろな表情ででてくる。
生気が感じられないのだ。
しかも…リピーターがまったく存在しない…
彼女ほどのルックスとスタイルならリピーターがついて当然なはずなのに。

19: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:43:57.41 ID:thG99fcg0
店長は
「ふしぎだなぁ。下手なのか?」
くらいの感想しかなったようだが、俺とYさんは絶対に普通じゃないと思ってた。
それだけじゃない。
彼女の部屋はまず彼女が帰った後に掃除に入ると、まったく用意したものを使用した形跡もないのに髪の毛だけは異常に落ちてるんです。
気持ち悪いくらいに。ちょっと多いとかいうレベルじゃなくて、まるで髪の毛を切ったんじゃないかというくらい必ず排水溝に詰まっている。
さらに部屋に入ると必ず腐臭がただよっているしお風呂の側面に赤い手形のような染みが必ずついている。
彼女が使ったときだけ。
中で会話もせずになにをしてるんだ?と俺とYさんはすごく気になったけども、部屋の中を客がいるときにのぞくことはできないからそのままになってた。

そして…俺が実家で不幸があり帰省して3日ほど店を休んだときのことだった。
東京へ帰る前日の夜中の2時ごろにYさんから電話があった。
なぜだかよくわからないけども声が震えていた。
「はぁはぁはぁ…」
イタ電か?と思ってきろうとすると
「Sくん(俺)…俺だ。やっぱりM衣は普通じゃなかった。絶対にかかわっちゃダメだ。」
「どうしたんですか?なにかあったんですか?」
「俺は霊とかそういうものは信じてないけどM衣は…きっと生きてる人間じゃない」
「え?」
「俺…やばいかもしれない。。どうしたらいいんだ」
Yさんは本気でおびえていたようだった。詳しい話を聞こうとすると、最初はかかわらない方がいいと言ってくれてたYさんだったが、俺のしつこさに負けたようでぽつりぽつりと話してくれた。
どうやらYさんはM衣のことを少し調べたようだった。

店が終わった後に彼女の履歴書を見て住所などを調べていってみたらしい。
するとそこはマンションの一室だったが…誰も住んでいなかった。
しかもそこの住人はつい数ヶ月前に手首を切って自殺したらしくそれ以来空室になってるとのこと。
そしてYさんが隣の人に彼女の写真(履歴書のコピー)を見せて
「この人が自殺したんですか?」
と聞くと
「そうですよ。可愛い子だったんですけどねぇ」
と答えたそうだ。
この時にYさんは本能的になにかやばいと感じたそうだけども次の日についに誘惑に負けて彼女の部屋をのぞいたそうなんです。
「俺…みちゃったんだ…みちゃったんだよ。正直言って後悔してる」
「なっ…何を…見たんですか?」
俺はなにか得たいにしれない恐怖に駆られて声が震えていました。
「いいか。絶対にかか…」
ざざっ…ぐじゃぐじゃ…
そこまでYさんが言ったときに電波が乱れて不快な音がしたかと思ったら電話は切れました。

20: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/23(月) 23:44:25.54 ID:thG99fcg0
ここまで聞いただけで俺は恐怖感を感じていたけども、まだ正直信じきれていない部分があった。
確かにM衣の周囲には不気味なことが多いけども霊の存在を否定していた俺には理解できなかったからだった。
それにいくら気になったからとはいえ履歴書を見て家に行くだなんて、と思った部分もあったし。
でもそう思ってられるのもこの時だけでした。
東京へ戻った初日、Yさんは何事もなかったように働いていた。
あれほどおびえていたのに-
俺は仕事が終わった後にYさんに話し掛けると
「聞くな…頼むから聞かないでくれ」
と一言。そして彼はその次の日-
「地獄谷で待ってる人がいる」
となぞの言葉を残して消えました。
Yさんが消息不明になってから約一ヵ月後。
彼はM衣の履歴書に書かれた場所から遺体で発見されました。
近所の住人の異臭がするとの通報で警察がかけつけたところYさんが死んでいたそうです。

最初は変死体ということで解剖もされたそうですが結局は死因は自殺。
死因自体は窒息死でめずらしいものではないそうですが大量の髪の毛が気道と食堂につまっていたそうです。
そのときに俺は気づきました。YさんがいなくなってすぐにM衣が髪型がショートになっていたことに。
まさか…俺は恐怖でいっぱいになった。初めてでした。全身が震えるような恐怖なんて。
あの子はいったい…。それから二日後。今度は店長がいなくなりました。
「地獄谷で待ってる人がいる」
と同じ言葉を残して。
後で女の子から聞いたけども店長はM衣に迫っていたそうです…
そして店長がいなくなってから一週間くらいでM衣も店を辞めました。

一体M衣は霊だったのか?それとも違ったのか?
今となってはわかりません。ただ後で知ったことは、俺が働く2年前くらいにM衣と同姓同名の子があの店で自殺していたこと。M衣が使っていた部屋で。
それを改装したのが今の部屋とのことでした。
実際にあの子が霊かどうかはわからなかったけど初めて経験した恐怖だったし、もう数年たったから打ち明けてもいいだろうとおもって書きました。
つまらない話でしたがありがとうございました。

