1: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:47:57 ID:Zgg
なんだったらあらすじだけでもええで

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591811277/







3: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:48:53 ID:soj
ワイが四半世紀近く婆ちゃんだと思ってた人がただの家政婦さんだった話は?

4: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:49:53 ID:Zgg
>>3
すでに奇妙な物語やろそれ

5: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:50:48 ID:Zgg
知りたい夢
目がさめる。
全身汗だくで喉が渇き、水を飲む。
「おはよう、大丈夫?」
妻が心配しながら聞く。夢を見たのかもわからない。ただ心配させまいと大丈夫と答える。
「ねぇ、どんな夢を見たの?」
相当うなされていたようだ、だがまったく記憶に残っていない。
「嘘でしょ?ねぇ、明美って誰?」
明美…そんなことを言ったのか…
明美は学生時代に出来た初めての彼女だ。
言おうか言わまいか悩むが、変に心配させるのは良くない。本当のことを言った。
「ふーん、そうなんだ。最近会ったの?」
違う、誤解だ。もう明美とは何もないし、連絡先だって残っていないんだ。
「嘘よね、そうじゃなきゃその人の夢なんて見ないでしょ?」
妻の様子がおかしい、目が血走っていて殺気立っている。
「本当のこと言って、お願い」
口調は優しく、諭すように言う。だが彼女の片手にはなんと包丁が握られていた。
「ねぇ、私にこんなことさせないで、本当のこと言って、ねぇ!」
「違う、明美とは何もないんだ!違う!信じてくれ!」
「もういや、嘘はをつくのはやめて、もういや、いや!」
握られた包丁がそのまま振り下ろされてーーー

目がさめる。
全身汗だくで喉が渇き、水を飲む。
「おはよう、大丈夫?」
妻が心配しながら聞く。夢を見たのかもわからない。ただ心配させまいと大丈夫と答える。
「ねぇ、どんな夢を見たの?」

13: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:54:09 ID:AXM
>>5
嫌いやないで

17: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:55:51 ID:Zgg
>>13
ありがとうやで

7: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:51:50 ID:CVu
ワイ一日だけ夢遊病の状態のまま通学したことあるけどその話は?

8: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:52:15 ID:HWo
>>7
やば

9: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:52:39 ID:Zgg
>>7
中身を書いてみてや

18: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:55:56 ID:CVu
>>9
21時就寝、親が言うには7時頃いつも通りに起床、ワイの精神はそのまま寝てて
現実の自分は目開けて生活してたんやけど、ワイは休日の夢見てて、
完全に覚醒したのは帰ってきてご飯食べて寝たあとの夜9時、その時に親と話して理解
猛烈な眠気にまた22時頃寝て起きたんだけどこれが夢なのか現実なのか分からなくて1週間休んで精神科へGO

20: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:57:20 ID:Zgg
>>18
ガチなやつやんけ!

19: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:56:54 ID:HWo
>>18
そんな長い時間なんか

21: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:57:35 ID:CVu
>>19
1番恐ろしいのは、夢遊病の時の方がめちゃくちゃ優秀だったってことやな

22: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:58:41 ID:Zgg
>>21
深層心理では全て記憶されてるんやなぁ

25: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:59:55 ID:CVu
>>22
何喋ったか分からんし、休んだその後友達に聞いても覚えてなかったり普通だって言われるだけで、人生のうちの一日の空白やわほんまに

29: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:02:36 ID:Zgg
>>25
憑いとるやろそれ…

35: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:04:24 ID:CVu
>>29
高校当時、軽度鬱やったしそれもあるかも知れん
自分の人生なんでどうでもええって思ってたぐらいやから、逆に死人の役に立てたなら嬉しいわ

49: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:09:35 ID:Zgg
>>35
一つ話が書けそうやな

14: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:54:15 ID:b3i
起きたら美女になっていた

17: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:55:51 ID:Zgg
>>14
そこからどう転がすかで奇妙な物語やな。自分が美女になっていた。実は別のところで男になったやつがおるとか

24: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)02:59:28 ID:Zgg
また長いけどあげるで