22: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/24(火) 00:00:45.06 ID:VVcLbHkr0
天井裏

私が3年前に体験した話なんですけど、私は安い一戸建てを見つけそこに住むことにしました。
最初は快適だったのですが日がたつにつれて妙な事に気づきました。
私が1階にいるとき上でボソボソと話し声が聞こえるのです。
2階に行って見るんですけど一人暮らしなのでだれもいません。
足音が聞こえたこともありました。いったい何なんだろう…と不安は積もるばかりです。
しかもそれは日がたつにつれだんだんとうるさくなっていきます。

間違いなく2階に誰かがいる。
私は2階に行って一部屋一部屋チェックしました。
しかし窓は閉めてあるし人が外から入ってきた形跡などありません。
非常に気味が悪かったのですが、その時天井から
「ドンドンッ」
と叩く音が聞こえました。
まるでここだと言っているようでした。
天井裏に誰かいるのか?
その音の方に言ってみると天井にぽつんと扉があったのです。
業者はこんな所に扉があるなんて全く言ってませんでした。
あまりにも目立たない所にあったので私自身もう2ヶ月にもなるのに全く気づきませんでした。

まだそこからは中から叩く音が聞こえます。
非常に怖かったのですが勇気を振り絞って開けるみることにしました。
開けると中から階段が出る仕掛けになってます。
階段を上がって中に入るとかび臭く埃まみれのところでした。
広さは3.5メートルぐらいで物置には出来そうな所です。
周りは前の家の人が置いていったものなのか誇りまみれの人形とダンボールが何個も置いてありました。

しかし誰もいません。
とその時突然誰かが後ろにいる気配を感じました。
後ろを振り返ると髪の毛が長く赤い服を着てジーパンをはき、顔は髪の毛で見えませんでしたが血だらけのような者が立っていました。
私はびっくりして階段を転がるように下りて逃げました。
そして2階と1階を結ぶ階段を下りている時、さっきの所で階段をドスドスドスッと下りてくる音が聞こえました。
追いかけてくる!殺される!そう思って私は必死にその家から出ました。
その日は友達の家で泊まる事にしました。

次の日友達と一緒にまた自分の家に戻ってみることにしました。
家を開けようとした前にちらっと2回の窓をみると、窓に手を着けてこっちを見ている女性がうっすらと見えました。
私は家に入るのはやめてそのままその日引っ越しました。

27: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/24(火) 00:15:38.18 ID:VVcLbHkr0
おまえもか

高校生の時、深夜、友達の部屋でしたたか飲んだ帰り、あかりもなく人気のない、暗い市営球場わきの道を通って帰った。
すると、球場の横手にある小さな林の中で、2~3人の男の声がした。
深夜の市営球場は、同性愛者の出会いの場とも噂されていたから、何となく噂の真偽を確かめようと思い、暗い中で目を凝らし、林の中を覗いていると、ボオッと、やはり2~3人の人影が見える。

酔いも手伝ったか、少々大胆になり、近道をはずれて木立の方へ近づくと、男たちに囲まれるようにして、もう一つの影が、ゆらゆらと揺れているように見える。
それも、空中に浮かんでいるように見える…
男の中の一人が、その空中に浮かんだ人影の足に抱きついて、ぶら下がっているようにも見えた。

木々の間を、そおっと進み、ぼそぼそとした話し声が、聞き取れそうなくらいに近づいた時、枯れた枝を踏みつけてしまった。
バキッという音が思ってもみないほど大きく響いた。

話声がやみ、少し間をおいて、突然、笑う声が…、それも、へらへらと、鼻で笑うような嫌な感じで。
3人の人影がこちらを向いているのがわかる。
そして、くぐもったような男の声で、
「おまえもか」
と、一声あった。
何やら、わけもわからず怖くなり、あわてて道へ引き返し、走って家へ帰った。

次の朝、登校すると、学校にもほど近い市営球場わきの木立の中で、首つり自殺があり、警察官が何人かいたと、クラスのみんなが言う。
どういうことだろうか?
今もって謎だが、何人か男が自殺と見せかけて一人の男を殺したのではないだろうかと、公衆電話から、匿名で、その夜に見たことを通報したりしたもしたが、特に、リアクションがあったとも思えない。

その後、同じ場所で10年くらいの間に、知る限り5回ほど首つり自殺があったが、一昨年、市営球場が取りつぶされ、今は、あの林もない。

30: cat ◆TUKUMO3rAI (ワッチョイW b94d-ZB0t) 2020/03/24(火) 00:20:01.78 ID:AFXbxQBx0
>>27
|ω・` ) おおお逃げ切りセーフ
捕まってたら道連れだったかもね

31: 毒男 ◆B.DOLL/gBI (ワッチョイ 11e5-5jVP) 2020/03/24(火) 00:20:43.82 ID:VVcLbHkr0
>>30
|A-) 一緒に見よう、ってんじゃなくやっぱり吊られるほうだよねえ…