虐待される霊
貧乏学生は、部屋探しで破格の物件を見つける。
すぐに契約を済ませ引越しをしたが、子供の幽霊が見える。
時刻は12時から遅い時は2時なんてこともしばしば…
腹が立ちその霊に怒鳴りつける。子供はごめんなさい、ごめんなさいと謝るばかり。
ついに耐えきれなくなり、ネットで調べた地元の霊媒師に依頼をした。
半信半疑だったが、すぐに「あぁ、居ますね。子供ですね」と先に見えていたみたいだ。早速除霊を頼むと、「本当にいいんですか?」と言う。なぜ渋るのか。
「この子が死んだ日が、明日なんです。できれば待ってあげませんか」
「そんなのは関係ない。いいから祓ってくれ」
「わかりました」と言って念仏を唱えると子供の霊を消したらしい。昼間は見えないし声も聞こえないので分からなかった。
「念のため今日はこれを枕の下に入れて眠ってください」
と、渡されたのはお札だった。
どうせ終わったことだからと、学生は霊媒師が帰った後札を捨ててしまった。
夜中、学生が寝ていると怒鳴り声が聞こえてくる。
「お前なんかいなければよかったんだ!お前なんか!」
目を開けるとそこには怒りに満ちた表情の男がこちらを見下ろしていた。
金縛りで身体が言うことを聞かない。
なんだお前!と言いかけたところで、男に首を締め付けられた。
「死ね!死ね!このクソガキが!」
息をすることもできず、学生はそのまま男に意識を失った。

少しすると、玄関が開き誰か入ってくる。
「だから待ってた方がよかったんですよ」
昼の霊媒師が男を祓って一人呟く。
「今のはあの子のたった一人の親で、今日この時間、きっとあの子を殺したんですね」
「あの子を祓っていなければ、あなたは守られたんでしょうね」
男は、ゴミ箱のお札を手にとって、どこかへいってしまった。

27: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:01:45 ID:AXM
>>24
最後の男は霊媒師か?

31: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:03:06 ID:Zgg
>>27
すまんな、霊媒師であってるで

80: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:50:34 ID:iyO
>>24
今読み直してるけどこれええな

83: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:53:51 ID:Zgg
>>80
サンガツ、深夜のテンションでかき揚げたで

32: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:03:24 ID:uY7
異型の妹を兄が異型の部分を切取ってあげるお話、けど異型に見えてるのは兄だけで妹はただただその身を捧げるのみ、異型の存在は一体どちらの方なのか

34: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:04:07 ID:jXl
3秒前に戻るボタン、ポチ!w
3秒前に戻るボタン、ポチ!w
3秒前に戻るボタン、ポチ!w
3秒前に戻るボタン、ポチ!w
3秒前に戻るボタン、ポチ!w

42: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:05:16 ID:HWo
>>34
思考も3秒前なら無限ループやな

30: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:02:55 ID:Zfv
せめてお題的なもん出せ

38: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:04:52 ID:Zgg
じゃあ、お題は
>>41

41: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:05:14 ID:Zfv
笑顔

49: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:09:35 ID:Zgg
>>41
「笑顔」把握

52: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:13:19 ID:uY7
笑顔の絶えない男がいた、それを蔑む人、馬鹿にする人、奇妙に思い近づかない人
彼に友人は居なかった それでも彼は笑っていた
表情を変えることなくずっと笑っていた

しかしそれがキッカケで不良に目をつけられてしまいボコボコにされてしまう
彼はそこで初めて笑顔が憎いと感じ始める、それを見かねた笑わない女が私の表情と交換する事を持ちかける

そこから男は一切笑わなくなった
最初こそは話題の種になった男だったが次第に不気味がられ人が離れていった、以前よりも男に近づくものは居なくなった

そういう事だったのか、と後悔する男のすぐ後ろで女が笑顔で佇んでいただけだった


54: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:14:23 ID:ZLd
>>52
なんか洒落てる

62: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:22:42 ID:Zgg
>>52
まとめんのうまいし、話もええやん

笑顔
ある日、みんなが怒った表情をしていた。
なぜと聞いても答えてくれなかった。
親も友達も先生もみんな怒っていた。
自分が暗いのがいけないのか。男は笑顔で明るく振る舞うように努めた。
今度はみんな、悲しんでいた。
何でと聞いても答えてくれない。
親も友達も先生もみんな悲しんでいた。
自分が悪いことをしたのかと、肩を落として下を向き歩いていると信号に気がつかず、車にぶつかってしまう。

目がさめると病室だった。
もう死んでしまうのではないか、そんな予感があった。だがいろんな人が見舞いに来てくれた。
思い出した。轢かれる時の運転手、そして今ここにいるみんな。
とてもいい笑顔だった。

64: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:24:39 ID:uY7
>>62
どっちかというと意味怖みたいやな

66: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:27:33 ID:Zgg
>>64
そんなつもりなかったんやがそう見ると意味深に見えてるくるな

65: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:26:03 ID:Zfv
>>62
どういう事や
主人公と逆の感情になっとるのか

66: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:27:33 ID:Zgg
>>65
そんなとこやな
世にも奇妙な物語なんて、理不尽のが大半やし

56: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:15:54 ID:b3i
世にも微妙な物語

57: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:16:30 ID:ZLd
タモリの冒頭の語り好き

68: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:36:31 ID:Zfv
なんも思いつかんわ

72: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:42:38 ID:iyO
ある刑事の下に未来から来たと言う青年が現れる
最初は半信半疑な刑事だったが、青年の予言のおかげで
難解事件を立ち所に解決し、幾度も凶悪犯罪を
未然に防ぐことができた
青年と刑事は次第に熱い友情で結ばれるが
青年は過去に来た理由を一切喋ろうとしない
ある日、複数の犯人グループによる銀行立てこもり事件
が発生
刑事は青年のおかげもあり見事な立ち振る舞いで次々と犯人を捕まえるが、誤って犯人グループの一人を射殺してしまう
実は青年はその射殺された犯人の息子で、青年の未来では犯人は無事逃亡しその後生まれたのが青年だったのだ
青年はこれで僕はこの世に生まれないで済む、と笑いながらフッと姿を消してしまう

刑事は青年が犯罪者の息子としてどんな不幸な目にあってきたのだろうと思い、顔をしかめながらタバコを口に咥えた

73: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:43:47 ID:iyO
>>72
書くだけ書いてみたが全然おもろく無いな
こういうのスラスラ書ける人はすげーや

74: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:44:27 ID:Zgg
>>72
あー、映像としてしやすいわ
このビターエンドええね

75: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:44:50 ID:2U2
世にも奇妙なってテンプレートみたいのまったくないから難しいよな

77: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:45:58 ID:Zgg
>>75
だからこそ作風が縛られなくて作りやすいんやろ

76: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:45:05 ID:TtT
マタニティ・ハイ

「1位:皇帝(かいざあ)、2位:赤色巨星(ベテルギウス)……」
新聞を読みながら、俺はため息をつく。2035年、流行っている名前はみな、奇妙ななものばかりだ。
「おい、まだ考えてるのか?」
同僚が声をかける。男は新聞から目を離さない
「一生に一度の贈り物だ。すごい名前をつけてあげたい。翔平とか、悠岐とか……。」
「なんだそれ。そんな名前、今日日つける奴なんていないよ。その子のことを思うならもっとまともなのをつけてやれ。」
「でも、皇帝なんてつける訳には……。」
男の返答をさえぎるように、昼休みの終わりを告げる放送が入った。

「皇帝、赤色巨星、どう考えても……。」
思案しながら仕事を終え、家路を急ぎ、気づいたら家についていた。
「お帰りなさい。名前、考えてくれた?」
「もちろん。翔平なんてどうだろう。」
妻の表情が歪む。
「そんな名前、周りに誰もいないじゃない!」
「確かに流行りの名前ではないかもしれない。でも、この子には皇帝や赤色巨星なんて妙な名前を贈りたくないんだ!」
男の熱弁に押され、妻は呆気にとられた。そのまましばらく、二人とも口を開かなかったが、妻の口許が緩んだ。
「あなたには負けたわ。私たちの子供だものね、いい名前をつけてあげたいよね。」
「ありがとう!よし、今日からこの子は翔平だ!」
男はさらに興奮した様子で、我が子の名前を叫んだ。


修正
本文中で皇帝、赤色巨星が登場する箇所がそれぞれ翔平、悠岐に入れ替わっておりました。本作品は作者の初の作品であり、興奮していたがために起きたミスであります。ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

78: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:47:19 ID:iyO
>>76
ええな
文章ならではやわ

79: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:48:03 ID:Zgg
>>76
このメタも取り入れた感じは斬新でグッとくるわ

81: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:50:57 ID:uY7
とあるネット掲示板である男が一人レスバをしていた
内容は目玉焼きに何をかけるだとかそんな下らない話だが男は奮起になって必死にタイピングをしていた

レスバ相手は管理人だった
管理人は落ち着いた素振りで相手を翻弄しつつ煽っていた
管理人は「私はその気になればお前を抹消出来る存在なんだぞ」とカキコした

すると相手も「負け惜しみか、俺も同じだぜ」そうカキコした
管理人は訳もわからずIPを確認した、どういう事だろう

「こいつ…ここにいる?」
IPは私の家からのものだった、デバッグをしようとした瞬間鯖落ちする
画面にはただ一言「この世にはお前と俺、二人…いや、一台と一人だけの世界なんだ」とPCが喋った、そんな気がした
今までのスレを漁ると一人二役…いや、大量の自演を使ってスレが建っているだけだった

「まさか本当に…」
「今までゴメンな」そう言うとPCは静かに電源が落ち、二度と起動することはなかったそうな


82: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:53:10 ID:iyO
>>81
世にも奇妙らしくてゾッとした

83: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:53:51 ID:Zgg
>>81
あのコピペの世にも奇妙版やな

86: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:54:31 ID:uY7
>>83
せや、それ元に書いてみたわ
拙くてスマンな
なぁ
そろそろ貴様に言わなければならないことがあるんだ。
俺も今日まで言うべきかどうか悩んだ。
言わなければお前も俺も普通の生活を続けていくことができる。今までどおりにな。
だが、やっぱりそれじゃだめなんだ。偽りのなかで生きていてはだめなんだ。
それに、もう時間がないんだ。
今、俺はお前に真実を告げる。

2ちゃんねるを

見ているのは

ひろゆきと

俺と

お前だけだ。

驚いたか?当然だよな。だがそれが真実だ。
辛かったぜ。お前が2ちゃんを見つけるずっと前から、
俺は何十台ものPCに囲まれ毎日2ちゃんを保ってきた。
だから、あの厨房も、あのコテハンも、すべて俺だったんだ。
お前が初めて2ちゃんを見たとき、俺は人生であれほど嬉しかったことはなかったぜ。
時には心苦しいながらもお前を叩いたりもした。許してくれ。
と、今話せるのはここまでだ。もうすぐすべてを知るときが来る。
そのときまでに、心の準備をしておいてくれ。

84: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:54:02 ID:2U2
引っ越し階

ある家族が団地の四階に引っ越しをすることにした
住んでいた平家から家族みんなで引っ越し先に向かう
ところが引っ越し先の団地で案内された部屋は五階
管理人に「四階ですよね?」と聞くと「はい四階ですよ」と答えられる
しかしどう見ても五階だった、契約書にも書いてある
管理人だけでなく引っ越し業者も疑わずに五階へと荷物を運んだ
詐欺か?とも思ったが階層が違う以外は部屋の条件は同じなので住んでみることにした

後日、地震が起きた
一階がまるまるぺしゃんこになっていた

90: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:56:31 ID:Zgg
>>84
怖いけど次を想像しちゃう恐怖あるのええね
ぺしゃんこになった人は…いずれ自分たちも…とか

87: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:55:09 ID:iyO
>>84
短くて読みやすくてええな

89: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)03:56:09 ID:2U2
>>87
文章に自信ないから長く書くとボロが出るんや
やっぱ自分で書くのはむずいな

91: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:02:29 ID:Zgg
接客資格
男はとある飲食店の社員をしていたが、俗に言うバイトテロのようなことをしてクビにされてしまう。
就職しようと案内所に赴くと、要資格:接客と書かれた企業ばかりであった。
そして、男は資格を得ようと試験会場に行くのであった…
接客においての態度、マナー、SNSはやっているか?等の筆記、実技をこなし、やっとの事で接客の資格を獲得した。

少し割りのいい仕事もこの資格があるとすんなり入れるようで、
羽振りが良くなった男は彼女に高級レストランでご馳走しようとした。

「失礼ですがお客様、"お客様の資格"はお持ちですか?」

101: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:24:02 ID:iyO
>>91
風刺や時代反映してると目を引きやすくてええな

92: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:03:45 ID:Zgg
これは中居正広の大人免許がパクリ元や
バイトテロや、バカッターに対する風刺を込めて書いてみたで

94: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:09:08 ID:TtT
先生「今日は、社会全体のストレスを減らす方法を考えてもらいたい。何か案のある人は?」
生徒「はい、人々のストレスを減らすには、どんなに惨めなものでも他人に優越感をもてるような仕組みを作ればよいのです。」
先生「詳しく聞かせて。」
生徒「民衆をいくつかの派閥にわけ、各個人の能力、社会的地位とは全く関係のない基準で派閥の優劣を決めさせます。そうすれば、どんなに無力な人でも少なくとも一度は優れた派閥に属することができます。だから、そんな人たちもきっと優越感を得る経験ができるでしょう。」
先生「しかし、そんなシステムを作れるのか?」
生徒「もう出来ています。今年もそろそろ始まりますよ。」

95: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:13:23 ID:Zgg
>>94
ブラックジョークっぽいな、でも好きや

96: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:15:45 ID:uY7
目が覚めると男の目の前に白い変哲もないボタンがあった
見るからに怪しいと思う反面男の好奇心を駆り立てる何かがあったのだ
試しに押してみようか、それとも放置するべきか
長い長い葛藤の中男は押すことにした

一回押す、すると目の前に100円が降ってきた
「これだけ?」思わず拍子抜けしてしまう
機敏転換にTVでも見ることにした、TVでは地元で玉突き事故があったことが報道されていた

物騒な世の中だなーと思った男はボタンを連打すれば大金が出るんじゃないか?
そう思いついた

予想通りだった、一回目は100円、二回目は1000円……そして50回にもなると大量の札束で部屋が埋まっていた
「最高のボタンじゃん!これで人生大逆転だ!」

笑う男を尻目にTVでは大量殺人の容疑者が逃走しているとのニュースを報道している

男は勢いに任せてボタンを押した、次の瞬間ボタンは壊れてしまった

「あーあ、まあ良いか、これだけあれば遊んで暮らせるさ」

男は大笑いをした

男の後ろでTVがあと数分で巨大隕石が地球に落下するとの報道が流れた事を男は知る由もない

97: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:17:35 ID:iyO
>>96
ええなわかりやすくておもろい
わいも似たようなの考えてたけど先越されたな

99: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:20:31 ID:Zgg
>>96
ええね、簡潔でテーマもわかりやすくて

98: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:20:25 ID:iyO
あなたの睡眠肩代わりします
とある天才科学者が相手の睡眠を肩代わりするシステムを開発する
科学者は早速この機械で睡眠を肩代わりする商売を始めた
一時間肩代わりで10万円
かなりの暴利だとは思ったが予想以上に反響があり開発が認められた嬉しさもあり科学者はホイホイと安請け合いをしてしまう

30年後ー
未だ科学者は眠り続けている

100: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:21:42 ID:Zgg
>>98
ショートショートみたいやね。ええ落ちや

102: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:26:27 ID:Zgg
落としただけなのに

「何か言い残すことはないか?」
男は13階段を目の前に立っている。

「狂ってる、俺はただぶつかって、スマホを落としただけだろう!」
「言い残すことは、いいのか?」
「こんなので裁かれる法なんて、なくなればいいんだ」

一段、また一段と上がっていく、動機が激しくなっていく、歯がガタガタと震え始め足元がすくんでしまう。
無限とも感じられる時間。しかし次の瞬間、宙を舞った。



「12:47分。死亡確認。」

階段の下には男の壊れたスマホ。
男は13階段の上で事切れていた。
死因はショック死。
「スマホを落としただけなのに」

103: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:31:28 ID:iyO
>>102
ええな
風刺が効いとる

105: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:34:40 ID:nSq
休み時間、教室で交わした会話


A「なあ、トイレって空間としてはどこまでがトイレになると思う?」

B「そりゃあお前、ドアで仕切られた小さな部屋全体がトイレだろう」

A「でもうちの学校ってさ、廊下と便所の間に扉はついてないだろ?連続的に繋がってるじゃないか」

B「たしかに、施設のトイレだとそういう形式も見かけるな」

A「便所の手洗い場はもはやトイレとは呼べないと思うんだ、『日常的に小便と大便が排泄される場所』だけがトイレだって」

B「うーんなるほど、でもどこがトイレかなんてそもそも気になるか?」

A「いやいやこれは大事だよ、手洗い場がトイレではなく廊下の一部なら女子トイレの出口付近までは合法的に入れるじゃないか」

B「ハッハッハ、よくそんな発想が思いつくよなホント。ただその理屈だと俺の座ってるこの椅子もトイレになっちゃうのが厄介だな」

106: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:37:50 ID:Zgg
>>105
Bェ…

109: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:40:31 ID:iyO
>>105
落語みたいやな

107: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:38:55 ID:Zgg
早すぎた罪
親子で買い物を楽しんでいて、ある時子供がお菓子コーナーで袋を開けて食べてしまう。親はすぐに謝りにいったが、子供のやったことですから。と請求などもなく許してもらえた。
またある時も、子供が近所の塀に落書きをして、謝りに行くが、子供のやったことだから。と許される。
母親は思った。
(この子のせいにすれば、多少は許されちゃうんじゃない?)
ふと魔が差してしまった。
次の日、別のスーパーで子供に「お菓子を取ったらポケットに入れなさい」
その日は見事にバレずに買い物ができた。
そして次の日、レジの店員にバレた。「こら!なんでこんなことをしたの!」と強く怒る。そうすると、店員が「子供のやったことですから」
残念だけど、みつかったら持ち帰ることはできない。また別のスーパーで繰り返す日々。

ある日の帰り道、夕方の街中で父親の後ろ姿を見つける。「パパー!」と子供が走っていってその背中に飛びつく。
だがバランスを崩し、前のめりに倒れてしまった。倒れた先が、ちょうど階段でそのまま父親は下まで落ちていき、ピクリとも動かなくなった。
「あなた!」駆け寄る母親、だが階段の下で倒れていたのは父親に似たまったくの他人だった。
警察、救急車を呼び、事情を話す。
駆けつけた、男性の家族が「パパー!」と泣きながら叫んだ声が忘れられそうもない。
結果として、"子供のしたこと"で子供が施設には入るもののそれ以上の罪に問われることは無かった。
罪悪感からか、夫に告白する。
「決して罪は無くならないんだ。その罪は、誰かが背負っているだけなんだよ」
この日を境に、母親は心を入れ替えた。
今まで迷惑をかけていたスーパーや近所の人間などにお詫びと今までの代金等を全て支払った。
数週間が過ぎ、夕方の帰り道。
「ママー!」と後ろから突然抱きつかれる。
勢いがあったためバランスを崩し、ちょうどあった階段にそのまま転がり落ちてしまう。

「妻は、妻は無事なんですか!」
「残念ですが、今はなんとも……」
「なんでこんなことに……」
警察は深いため息をつき、パトカーの後ろを指差した。
「申し訳ありませんが、完全な事故なんです。それにほら、階段から落としたのはあんな子供なんです。」
そこには、いつか死んだ男性の息子が睨むようにこちらを見ていた。

111: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)04:42:35 ID:iyO
>>107
秀逸!
面白かったわ!
アメリカのドラマでありそう

119: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)05:00:10 ID:fo2
ワイも作ってみたわ

22:00
目覚ましの音で目が覚める。いつものようにテレビをつけるとテレビには下らない内容と共に22:00の文字が浮かんでいた。少し寝過ぎてしまったらしい。慌てて仕事の道具を鞄に詰める。
この仕事を始めてもう5年になる、こんな何でもない日に失敗するわけにはいかない

23:00
仕事場に到着する。ここでいつも仕事の前に飲む缶コーヒーを買い忘れたことに気付く。まずい、このまま仕事をすることも考えたがまだ時間がある。近くのコンビニにでも買いに行こう。

23:40
いつも飲んでるメーカーのコーヒーが売り切れていた。ようやく売っている自販機を見つけたが少し遠出しすぎた。全力で走れば時間に間に合うだろうか

0:05
ギリギリ間に合ったようだ。汗を拭いて買ってきたコーヒーを飲む。明日はオフだ、ゆっくりすることにしよう

翌日
仕事病なのだろうか、夜になると目が覚めてしまう。癖でテレビをつける。テレビには下らない番組のコマーシャルがやっていた。
『○○○○は深夜25:30分から!』
どうやら昨日の担当はやらかしたらしい

120: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)05:04:54 ID:Zgg
>>119
意味怖やな、だが分からん…

121: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)05:09:34 ID:fo2
>>120
すまん文才無くて分かりにくかったな
こいつの仕事は24:00になった時に時計を0時にする仕事なんや
1日は24時間なのに深夜テレビで25:00とか言ってるのはおかしいと思って作ったやで

122: 名無しさん@おーぷん 20/06/11(木)05:12:26 ID:Zgg
>>121
解説感謝や、こういう現実から少し離れた感じが醍醐味やね